基本情報

写真b

小豆澤 宏明

AZUKIZAWA Hiroaki


キーワード

皮膚、免疫、自己免疫、薬疹、制御性T細胞

URL

http://derma.med.osaka-u.ac.jp/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月01日 ~ 2006年03月31日,医学系研究科,助手,専任

  • 2007年10月01日 ~ 2015年06月30日,医学系研究科,助教,専任

  • 2018年06月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,特任准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

島根医科大学 医学部  卒業 1997年03月
大阪大学 医学系研究科 分子病態医学 単位取得満期退学 2003年03月
大阪大学 医学系研究科 分子病態医学 修了 博士(医学) 2003年09月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学医学部附属病院皮膚科研修医 1997年06月 ~ 1999年03月
大阪大学医学部附属病院 皮膚科 医員(研修医) 1997年06月 ~ 1999年03月
大阪大学医学部附属病院皮膚科医員 2003年04月 ~ 2004年03月
大阪大学医学部附属病院 皮膚科 医員 2003年04月 ~ 2004年03月
大阪大学大学院医学系研究科 皮膚科 助手 2004年04月 ~ 2006年03月
大阪大学大学院医学系研究科助手 2004年04月 ~ 継続中
ドイツ国 エアランゲン大学皮膚科 ポスドク 2005年04月 ~ 2007年09月
大阪大学大学院医学系研究科 皮膚科 助教 2007年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 画期的経皮免疫製剤の開発と実用化に資する研究の総合的推進
    皮膚科学関連

  • 皮膚特異的自己免疫疾患の発症機序の研究
    精神神経科学関連

  • 表皮自己抗原を発現する新規リンパ球系細胞の役割

  • 中毒疹における原因疾患の早期鑑別診断法の開発

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本皮膚科学会

  • 日本研究皮膚科学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Animal models of toxic epidermal necrolysis.,Azukizawa H.,J Dermatol.,38(3) 255-260,2011年03月,解説・総説

  • Steady state migratory RelB+ langerin+ dermal dendritic cells mediate peripheral induction of antigen-specific CD4+ CD25+ Foxp3+ regulatory T cells.,Azukizawa H, Doehler A, Kanazawa N, Nayak A, Lipp M, Malissen B, Autenrieth I, Katayama I, Riemann M, Weih F, Berberich-Siebelt F, Lutz MB,Eur J Immunol.,2011年05月,学術論文

  • 関節腫脹から顕在化しBehcet病の合併を診断した症候性原発性胆汁性肝硬変の1例,坂根 貞嗣, 宮城 琢也, 小豆澤 宏明, 阪森 亮太郎, 藥師神 崇行, 疋田 隼人, 小瀬 嗣子, 鎌田 佳宏, 吉田 雄一, 巽 智秀, 大川 和良, 平松 直樹, 辻井 正彦, 田中 文, 森井 英一, 片山 一朗, 竹原 徹郎,肝臓,56(11) 575-583,2015年11月,学術論文

  • Development and clinical study of a self-dissolving microneedle patch for transcutaneous immunization device,Sachiko Hirobe, Hiroaki Azukizawa, Kazuhiko Matsuo, You Zhai, Ying-Shu Quan, Fumio Kamiyama, Hiroshi Suzuki, Ichiro Katayama, Naoki Okada, and Shinsaku Nakagawa,Pharm. Res.,30(10): 2664-2674,2013年08月,学術論文

  • Toxic epidermal necrolysis complicated by sepsis, haemophagocytic syndrome, and severe liver dysfunction associated with elevated interleukin-10 production.,Yamaoka T, Azukizawa H, Tanemura A, Murota H, Hirose T, Hayakawa K, Shimazu T, Wada N, Morii E, Katayama I.,European Journal of Dermatology,2012年11月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,最新皮膚科学大系2008-2009 (皮膚疾患の新しいマウスモデル-重症薬疹),玉置邦彦 総編集,中山書店,ISBN,978-4-521-73008-0 C3347,2008年01月

  • 専門著書,Drug Hypersensitivity (129-139 Animal Models of Toxic Epidermal Necrolysis),Editor W.J.Pichler,KARGER,ISBN,978-3-8055-8269-8,2007年01月

  • 専門著書,薬疹 今日の小児治療指針 第15 版,小豆澤宏明,医学書院,ISBN,978-4-260-01231-7,2012年02月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第7回 ガルデルマ賞,小豆澤 宏明,ガルデルマ株式会社,2007年02月