基本情報

写真b

植田 晃次

UEDA Kozi


キーワード

社会言語学,朝鮮語学

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月01日 ~ 2005年03月31日,言語文化部,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,言語文化研究科 言語文化学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2007年09月30日,言語文化研究科 言語文化学専攻,准教授,専任

  • 2007年10月01日 ~ 継続中,言語文化研究科 言語文化専攻,准教授,専任

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 在外朝鮮民族の言語をめぐる諸問題 ,朝鮮語に対する言語政策

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 多言語表示と言語規範-「観光立国実現に向けた多言語対応の改善・強化のためのガイドライン」を例に-,植田晃次,批判的社会言語学のまなざし(言語文化共同研究プロジェクト2016),pp.3-14,2017年05月,学術論文

  • 日本近代朝鮮語教育史の視点から見た山本正誠と朝鮮語-人物史と著書を通して-,植田晃次,言語文化研究 43,9-27,2017年03月,学術論文

  • 奥山仙三と朝鮮語-編纂した朝鮮語学習書の性格に着目して-,植田晃次,『日本語言文化研究』(中朝韓日文化比較研究叢書),第四輯(上)、pp.101-111,2016年06月,学術論文

  • 中国における言語景観小攷-延辺朝鮮族自治州延吉市の朝鮮語表示を中心に-,植田晃次,批判的社会言語学の潮流(言語文化共同研究プロジェクト2015),pp.17-28,2016年05月,学術論文

  • (研究ノート)中国刊行朝鮮語文法書書目,植田晃次,大阪大学言語文化学,(25) 95-103,2016年03月,その他

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • その他,学習書を通してみる近代日本における朝鮮語教育史,植田晃次(研究代表者)・矢野謙一 他(研究分担者),2008~2010年度科学研究費補助金基盤研究(B)「学習書を通して見る近代日本における朝鮮語教育史の多元的・実証的研究」研究成果報告書(1),2011年07月

  • その他,日本近現代朝鮮語教育史,植田晃次・石川遼子・山田寛人・三ツ井崇,2005~2006年度科学研究費補助金基盤研究(B)「日本における朝鮮語教育史の総合的・実証的研究」研究成果報告書,2007年03月

  • 専門著書,「共生」の内実―批判的社会言語学からの問いかけ,植田晃次・山下仁,三元社,2006年05月

  • その他,朝鮮語教育史人物情報資料集,植田晃次・石川遼子・山田寛人・三ツ井崇,2005~2006年度科学研究費補助金基盤研究(B)「日本における朝鮮語教育史の総合的・実証的研究」報告書(1),2006年03月

  • 教科書,グローバル朝鮮語,塚本秀樹・岸田文隆・藤井幸之助・植田晃次,くろしお出版,1996年06月

全件表示 >>