基本情報

写真b

小野田 晃

ONODA Akira


キーワード

生物無機化学、生体関連化学、金属タンパク質工学、ナノバイオテクノロジー

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7929

FAX番号

06-6879-7930

URL

http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~hayashiken/index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月01日 ~ 2013年03月31日,工学研究科 グローバル若手研究者フロンティア研究拠点,助教,専任

  • 2013年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 応用化学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学系研究科  修了 課程 2002年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学・日本学術振興会 特別研究員(DC1) 1999年04月 ~ 2002年03月
大阪大学・日本学術振興会 特別研究員(PD) 2002年04月 ~ 2003年03月
東京理科大学・助手 2003年04月 ~ 2007年03月
スクリプス研究所・日本学術振興会 海外特別研究員 2007年04月 ~ 2008年03月
大阪大学大学院工学研究科 グローバル若手研究者フロンティア研究拠点、応用化学専攻・助教 2008年04月 ~ 2013年03月
大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻・准教授 2013年04月 ~ 継続中

所属学会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ化学会

  • 日本化学会

  • 錯体化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Solid State 31P MAS NMR Detection of Hydrogen-Bonded Phosphate Polymer in Calcium-Phosphate Composites,A. Onoda, M. Doi, K. Takahashi, T. Okamura, H. Yamamoto, H. Ueyama,Chem. Lett.,33, 466-467,2004年11月,学術論文

  • Stabilization of Carboxylate Anion with NH...O Hydrogen Bond: Facilitation of the Deprotonation of Carboxylic Acid by the Neighboring Amide NH Groups,A. Onoda, Y. Yamada, J. Takeda, Y. Nakayama, T. Okamura, M. Doi, H. Yamamoto, N. Ueyama,Bull. Chem. Soc. Jpn.,77, 321-329,2004年02月,学術論文

  • Direct Observation of Polymer-Binding Site on Calcite Crystal by FE/SEM: Regulation of Binding Abilities by a Rotation of Amide Group in Poly(carboxylate) to CaCO3 Crystals,K. Takahashi, M. Doi, A. Kobayashi, T. Taguchi, A. Onoda, T. Okamura, H. Yamamoto, N. Ueyama,Chem. Lett.,33, 192-193,2004年01月,学術論文

  • Secure Binding of Alternately Amidated Poly(acrylate) to Crystalline Calcium Carbonate by NH...O Hydrogen Bond,N. Ueyama, H. Kozuki, M. Doi, Y. Yamada, K. Takahashi, A. Onoda, Y. Okamura, H. Yamamoto,Macromolecules,34, 2607-2614,2001年03月,学術論文

  • Dinuclear Calcium Complex with Weakly NH...O Hydrogen-bonded Sulfonate Ligands,A. Onoda, Y. Yamada, M. Doi, T. Okamura, N. Ueyama,Inorg. Chem.,40, 516-521,2001年01月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,“Artificial Metalloenzymes Containing an Organometallic Active Site”, In Bioorganometallic Chemistry: Applications in Drug Discovery, Biocatalysis, and Imaging.,A. Onoda, T. Hayashi, M. Salmain,Wiley-VCH,ISBN,978-3-527-33527-5,2014年12月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,ヘムタンパク質ポリマーが架橋された構造体,林高史、大洞光司、小野田晃,特願2009-208054(出願),2009年09月

  • 日本,複数の金属ナノ粒子とヘムタンパク質2量体由来のアポタンパク質との複合体,林高史、小野田晃、植屋佑一,特願2010-054960(出願),2009年09月

  • 日本,酸素吸蔵機能を有する1次元・2次元ヘムタンパク質超分子なの構造体の構築,林高史、北岸宏亮、大洞光司、小野田晃、柿倉泰明,WO/2009/113551(公開),2009年03月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会第95春季年会「若い世代の特別講演証」,小野田 晃,日本化学会,2015年03月

  • 第1回新化学技術研究奨励賞 ,小野田 晃,新化学技術推進協会,2012年06月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第38回 錯体化学若手の会近畿地区勉強会,金属錯体の精密配置とナノ構造体の構築: DNA 結合タンパク質とDNA 基盤を用いたアプローチ,2008年05月