基本情報

写真b

松田 秀雄

MATSUDA Hideo


キーワード

ゲノム情報工学

URL

http://www-mats.ist.osaka-u.ac.jp/~matsuda/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月01日 ~ 2002年03月31日,基礎工学研究科,助教授,専任

  • 2002年04月01日 ~ 継続中,情報科学研究科 バイオ情報工学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

神戸大学 理学部 物理学科 卒業 1982年03月
神戸大学 工学研究科 システム工学専攻 修了 工学修士 1984年03月
神戸大学 自然科学研究科 システム科学専攻 修了 学術博士 1987年03月

職歴 【 表示 / 非表示

神戸大学助手 1987年04月 ~ 1990年01月
神戸大学講師 1990年02月 ~ 1994年03月
神戸大学助教授 1994年04月 ~ 1994年09月
大阪大学助教授 1994年10月 ~ 2002年03月
大阪大学教授 2002年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • バイオインフォマティクス
    生命、健康および医療情報学関連

  • ゲノム情報工学
    ゲノム生物学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本バイオインフォマティクス学会

  • International Society for Computational Biology

  • ACM

  • IEEE CS

  • 情報処理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Bone Marrow Cavity Segmentation using Graph-cuts with Wavelet-Based Texture Feature,Hironori Shigeta, Tomohiro Mashita, Junichi Kikuta, Shigeto Seno, Haruo Takemura, Masaru Ishii, Hideo Matsuda,Journal of Bioinformatics and Computational Biology,15(5) 1740004-1-1740004-16,2017年09月,学術論文

  • Bone Marrow Cavity Segmentation using Graph-cuts with Wavelet-Based Texture Feature,Hironori Shigeta, Tomohiro Mashita, Junichi Kikuta, Shigeto Seno, Haruo Takemura, Masaru Ishii, Hideo Matsuda,Journal of Bioinformatics and Computational Biology (JBCB), Vol.15, No.5, pp.174004-1-16,2017年09月,学術論文

  • 蛍光顕微鏡画像のためのグラフカットによる毛細血管の抽出手法,嶋田彩人, 繁田浩功, 瀬尾茂人, 池田わたる, 竹中要一, 松田秀雄,画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2017),PS1-65,2017年08月,会議報告/口頭発表

  • Clustering of cells for single cell analysis using Latent Dirichlet Allocation,Mitsuhiro Eto, Shigeto Seno, Yoichi Takenaka, Hideo Matsuda,The 25th conference on Intelligent Systems for Molecular Biology and the 16th European Conference on Computation Biology (ISMB/ECCB 2017),B-071,2017年07月,国際会議(proceedingsなし)

  • Analyzing cell migration dynamics from intravital imaging by deformable image matching,Hideo Matsuda, Hironori Shigeta, Shigeto Seno, Junichi Kikuta, Masaru Ishii,The 25th conference on Intelligent Systems for Molecular Biology and the 16th European Conference on Computation Biology (ISMB/ECCB 2017),B-383,2017年07月,国際会議(proceedingsなし)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Transcription Factor Regulatory Networks: Methods and Protocols,E. Miyamoto-Sato, et al.,Humana Press, Springer Science+Business Media,ISBN,978-1-4939-0804-2,2014年06月

  • 専門著書,バイオインフォマティクス事典,日本バイオインフォマティクス学会(編),共立出版,2006年06月

  • 専門著書,Genome Informatics Vol.12,Hideo Matsuda, Satoru Miyano, Toshihisa Takagi, Limsoon Wong,Universal Academy Press,2001年12月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,マルチプレックス大腸がんマーカーパネル,渡辺 真, 松尾 英一, 金子 直樹, 森 正樹, 西村 紀, 竹政 伊知朗, 松田 秀雄, 瀬尾 茂人, 松原 稔哉,2013-130477(公開),2011年12月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 情報処理学会シニア会員,松田秀雄,情報処理学会,2014年09月

  • 情報処理学会論文賞,大野朋重, 瀬尾茂人, 竹中要一, 松田秀雄,情報処理学会,2014年06月

  • APBC2012 Best Paper Award,Yukito Watanabe, Shigeto Seno, Yoichi Takenaka, Hideo Matsuda,The 10th Asia Pacific Bioinformatics Conference (APBC2012),2012年01月

  • GIW2010 Best Poster Award,Tomoshige Ohno, Motokazu Ishikawa, Shigeto Seno, Yoichi Takenaka, Hideo Matsuda,The 21st International Conference on Genome Informatics (GIW2010),2010年12月

  • 情報科学技術フォーラム論文賞,瀧浩平、寺本礼仁、竹中要一、松田秀雄,情報科学技術フォーラム,2004年09月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 「ポスト京」で世界一へ,週刊東洋経済,2015年12月

  • 生命の遺伝情報をコンピュータで解析 画期的な医療・新薬に道,日刊工業新聞,2004年09月

  • バイオ情報ハイウェイ 関西で始動,日本経済新聞,2002年06月

  • 遺伝子の働き コンピュータ駆使し解明,日本経済新聞,1999年09月

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,IEEE 16th International Conference on Bioinformatics and BioEngineering (IEEE BIBE 2016),Program Co-Chair,2016年10月

  • 国内重要会議,バイオイメージ・インフォマティクス ワークショップ2016,組織委員長,2016年06月

  • 国際会議,22nd International Conference on Genome Informatics (GIW2011),Conference Co-Chair,2011年12月

  • 国内重要会議,The 2008 Annual Conference of the Japanese Society for Bioinformatics,Conference Chair,2008年12月

  • 国際会議,International Conference on Genome Informatics,Program Committee Chair,2001年12月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 公益法人,日本学術振興会 学術システム研究センター,専門研究員,2016年04月 ~ 継続中

  • 学会,特定非営利活動法人日本バイオインフォマティクス学会,理事,2015年04月 ~ 2017年03月

  • 学会,Asia-Pacific Bioinformatics Network,Executive Committee Member,2014年08月 ~ 2016年08月

  • 公益法人,東洋紡バイオテクノロジー研究財団,評議員,2013年05月 ~ 継続中

  • 学会,特定非営利活動法人日本バイオインフォマティクス学会,理事長,2011年12月 ~ 2013年03月

全件表示 >>