基本情報

写真b

松本 卓也

MATSUMOTO Takuya


キーワード

反応物理化学,表面科学,走査プローブ顕微鏡,分子エレクトロニクス,神経型情報処理

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6850-5400

FAX番号

06-6850-5403

URL

http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/matsumoto/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年12月01日 ~ 2007年03月31日,産業科学研究所,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2011年12月31日,産業科学研究所,准教授,専任

  • 2012年01月01日 ~ 継続中,理学研究科 化学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 応用精密化学科 卒業 1984年03月
大阪大学 理学研究科 無機及び物理化学専攻 修了 1986年03月
大阪大学 理学研究科 無機及び物理化学専攻 単位取得満期退学 1990年03月
大阪大学 理学研究科  理学博士 1990年06月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学教務職員 1990年04月 ~ 1991年09月
大阪大学助手 1991年10月 ~ 1998年11月
工業技術院電子技術総合研究所 非常勤研究員 電子基礎部 1993年08月 ~ 1993年09月
東京工業大学応用セラミック研究所 講師 1997年11月 ~ 1998年03月
大阪大学助教授 1998年12月 ~ 2011年12月
郵政技官(郵政省通信総合研究所関西支所)併任 2000年01月 ~ 2004年03月
金属材料技術研究所客員研究官併任 2000年09月
大阪大学大学院理学研究科・教授 2012年01月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 反応物理化学
    ナノ構造化学関連,薄膜および表面界面物性関連,数理物理および物性基礎関連,ナノマイクロシステム関連,ナノ材料科学関連

  • 分子スケールエレクトロニクス
    ナノ構造化学関連,生物物理、化学物理およびソフトマターの物理関連,薄膜および表面界面物性関連,有機機能材料関連,ナノマイクロシステム関連,ナノ材料科学関連

  • 走査プローブ顕微鏡の新手法開発
    薄膜および表面界面物性関連,ナノマイクロシステム関連,ナノ材料科学関連,ナノ構造化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 米国材料学会

  • 日本表面科学会

  • 日本化学会

  • 応用物理学会

  • 日本物理学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 大気圧サンプリングイオン化法“SPESI”における帯電ナノ体積液体の動的変化,上堀内武尉, 大塚洋一,竹内彩, 岩田太, 松本卓也,真空と表面,62(8) 516-521,2019年10月,解説・総説

  • Chemical Control of Electronic Coupling between a Ruthenium Complex and Gold Electrode for Resonant Tunneling Conduction,Yoichi Otsuka, Satoshi Nishijima, Leo Sakamoto, Kentaro Kajimoto, Kento Araki, Tomoki Misaka, Hiroshi Ohoyama, Takuya Matsumoto,ACS Appl. Mater. Interfaces,11 24331-24338,2019年06月,学術論文

  • Visualization of Sampling and Ionization Processes in Scanning Probe Electrospray Ionization Mass Spectrometry,Bui Kamihoriuchi, Yoichi Otsuka, Aya Takeuchi, Futoshi Iwata, Takuya Matsumoto,Mass Spectrometry (Tokyo),7(2), S0078,2019年03月,学術論文

  • Time-resolved electrostatic force microscopy using tip-synchronized charge generation with pulsed laser excitation,Kento Araki, Yutaka Ie, Yoshio Aso, Hiroshi Ohoyama and Takuya Matsumoto,Communications Physics ,2, 10-1-8 ,2019年01月,学術論文

  • Resonant tunneling via a Ru–dye complex using a nanoparticle bridge junction,Satoshi Nishijima , Yoichi Otsuka, Hiroshi Ohoyama, Kentaro Kajimoto, Kento Araki, Takuya Matsumoto,Nanotechnology,29(24) 245205-245205 (6pp),2018年04月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,分子エレクトロニクスの新展開:分子ネットワークによる非ノイマン型情報処理へ向けて,松本卓也,日本化学会編,化学同人,2019年01月

  • 専門著書,"DNA molecular electronics" in Molecular Architectonics,Takuya Matsumoto,Springer,ISBN,978-3-319-57095-2,2017年07月

  • 専門著書,「有機薄膜トランジスタ」ナノインプリント技術(松井真二、平松義彦 編著)第12章有機エレクトロニクス応用、第一節,松本 卓也,電子情報通信学会,ISBN,978-4-88552-285-7,2014年03月

