基本情報

写真b

松浦 友亮

MATSUURA Tomoaki


キーワード

生物工学, 分子進化工学,実験進化学,生物物理学

電話番号

06-6879-4172

FAX番号

06-6879-7428

URL

http://www.bio.eng.osaka-u.ac.jp/ez/project/system.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月01日 ~ 2004年01月31日,情報科学研究科 バイオ情報工学専攻,助手,専任

  • 2004年02月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,助手,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2006年12月31日,工学研究科 生命先端工学専攻,助手,専任

  • 2007年01月01日 ~ 2007年03月31日,情報科学研究科,特任助教授(常勤),専任

  • 2007年04月01日 ~ 2010年03月31日,情報科学研究科,特任准教授(常勤),専任

  • 2010年07月01日 ~ 継続中,工学研究科 生命先端工学専攻,准教授,専任

職歴 【 表示 / 非表示

科学技術振興機構PRESTO「生体分子の形と機能」代表研究者 2003年02月 ~ 2006年03月
大阪大学大学院情報科学研究科・助手 2003年04月 ~ 2004年02月
大阪大学大学院工学研究科・助手 2004年03月 ~ 2006年12月
大阪大学大学院情報科学研究科バイオ情報工学専攻・特任准教授 2007年01月 ~ 2010年03月
科学技術振興機構ERATOプロジェクト研究員(グループリーダー) 2010年04月 ~ 2010年06月
大阪大学大学工学研究科生命先端工学専攻生物工学コース・准教授 2010年05月 ~ 継続中

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生物物理学会

  • 日本生物工学会

  • 日本蛋白質科学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of a bicistronic expression system in the branchiopod crustacean Daphnia magna.,Kumagai H, Matsuura T, Kato Y, Watanabe H,Genesis,doi: 10.1002/dvg.23083,2017年12月,学術論文

  • Mapping the expression of the sex determining factor Doublesex1 in Daphnia magna using a knock-in reporter.,Nong QD, Mohamad Ishak NS, Matsuura T, Kato Y, Watanabe H,Scientific reports,7・1・13521,2017年11月,学術論文

  • Co-option of the bZIP transcription factor Vrille as the activator of Doublesex1 in environmental sex determination of the crustacean Daphnia magna., Mohamad Ishak NS, Nong QD, Matsuura T, Kato Y, Watanabe H.,PLoS Genetics,13・11・e1006953,2017年11月,学術論文

  • CRISPR/Cas-mediated knock-in via non-homologous end-joining in the crustacean Daphnia magna,Kumagai H, Nakanishi T, Matsuura T, Kato Y, Watanabe H,PLoS ONE,10.1371/journal.pone.0186112.,2017年10月,学術論文

  • Effects of symbiotic bacteria on chemical sensitivity of Daphnia magna.,Manakul, P., Peerakietkhajorn, S., Matsuura, T., Kato, Y., Watanabe, H.,Mar Environ Res,10.1016/j.marenvres.2017.03.001,2017年06月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,バイオ医薬の開発技術とシーズ「第18章リボソームディスプレイ法を用いた新規機能性蛋白質の創出」,松浦友亮,CMC出版,2009年03月

  • 専門著書,Genesis - in the Beginning: Precursors of Life, Chemical Models and Early Biological Evolution.,Norikazu Ichihashi, Tomoaki Matsuura, Hiroshi Kita, Takeshi Sunami, Hiroaki Suzuki, Tetsuya Yomo.,Springer,2012年03月

  • 専門著書,The Minimal Cell : The Biophysics of Cell Compartment and the Origin of Cell Functionality,Tomoaki Matsuura, Norikazu Ichihashi, Takeshi Sunami, Hiroshi Kita, Hiroaki Suzuki, Tetsuya Yomo,Springer,2010年11月

  • 専門著書,In Vitro Mutagenesis Protocols Third Edition,Hayato Yanagida, Tomoaki Matsuura, Tetsuya Yomo,Humana Press,2010年07月

  • 専門著書,The Origins of Life,Norikazu Ichihashi, Tomoaki Matsuura, Hiroshi Kita, Takeshi Sunami, Hiroaki Suzuki, and Tetsuya Yomo,COLD SPRING HARBOR LABORATORY PRESS,2010年07月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,再構成型無細胞翻訳システム用酵素の保存液およびそれを用いた再構成型,四方哲也,松浦友亮,数田恭章,2013-171347(出願),2013年08月

  • 日本,改良型α-ヘモリシンおよびそれを用いたナノポアシーケンサ,四方哲也、松浦友亮、数田恭章、藤井聡志,2013-157799(出願),2013年07月

  • 日本,インビトロ膜タンパク質進化分子工学的手法,四方哲也,松浦友亮,曽我遥,渡邉肇,藤井聡志,2014-7983(公開),2012年06月

  • 日本,タンパク質の可逆的デュアルラベリング法,柳田勇人, 松浦友亮, 四方哲也,特許公開2011-139640(公開),2010年01月

  • 日本,エマルジョンを用いたRNAの選択的増幅法,四方哲也, 松浦友亮, 市橋伯一, 占部博也,特許第5099455号(登録),2009年07月,2012年10月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度生物工学奨励賞(斎藤賞),松浦友亮,公益社団法人 日本生物工学会,2016年09月

  • 第4回 大阪大学総長奨励賞(研究部門),松浦友亮,大阪大学,2015年07月

  • 第5回 大阪大学総長奨励賞(研究部門),松浦友亮,大阪大学,2014年07月

  • Widmer Award Winner,Katsuki Hirata, Tetsuo Ichii, Hiroaki Suzuki, Tomoaki Matsuura, Tetsuya Yomo,The 14th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences,2010年10月

  • 平成20年度酵素工学研究会奨励賞,松浦友亮,酵素工学研究会,2008年11月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • In 2017 KSBB Spring Meeting and International Symposium,Evolutionary engineering and characterization of membrane proteins using liposome display,2017年04月

  • 2nd Korea-Japan Smart Biodesign Workshop: Technology exchange for green biotechnology,Evolutionary engineering and characterization of membrane proteins using liposome display,2017年02月

  • The 4th International Symposium on Dynamical Ordering of Biomolecular Systems for Creation of Integrated Functions,Dynamics of biological systems constructed in vitro,2015年11月

  • QBic Symposium 2015, High-dimensional data for the design principles of life,The time development of the protein synthesis involves a collapse and regrowth of the reaction network,2015年08月

  • Gordon Research Conferences in Proteins ,In vitro selection and evolution of membrane proteins,2015年06月

全件表示 >>