基本情報

写真b

小林 清治

KOBAYASHI Seiji


キーワード

人間環境論,環境社会学,環境リスク,施設コンフリクト

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月01日 ~ 2016年03月31日,人間科学研究科 グローバル人間学専攻,准教授,専任

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,人間科学研究科 人間科学専攻,准教授,専任

職歴 【 表示 / 非表示

大阪外国語大学外国語学部国際文化学科開発・環境専攻 講師 1995年04月 ~ 1999年12月
大阪外国語大学外国語学部国際文化学科開発・環境専攻 准教授 2000年01月 ~ 2007年09月
大阪大学大学院人間科学研究科グローバル人間学専攻人間開発学講座人間環境論 准教授 2007年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 「迷惑施設」の立地をめぐる紛争と合意形成に関する研究

  • 環境問題と公共性

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本社会学会

  • 社会文化学会

  • 日本生活学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 「塩ビ=ダイオキシン問題の知識社会学・試論-久喜宮代衛生組合における社会的合理性と科学的合理性の対抗的相互補完関係」,小林清治,開発と環境,第1号,53-66,2000年06月,学術論文

  • 「自然の問題の社会的文脈-K.エーダーの『自然の社会化』論」,小林清治,情報問題研究,第11号,1-10,1999年04月,学術論文

  • 「自然の社会化と環境リスク―環境リスクの社会学的位相」,小林清治,『大阪外国語大学論集』,第19号,159-172,1998年03月,学術論文

  • 「アンドリュー・フィーンバーグ『テクノロジーの批判理論』における方法」,小林清治,情報問題研究,第8号,4-13,1996年04月,学術論文

  • 生活における損害とその対応に関する研究,橘高 彫斗,佐桑 諒,小林清治,日本生活学会 第43回大会,2016年05月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,「生きるための連帯ーHIV/AIDSとともに生きる人々ー」『グローバル人間学の世界』,小林清治(中村安秀・河森正人(編)),大阪大学出版会,2011年04月

  • 翻訳作品,マーティン・ジェイ編『アメリカ批判理論の現在:ベンヤミン、アドルノ、フロムを超えて』担当箇所:ジョエル・ホワイトブック「シェーンベルグからオデュッセウスへ:アドルノとヴェルマーにおける美的、心理的および社会的総合」ラッセル・バーマン「自由は『支配階級の発明品』か?:系譜学・消去・自律性」,小林 清治,こうち書房,2000年10月

  • その他,「水問題と京都生協組合員の意識と行動」『生協実態分析調査報告書(Ⅱ)』,小林 清治,生協総合研究所,1992年11月

  • 専門著書,『生活革命の旗手たち:生協組合員のライフスタイル』担当箇所第2章「買う」,小林 清治,かもがわ出版,1988年11月

  • 専門著書,『京都の部落問題5:現代京都の部落問題』担当箇所:第1章第1節「戦後部落の実態」(20‐43頁)、第2章第1節「高度成長期の開始と部落の変化」,小林 清治,部落問題研究所,1987年10月

 

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 公益法人,NPO法人京都自由大学,副理事長,2013年04月 ~ 継続中

  • 公益法人,NPO法人京都社会文化センター,理事,2005年04月 ~ 継続中

  • 学会,社会文化学会,運営委員,2003年04月 ~ 2011年03月