基本情報

写真b

松井 和彦

MATSUI Kazuhiko


キーワード

民法 債権法 契約法 債務不履行

メールアドレス

メールアドレス

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月01日 ~ 2009年03月31日,法学研究科 法学・政治学専攻,准教授,専任

  • 2009年04月01日 ~ 2014年03月31日,高等司法研究科,准教授,専任

  • 2014年04月01日 ~ 継続中,高等司法研究科 法務専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

金沢大学 法学部  卒業 学士(法学) 1992年03月
金沢大学 法学研究科 法律学専攻 修了 修士(法学) 1994年03月
一橋大学 法学研究科 経済法・民事法専攻 修了 博士(法学) 1997年03月

職歴 【 表示 / 非表示

広島修道大学 法学部 専任講師 1997年04月 ~ 1998年03月
広島修道大学 法学部 助教授 1998年04月 ~ 2001年03月
金沢大学 法学部 助教授 2001年04月 ~ 2004年03月
レーゲンスブルク大学(ドイツ)客員研究員 2003年02月 ~ 2004年02月
金沢大学 大学院法務研究科 助教授(2007年4月より准教授に職名変更) 2004年04月 ~ 2007年09月
大阪大学 大学院法学研究科 准教授 2007年10月 ~ 2009年03月
大阪大学 大学院高等司法研究科 准教授 2009年04月 ~ 2014年03月
ケルン大学(ドイツ)客員研究員 2011年09月 ~ 2012年09月
大阪大学 大学院高等司法研究科 教授 2014年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 契約危殆に関する研究
    民事法学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本消費者法学会

  • 日本私法学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 塡補賠償請求権の消滅時効の起算点,松井和彦,法律時報,91巻4号129-133頁,2019年03月,学術論文

  • 数量不足を原因とする責任,松井和彦,Law Practice民法Ⅱ債権編[第4版],86-91頁,2018年06月,解説・総説

  • 特定物売買と手付,松井和彦,Law Practice民法Ⅱ債権編[第4版],33-37頁,2018年06月,解説・総説

  • 付随的な義務の不履行と契約の解除,松井和彦,法律時報,90巻7号102-106頁,2018年05月,学術論文

  • 錯誤無効(取消し)による原状回復義務と同時履行関係,松井和彦,新・判例ハンドブック債権法Ⅱ,42頁,2018年04月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,新ハイブリッド民法3債権総論,松尾弘・松井和彦・古積健三郎・原田昌和,法律文化社,ISBN,9784589039637,2018年10月

  • 教科書,契約法,松井 和彦,日本評論社,ISBN,9784535806801,2018年07月

  • 翻訳作品,ヨーロッパ私法の原則・定義・モデル準則共通参照枠草案(DCFR),クリスチャン・フォン・バールら編,窪田充見ら監訳,法律文化社,ISBN,9784589035417,2013年11月

  • 専門著書,契約の危殆化と債務不履行,松井和彦,有斐閣,ISBN,9784641136540,2013年10月

  • 教科書,新民法講義5事務管理・不当利得・不法行為法,石崎泰雄=渡辺達徳編,成文堂,ISBN,9784792326012,2011年03月

全件表示 >>

 

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本私法学会,理事,2014年10月 ~ 継続中

  • 学会,日本私法学会,運営懇談会委員,2004年04月 ~ 2006年03月

  • 学会,日本私法学会,運営懇談会委員,2002年04月 ~ 2003年03月