  • 専門著書,「超分子ナノエレクトロニクス」超分子サイエンス&テクノロジー-基礎からイノベーションまで-((国武豊喜 監修)第3章 超分子の新しい展開とナノマテリアル、第2節 超分子デバイス,松本卓也(国武豊喜 監修),株式会社エヌ・ティー・エス、総頁1244、P.624-646、(2009..5.15),2009年05月

  • 専門著書,実験物理科学シリーズ6 「走査プローブ顕微鏡」(重川秀実、吉村雅満、河津 璋 共編) 実践編 第2章試料の作り方・扱い方、第3節,松本卓也(重川秀実、吉村雅満、河津 璋 共編),共立出版・総頁425、P.170-178 、(2009.3.25),2009年03月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • アメリカ,探針装置,松本卓也、川合知二,出願番号11/616,241(出願),2007年07月

  • アメリカ,金ナノ微粒子の固定化法,小嶋薫、高木昭彦、山田郁彦、松本卓也、川合知二,国際出願番号PCT/JP2007/055719(出願),2007年03月

  • ヨーロッパ,CATIONIC DYE COMPOUND FOR DERECTING NUCLEIC ACID DOUBLE STRAND, AND DETECTION METHOD AND APPARATUS USING SAME,Chikako TAKATOH, Kazuyoshi TAKEDA, Hirokazu SATO, Takayuki SAITO, Takuya MATSUMOTO, Tomoji KAWAI,・04772946.2-2103-JP2004013264(登録),2006年11月

  • 日本,磁気抵抗素子およびその製造方法、並びにその利用,松本卓也、山田郁彦、黒田孝義、川合知二,特許第4992009号(登録),2006年08月,2012年05月

  • アメリカ,核酸2重鎖を検出するためのカチオン性色素化合物、それを用いた検出方法及び装置,高東智佳子、武田収功、斎藤孝行、佐藤弘一、松本卓也、川合知二,出願番号10/57059(出願),2006年05月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2017年度日本質量分析学会 論文賞,小東 剛, 大塚 洋一, 嶋津 亮, 松本 卓也, 岩田 太, 川﨑 英也, 荒川 隆一,日本質量分析学会,2017年05月

  • 第43回日本産業映画・ビデオコンクール 経済産業大臣賞 2005年6月15日,川合知二、田中秀和、田中裕行、松本卓也、谷口正輝 他,(社)日本産業映画協議会、毎日新聞社,2005年06月

  • テピアハイテクビデオコンクール 優秀賞 2005年5月30日,川合知二、田中秀和、田中裕行、松本卓也、谷口正輝 他,(財)機械産業記念事業財団(TEPIA),2005年05月

  • 井上研究奨励賞,松本 卓也,井上研究,1991年01月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第66回応用物理学会春季学術講演会(招待講演),イントロダクトリートーク:マテリアル知能科学:物質に内在する学習・最適化機能の発現を目指して,2019年03月

  • 電子情報通信学会ソサエティ大会(招待講演),マテリアルと知能:分子ネットワークによる情報デバイスの構築,2018年09月

  • マテリアル知能ワークショップ(招待講演),マテリアル知能概説,2018年02月

  • 応用物理学会関西セミナー「機能性材料・デバイス解析の最前線」(招待講演),「機能性材料・デバイス解析の最前線」,2017年12月

  • KFM講習会~KFMの用途、原理、測定、解析まで(招待講演),KFMの用途、原理、測定、解析まで,2017年12月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,Surface Science and Nanotechnology Kansai (SSSN-Kansai),日本表面科学会関西支部25周年記念国際会議 組織委員長,2017年01月

  • その他,新学術領域研究「分子ナノシステムの創発」領域終了シンポジウム,2013年02月

  • その他,「第4回分子ナノシステムの創発化学」全体会議,2012年08月

  • その他,新学術領域研究「第3回分子ナノシステムの創発化学」公開シンポジウム,2012年02月

  • その他,「第3回分子ナノシステムの創発化学」全体会議,2011年08月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,第7回表面科学国際会議,プログラム委員,2013年01月 ~ 継続中

  • 学会,ACSIN-12(第12回原子制御表面界面とナノ構造国際会議),プログラム委員,2012年01月 ~ 継続中

  • 学会,ISSS-5組織委員会,プログラム委員,2009年12月 ~ 継続中

  • 学会,第5回表面科学国際会議 日本表面科学会,プログラム委員会委員,2007年01月 ~ 継続中

  • 学会,ISSS-4組織委員会,プログラム委員,2005年06月 ~ 継続中

全件表示 >>