基本情報

写真b

沼崎 穂高

NUMASAKI Hodaka


キーワード

放射線腫瘍学,医療情報学, 画像情報学

電話番号

06-6879-2575

FAX番号

06-6879-2575

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科 保健学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2015年08月31日,医学系研究科 保健学専攻,助教,専任

  • 2015年09月01日 ~ 継続中,医学系研究科 保健学専攻,講師,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部 保健学科 放射線技術科学専攻 卒業 2001年03月
大阪大学 医学系研究科 保健学専攻 修了 修士(保健学) 2003年03月
大阪大学 医学系研究科 保健学専攻 中退 博士(保健学) 2008年09月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院医学系研究科・助手 2005年04月 ~ 2007年03月
大阪大学大学院医学系研究科・助教 2007年04月 ~ 継続中
International Atomic Energy Agency, Consultant (兼任) 2008年08月 ~ 2008年10月
放射線医学総合研究所・客員研究員(兼任) 2014年04月 ~ 継続中

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本放射線腫瘍学会

  • 日本食道学会

  • 日本医学物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • National Medical Care System May Impede Fostering of True Specialization of Radiation Oncologists: Study Based on Structure Survey in Japan,Numasaki H., Shibuya H., Nishio M., Ikeda H., Sekiguchi K., Kamikonya N., Koizumi M., Tago M., Ando Y., Tsukamoto N., Terahara A., Nakamura K., Mitsumori M., Nishimura T., Hareyama M., Teshima T., and Japanese Society of Therapeutic Radiology and Oncology Database Committee,Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys.,82 (1), e111-e117,2012年01月,学術論文

  • Prospective multi-institutional study of definitive radiotherapy with high-dose rate intracavitary brachytherapy in patients with non-bulky (4 cm) stage I,II uterine cervical cancer (JAROG0401/JROSG04-2),Toita T., Kato S., Niibe Y., Ohno T., Kazumoto T., Kodaira T., Kataoka M., Shikama N., Kenjo M., Tokumaru S., Yamauchi C., Suzuki O., Sakurai H., Numasaki H., Teshima T., Oguchi M., Kagami Y., Nakano T., Hiraoka M., and Mitsuhashi N.,Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys.,82 (1), e49-e56,2012年01月,学術論文

  • Patterns of radiotherapy practice for patients with cervical cancer in Japan (2003-2005): Changing trends in the pattern of care process,Tomita N., Toita T., Kodaira T., Shinoda A., Uno T., Numasaki H., Teshima T., and Mitsumori M.,Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys.,83 (5), 1506-1513,2011年10月,学術論文

  • Respiratory monitoring with an acceleration sensor,Ono T., Takegawa H., Ageishi T., Takashina M., Numasaki H., Matsumoto M., and Teshima T.,Phys. Med. Biol.,56 (19), 6279-6289,2011年09月,学術論文

  • Changing Trend in the Patterns of Pretreatment Diagnostic Assessment for Patients with Cervical Cancer in Japan,Tomita N., Toita T., Kodaira T., Shinoda A., Uno T., Numasaki H., Teshima T., and Mitsumori M.,Gynecol. Oncol.,123 (3), 577-580,2011年09月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,患者さんと家族のための放射線治療Q&A,日本放射線腫瘍学会,金原出版,ISBN,4307071018,2015年11月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,放射線照射試料用シャーレ及び放射線照射方法,錦野 将元, 佐藤 克俊, 河内 哲哉, 余語 覚文, 手島 昭樹, 沼崎 穂高, 西村 博明, 岡野 泰彬, 大島 慎介,特開2011-67133(公開),2009年09月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 総長奨励賞,沼崎穂高,大阪大学,2015年08月

  • 総長奨励賞,沼崎穂高,大阪大学,2013年07月

  • ポスター賞,吉岡宗徳、林慎一郎、笛吹修治、羽根田清文、近藤貴裕、沼崎穂高、手島昭樹、富永孝宏,第100回日本医学物理学会学術大会,2010年09月

  • Chikio Hayashi Travel Award,Numasaki H., Harauchi H., Ohno Y., Inamura K., Kasahara S., Monden M., Sakon M.,The 2004 Meeting of the International Federation of Classification Societies,2004年07月

  • ベストリサーチアワード,Numasaki H., Harauchi H., Ohno Y., Inamura K., Kasahara S., Monden M., Sakon M., Ishii A., Kitamura Y., Nakamura A., Kou H., and Iinuma M.,生体医工学シンポジウム2003,2003年04月

全件表示 >>