基本情報

写真b

新﨑 信一郎

SHINZAKI Shinichiro


キーワード

消化器内科学、炎症性腸疾患

メールアドレス

メールアドレス

FAX番号

06-6879-3629

URL

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/gh/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2009年06月01日 ~ 2011年06月30日,医学系研究科 保健学専攻,助教,専任

  • 2011年07月01日 ~ 2012年06月30日,医学部附属病院,特任助教(常勤),専任

  • 2012年07月01日 ~ 2017年04月30日,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

  • 2017年05月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,講師,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部  卒業 学士 1998年03月
大阪大学 医学系研究科  修了 博士 2008年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学医学部附属病院 研修医 1998年06月 ~ 1999年05月
大阪厚生年金病院内科 レジデント 1999年06月 ~ 2002年05月
大阪労災病院消化器内科 医員 2002年06月 ~ 2004年05月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学、炎症性腸疾患、糖鎖医学
    消化器内科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本消化器病学会

  • 日本消化器内視鏡学会

  • 日本炎症性腸疾患学会

  • 日本肝臓学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A novel pathogenesis of inflammatory bowel disease from the perspective of glyco-immunology,Shinzaki S, Iijima H, Fujii H, Kamada Y, Naka T, Takehara T, Miyoshi E.,Journal of Biochemistry,161(5) 409-415,2017年04月,解説・総説

  • Leucine-rich Alpha-2 Glycoprotein is a Serum Biomarker of Mucosal Healing in Ulcerative Colitis.,Shinzaki S, Matsuoka K, Iijima H, Mizuno S, Serada S, Fujimoto M, Arai N, Koyama N, Morii E, Watanabe M, Hibi T, Kanai T, Takehara T, Naka T,Journal of Crohn's and colitis,11(1) 84-91,2017年01月,学術論文

  • Core Fucosylation on T Cells, Required for Activation of T-Cell Receptor Signaling and Induction of Colitis in Mice, Is Increased in Patients With Inflammatory Bowel Disease.,Fujii H, Shinzaki S, Iijima H, Wakamatsu K, Iwamoto C, Sobajima T, Kuwahara R, Hiyama S, Hayashi Y, Takamatsu S, Uozumi N, Kamada Y, Tsujii M, Taniguchi N, Takehara T, Miyoshi E,Gastroenterology,150(7) 1620-1632,2016年06月,学術論文

  • N-Acetylglucosaminyltransferase V exacerbates murine colitis with macrophage dysfunction and enhances colitic tumorigenesis.,Shinzaki S, Ishii M, Fujii H, Iijima H, Wakamatsu K, Kawai S, Shiraishi E, Hiyama S, Inoue T, Hayashi Y, Kuwahara R, Takamatsu S, Kamada Y, Morii E, Tsujii M, Takehara T, Miyoshi E,Journal of gastroenterology,51(4) 357-369,2016年04月,学術論文

  • Altered oligosaccharide structures reduce colitis induction in mice defective in β-1,4-galactosyltransferase.,Shinzaki S, Iijima H, Fujii H, Kuroki E, Tatsunaka N, Inoue T, Nakajima S, Egawa S, Kanto T, Tsujii M, Morii E, Takeishi S, Asano M, Takehara T, Hayashi N, Miyoshi E.,Gastroenterology,142(5):1172-82.,2012年05月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,チェックリストでわかる!IBD治療薬の選び方・使い方,日比 紀文 (監修), 小林 拓 (編集), 新崎 信一郎 (編集),羊土社,ISBN,978-4758110570,2015年10月

  • 専門著書,チェックリストでわかるIBD治療薬の選び方・使い方,新﨑 信一郎,飯島 英樹,竹原 徹郎,羊土社,ISBN,978-4-7581-1057-0,2015年10月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,炎症性腸疾患など慢性炎症の鑑別方法,三善英知、新崎信一郎、飯島英樹、武石俊作,特願 2010-119099(出願),2010年05月

  • 日本,IgAヒンジ部O結合型糖鎖構造に基づく疾患の判別方法,飯島英樹,井上隆弘,和田芳直,三善英知,新崎信一郎,辻井正彦,林紀夫,猪阪善隆,岩谷博次,特願2009-281519(出願),2009年12月

  • 日本,炎症性腸疾患の鑑別判定方法,三善英知、飯島英樹、新崎信一郎、辻井正彦、林 紀夫、中川孝俊、近藤昭宏、谷口直之,特願2006-140457(出願),2006年06月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第7回日本炎症性腸疾患学会学術集会 優秀ポスター賞(2016.7.) ,新崎信一郎,日本炎症性腸疾患学会,2016年07月

  • 第51回消化器免疫学会総会 最優秀演題賞,新崎信一郎,日本消化器免疫学会,2014年07月

  • The Young Investigators Award for the 1st Annual Meeting of Asian Organization for Crohn’s & Colitis,Shinzaki S.,Asian Organization for Crohn’s & Colitis,2013年06月

  • JSIBD Travel Award for 8th Congress of ECCO,Shinzaki S.,JSIBD,2012年02月

  • Award for JUCC Young Resarchers,Shinzaki S.,Japan & US Collaboration Conference in Gastroenterology,2010年05月

全件表示 >>

 
 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学医学部附属病院 消化器内科 病棟主任,2011年07月 ~ 継続中