基本情報

写真b

松多 健策

MATSUTA Kensaku


キーワード

実験核物理学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6850-5520

FAX番号

06-6850-5535

URL

http://vdg.phys.sci.osaka-u.ac.jp

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月01日 ~ 2007年03月31日,理学研究科 物理学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,理学研究科 物理学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 物理学科 卒業 1979年03月
大阪大学 理学研究科  修了 理学修士 1981年03月
大阪大学 理学研究科 物理学専攻 中退 1984年03月
大阪大学 理学研究科  修了 理学博士 1985年06月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学理学部教務員 1984年04月 ~ 継続中
同助手 1985年04月 ~ 継続中
同助教授 1997年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 不安定核の電磁気モ-メント
    弱核子流における誘導テンソル項
    短寿命不純物の結晶内超微細相互作用
    素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

  • 日本物理教育学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 中性子EDM測定のための一様静磁場の開発(3),松多 健策, UCNグループ,日本物理学会 第72回年次大会(2017年),2017年03月,会議報告/口頭発表

  • NMR detection of short-lived $\beta$-emitter $^{12}$N implanted in water,T. Sugihara, M. Mihara, J. Shimaya, K. Matsuta, M. Fukuda, J. Ohno, M. Tanaka, S. Yamaoka, K. Watanabe, S. Iwakiri, R. Yanagihara, Y. Tanaka, H. Du, K. Onishi, S. Kambayashi, T. Minamisono, D. Nishimura, T. Izumikawa, A. Ozawa, Y. Ishibashi, A. Kitagawa, S. Sato, M. Torikoshi, S. Momota,Hyperfine Interactions,238, 20-1-5,2017年01月,国際会議(proceedingsあり)

  • Charge-changing cross-section measurements of C 12-16 at around 45A MeV and development of a Glauber model for incident energies 10A-2100A MeV,Tran D., Tran D., Ong H., Nguyen T., Nguyen T., Tanihata I., Tanihata I., Aoi N., Ayyad Y., Chan P., Fukuda M., Hashimoto T., Hoang T., Hoang T., Ideguchi E., Inoue A., Kawabata T., Khiem L., Lin W., Matsuta K., Mihara M., Momota S., Nagae D., Nguyen N., Nishimura D., Ozawa A., Ren P., Sakaguchi H., Tanaka J., Takechi M., Terashima S., Wada R., Wada R., Yamamoto T.,Physical Review C,94, 064604-1--9,2016年12月,https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85006168233&origin=inward,学術論文

  • Charge-changing cross-section measurements of 12-16C at around 45A MeV and development of a Glauber model for incident energies 10A-2100A MeV,D.T. Tran, H.J. Ong 他,Physical Review C,94 064604-1-064604-9,2016年12月,学術論文

  • Present status of the 129Xe comagnetometer development for neutron EDM measurement,M. Mihara, Y. Masuda, K. Matsuta, S. Kawasaki, Y. Watanabe, K. Hatanaka, R. Matsumiya,Hyperfine Interactions,237 122,2016年08月,国際会議(proceedingsあり)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,Proc.Int. Symp. on Non-Nucleonic Degrees of Freedom Detected in Nuclei (Edited by T. Minamisono, Y. Nojiri, T. Sato, and K. Matsuta)),南園忠則、野尻洋一、松多健策、佐藤透、他,World Scientific,1997年03月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 最先端の物理を高校生にSaturday Afternoon Physics 2015,「霧箱を作って放射線を見よう」,2015年11月

  • 兵庫県網野高校生に対する施設見学,「バンデグラフ見学」,2015年10月

  • 兵庫県網野高校生に対する施設見学,「物理を体験しよう」,2015年10月

  • 最先端の物理を高校生にSaturday Afternoon Physics 2015,「分光計で見る量子の世界」,2015年10月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本物理学会,分科会世話人,2001年05月 ~ 2002年04月

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 施設見学会(6高校),2010年10月 ~ 継続中

  • 模擬授業(星陵高校),2010年10月 ~ 継続中

  • ボランティア講師,2002年12月 ~ 継続中

  • 施設一般公開(大学祭),2002年11月 ~ 継続中

  • 施設見学会(高校生),2002年08月 ~ 継続中

全件表示 >>