基本情報

写真b

松浦 善治

MATSUURA Yoshiharu


キーワード

C型肝炎ウイルスとバキュロウイルスの分子生物学

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月01日 ~ 継続中,微生物病研究所,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

宮崎大学 農学部 獣医学科 卒業 1978年
北海道大学 獣医学研究科  修了 1980年

職歴 【 表示 / 非表示

第一製薬株式会社中央研究所研究員 1980年 ~ 1982年
国立予防衛生研究所 (現国立感染症研究所) 研究員 1982年 ~ 継続中
オックスフォード大ウイルス学研究所研究員 1984年 ~ 1986年
国立感染症研究所室長 1992年 ~ 2000年
微生物病研究所エマージング感染症研究センター教授 2000年04月 ~ 2005年03月
微生物病研究所分子ウイルス分野教授 2005年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • C型肝炎ウイルスの感染複製機構の解析、新規ウイルスベクターの開発

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本ワクチン学会

  • 日本癌学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本ウイルス学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • IL-6 trans-signaling induces plasminogen activator inhibitor-1 from vascular endothelial cells in cytokine release syndrome.,Kang S, Tanaka T, Inoue H, Ono C, Hashimoto S, Kioi Y, Matsumoto H, Matsuura H, Matsubara T, Shimizu K, Ogura H, Matsuura Y, Kishimoto T,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,117(36) 22351-22356,2020年09月,学術論文

  • Generation of genetically RGD σ1-modified oncolytic reovirus that enhances JAM-A-independent infection of tumor cells.,Kawagishi T, Kanai Y, Nouda R, Fukui I, Nurdin JA, Matsuura Y, Kobayashi T,Journal of virology,2020年09月,学術論文

  • Anti-Chikungunya Virus Monoclonal Antibody That Inhibits Viral Fusion and Release.,Tumkosit U, Siripanyaphinyo U, Takeda N, Tsuji M, Maeda Y, Ruchusatsawat K, Shioda T, Mizushima H, Chetanachan P, Wongjaroen P, Matsuura Y, Tatsumi M, Tanaka A,Journal of virology,94(19),2020年09月,学術論文

  • Norovirus transmission mediated by asymptomatic family members in households.,Phattanawiboon B, Nonthabenjawan N, Boonyos P, Jetsukontorn C, Towayunanta W, Chuntrakool K, Ngaopravet K, Ruchusatsawat K, Uppapong B, Sangkitporn S, Mekada E, Matsuura Y, Tatsumi M, Mizushima H,PloS one,15(7) e0236502,2020年07月,学術論文

  • ISGylation of hepatitis C virus NS5A protein promotes viral RNA replication via the recruitment of cyclophilin A.,Abe T, Minami N, Bawono RG, Matsui C, Deng L, Fukuhara T, Matsuura Y, Shoji I,Journal of virology,2020年07月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Structure-based study of viral replication.,Tani, H., Komoda, Y., Limn, C-K., Suzuki, K., Moriishi, K., Miyamura, T., and Matsuura, Y.,World Scientific,2008年02月

  • 教科書,戸田新細菌学,松浦善治、鈴木哲朗,南山堂,2007年03月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • アメリカ,C型肝炎に伴う疾患の予防及び/又は治療薬のスクリーニング方法、C型肝炎に伴う疾患の予防及び/又は治療薬,松浦善治、森石恆司,PCT/JP2007/069155(米国)(出願),2007年09月

  • アメリカ,C型肝炎ウイルスの複製に関与する新規宿主因子の同定,松浦善治、森石恆司、岡本 徹,PCT/JP2006/323518(出願),2006年11月

  • 日本,抗HCV剤を同定するためのスクリーニング方法,松浦善治、林 昌宏、菰田泰正、鈴木健介,特願2004-290106(出願),2004年10月

  • アメリカ,バキュロウイルスベクター、該バキュロウイルスベクターの製造方法及び該バキュロウイルスベクターを用いた遺伝子導入方法,松浦善治,PCT/JP2003/12275(出願),2003年09月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第56回野口英世記念医学賞,松浦 善治,公益財団法人 野口英世記念会,2013年11月

  • 大阪大学総長顕彰,松浦 善治,大阪大学,2014年07月

  • 1995 ウイルス学会杉浦奨励賞受賞,松浦 善治,,1995年

報道 【 表示 / 非表示

  • 【特別企画 コロナ時代の生と死】◎「国産ワクチン」はできるのか 河合香織,文藝春秋10月号,2020年10月

  • 僕らのそばに、いつもウイルス,KNOWLEDGE TIMES 2020 Vol.13,2020年09月

  • Speccial Feature 2 新型コロナウイルスの現実,ヤクルト ヘルシスト263号,2020年09月

  • 新型コロナ、なぜ広がる,朝日新聞GLOBE No.233,2020年09月

  •  特別インタビュー 松浦善治教授に聞く(1)「新型コロナについて何がわかってきた?」,大阪大学微生物病研究所,2020年09月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 抗HCV創薬ターゲットとしての宿主蛋白質:PA28γ

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 市民公開講座 なにかと話題のウイルスたち,「ウイルスと生きる」,2017年03月

  • 平成28年度北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター市民公開講座 感染症の克服に向けて,「ウイルスと生きる」,2017年02月

  • 高校生のためのWinter School 2016@微研,「ウイルスと生きる」,2016年12月

  • 東京大学医科学研究所公開セミナー ラブラボ2016,ウイルスと生きる,2016年08月

  • 日本豚病研究会特別講演,C型肝炎ウイルスの増殖と病原性発現に関与する宿主因子,2014年05月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,第65回ウイルス学会学術集会,大会長,2017年10月

  • 国際会議,HCV2016 - 23rd International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses,Organizer,2016年10月

  • 国内重要会議,第75回国立大学附置研究所・センター長会議総会,平成28年度会長,2016年05月