基本情報

写真b

沼尾 正行

NUMAO Masayuki


キーワード

人工知能,機械学習

URL

http://www.ai.sanken.osaka-u.ac.jp

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月01日 ~ 継続中,産業科学研究所,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京工業大学 工学部 電気電子工学科 卒業 工学士 1982年03月
東京工業大学 理工学研究科 情報工学専攻 修了 工学修士 1984年03月
東京工業大学 理工学研究科 情報工学専攻 修了 工学博士 1987年03月

職歴 【 表示 / 非表示

東京工業大学・助手 1987年04月 ~ 1991年06月
東京工業大学・講師 1991年07月 ~ 1993年02月
東京工業大学・助教授 1993年03月 ~ 2003年03月
大阪大学・教授 2003年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 構成的適応インタフェース、機械学習、人工知能
    感性情報学関連,認知科学関連,知能情報学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • American Association of Artificial Intelligence

  • 日本認知科学会

  • 電子情報通信学会

  • 情報処理学会

  • 人工知能学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 温熱環境・学習効率・精神負荷の関係,木村司,武村紀子,中島悠太,小堀寛和,長原一,沼尾正行,篠原一光,ヒューマンインタフェースシンポジウム2019講演論文集,2019年09月,会議報告/口頭発表

  • 学習効率が向上しても熱環境は潜在的精神負荷を増大させる,木村司,武村紀子,中島悠太,小堀寛和,長原一,沼尾正行,篠原一光,日本心理学会第83回大会発表論文集, 1B-052,2019年09月,会議報告/口頭発表

  • TV commercial and emotion recognition using physiological data,T. Emsawas, K. Fukui and M. Numao,The 22nd SANKEN International Symposium, Osaka, Japan, January 15-16, 2019,2019年01月,国際会議(proceedingsあり)

  • TV commercial and emotion recognition using physiological data,T. Emsawas, K. Fukui and M. Numao,The 22nd SANKEN International Symposium, Osaka, Japan, January 15-16, 2019,2019年01月,国際会議(proceedingsあり)

  • Efficient Decision Trees for Multi-class Support Vector Machines Using Entropy and Generalization Error Estimation,P. Kantavat, B. Kijsirikul, P. Songsiri, K. Fukui and M. Numao,International Journal of Applied Mathematics and Computer Science,28 4 705-717,2019年01月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,IT text, データマイニングの基礎,元田 浩, 津本 周作, 山口 高平, 沼尾 正行,オーム社,2006年01月

  • その他,人工知能学辞典,人工知能学会編、沼尾正行(編集幹事、章担当編集委員、執筆者),共立出版,2005年12月

  • 専門著書,日本認知科学会, 認知科学辞典,沼尾正行,共立出版,2002年01月

  • 専門著書,情報処理学会編エンサイクロペディア情報処理,沼尾正行,オーム社,2000年01月

  • 専門著書,機械学習技術,EAGL総括報告書 第二部展望編,沼尾正行,丸善,1998年01月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best 6 Refereed Papers in Technical Stream,Toshihito Sugimoto, Roberto Legaspi, Akihiro Ota, Koichi Moriyama, Satoshi Kurihara and Masayuki Numao,AI-2007 Twenty-seventh SGAI International Conference on Artificial Intelligence,2007年12月

  • 人工知能学会全国大会論文賞,沼尾正行,社団法人 人工知能学会,1995年08月

報道 【 表示 / 非表示

  • CADシステムの開発工数大幅削減などにメド,電波新聞,1997年08月

  • 設計効率化するCAD,日経産業新聞,1997年08月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第6回大阪大学COIシンポジウム「 “一人ひとりが潜在力を発揮、自ら課題を克服する積極的自立社会” セルフエンパワーメント社会 の実現に向けて ~医脳理工連携によるイノベーションへの挑戦~」,「社会実装に向けた6ユースケースの取り組み」③ストレスバランス,2017年10月

  • みのおエフエム「タッキー816」まちのラジオ(大阪大学社学連携事業),ゲスト,2016年12月

  • 日台スマートシンポジウム【パネルディスカッション】日台スマートマシン分野における協力及び展望,登壇者,2016年11月

  • 日台スマートシンポジウム【議題一】人工知能の研究,「人工知能とユーザ、聴衆のコラボによる楽曲生成」,2016年11月

  • 第80回産研テクノサロン『自動化の現状と展望』,基調講演「AIの現状と動向」,2016年08月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,日米先端科学シンポジウム,プランニング・グループ・メンバー主査,2005年12月

  • 国際会議,The Nineteenth International Joint Conference on Artificial Intelligence,査読委員,2005年08月

  • 国際会議,The 22nd International Conference on Machine Learning,プログラム委員,2005年08月

  • 国際会議,日米先端科学シンポジウム,プランニング・グループ・メンバー,2004年12月

  • 国際会議,The IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence/Intelligent Agent Technology,プログラム委員,2004年09月

全件表示 >>