基本情報

写真b

小林 裕明

KOBAYASHI Hiroaki


キーワード

神経発生学

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 2002年03月31日,基礎工学研究科,助手,専任

  • 2002年04月01日 ~ 2007年03月31日,生命機能研究科 生命機能専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,生命機能研究科 生命機能専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 生物学科 卒業 1990年03月
大阪大学 基礎工学研究科  修了 1992年03月
大阪大学 基礎工学研究科  修了 1995年06月

職歴 【 表示 / 非表示

米国ペンシルバニア大学医学部研究員 1995年08月 ~ 継続中
日本学術振興会海外特別研究員(勤務地/米国ペンシルバニア大学) 1996年04月 ~ 継続中
科学技術振興事業団CREST研究員 1998年04月 ~ 継続中
大阪大学大学院基礎工学研究科助手 1999年04月 ~ 継続中
大阪大学大学院生命機能研究科助手 2002年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 神経回路形成
    神経科学一般関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経科学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Identification of a dendritic targeting element in the 3'UTR of Arc mRNAs,Kobayashi H, Yamamoto S, Maruo T, Murakami F,Neuroscience Research,2004年04月,会議報告/口頭発表

  • T-cadherin expression in cortical circuit formation,Httori Y, Inui K, Kobayashi K, Kobayashi H, Takeuchi K, Norioa S, Yamamoto N,Neuroscience Research,2004年04月,会議報告/口頭発表

  • 神経回路の形成に関与する分子群,小林裕明、村上富士夫,Annual Review 神経 2003,2003年04月,解説・総説

  • Analysis of the untranslated region of Arc mRNA,Kobayashi H, Yamamoto S, Okumura T, Murakami F,Neuroscience Research,2003年04月,会議報告/口頭発表

  • MuSC is involved in regulating axonal fasciculation of mouse primary vestibular afferents,Kawauchi D, Kobayashi H, Aizawa-Sekine Y, Fujita SC, Murakami F,European Journal of Neuroscience,2003年04月,学術論文

全件表示 >>