基本情報

写真b

小田原 厚子

ODAHARA Atsuko


キーワード

実験核物理学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06 - 6850 - 5745

FAX番号

06 - 6850 - 5764

性別

女性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2005年10月01日 ~ 2007年03月31日,理学研究科 物理学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,理学研究科 物理学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

九州大学 理学部 物理学科 卒業 学士 1989年03月
九州大学 理学研究科 物理学専攻 修了 修士 1991年03月
九州大学 理学研究科 物理学専攻 修了 博士(理学) 1994年03月
九州大学 理学部 物理学科 研究生 1994年06月

職歴 【 表示 / 非表示

九州大学理学部・助手 1994年07月 ~ 1996年03月
西日本工業大学・講師 1996年04月 ~ 1998年03月
西日本工業大学・助教授 1998年04月 ~ 2005年09月
Institut de Recherches Subatomiques(IReS) (フランス)・客員研究員 2000年04月 ~ 2002年03月
大阪大学大学院理学研究科・助教授 2005年10月 ~ 2007年03月
大阪大学大学院理学研究科・准教授 2007年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 重イオン反応を用いた原子核構造の研究
    素粒子、原子核、宇宙線および宇宙物理に関連する理論

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Resonance width for a particle-core coupling model with a square-well potential,K. Hagino, H. Sagawa, S. Kanaya, A. Odahara,Progress of Theoretical and Experimental Physics,2020, 023D01 - 1 - 19,2020年02月,http://dx.doi.org/doi:10.1093/ptep/ptz163,学術論文

  • Proton Shell Evolution below $^{132}$Sn : First Measurement of Low-Lying $\beta$-Emitting Isomers in $^{123, 125}$Ag,Z.Q. Chen, Z.H. Li, H. Hua, H. Watanabe, C.X. Yuan, S.Q. Zhang, G. Lorusso, S. Nishimura, H. Baba, F. Browne, G. Benzoni, K.Y. Chae, F.C.L. Crespi, P. Doornenbal, N. Fukuda, G. Gey, R. Gernhauser, N. Inabe, T. Isobe, D.X. Jiang, A. Jungclaus, H.S. Jung, Y. Jin, D. Kameda, G.D. Kim, Y.K. Kim, I. Kojouharov, F.G. Kondev, T. Kubo, N. Kurz, Y.K. Kwon, X.Q. Li, J.L. Lou, G.J. Lane, C.G. Li, D.W. Luo, A. Montaner-Piza, K. Moschner, C.Y. Niu, F. Naqvi, M. Niikura, H. Nishibata, A. Odahara, R. Orlandi, Z. Patel, Z. Podolyak, T. Sumikama, P.-A. S\"{o}derstr\"{o}m, H. Sakurai, H. Schaffner, G.S. Simpson, K. Steiger, H. Suzuki, J. Taprogge, H. Takeda, Zs. Vajta, H.K. Wang, J. Wu, A. Wendt, C.G. Wang, H.Y. Wu, X. Wang, C.G. Wu, C. Xu, Z.Y. Xu, A. Yagi, Y.L. Ye, K. Yoshinaga,Physical Review Letters,122, 212502 - 1 - 6,2019年05月,http://dx.doi.org/doi:10.1103/PhysRevLett.122.212502,学術論文

  • New isomers in $^{125}$Pd$_{79}$ and $^{127}$Pd$_{81}$: Competing proton and neutron excitations in neutron-rich palladium nuclides towards the $N$=82 shell closure,H. Watanabe, H.K. Wang, G. Lorusso, S. Nishimura, Z.Y. Xu, T. Sumikama, P.-A. S\"{o}derstr\"{o}m,, P. Doornenbal, F. Browne, G. Gey, H.S. Jung, J. Taprogge, Zs. Vajta, J. Wu, A. Yagi, H. Baba, G. Benzoni, K.Y. Chae, F.C.L. Crespi, N. Fukuda, R. Gernhauser, N. Inabe, T. Isobe, A. Jungclaus, D. Kameda, G.D. Kim, Y.K. Kim, I. Kojouharov, F.G. Kondev, T. Kubo, N. Kurz, Y.K. Kwon, G.J. Lane, Z. Li, C.-B. Moon, A. Montaner-Piza, K. Moschner, F. Naqvi, M. Niikura, H. Nishibata, D. Nishimura, A. Odahara, R. Orlandi, Z. Patel, Zs. Podolyak, H. Sakurai, H. Schaffner, G.S. Simpson, K. Steiger, Y. Sun, H. Suzuki, H. Takeda, A. Wendt, K. Yoshinaga,Physics Letters B,792, 263 - 268,2019年05月,http://dx.doi.org/doi:10.1016/j.physletb.2019.03.053,学術論文

  • Study of neutron unbound states in $^{18}$O by $\beta$-delayed neutron decay of $^{18}$N,H. Umehara, S. Iimura, S. Kanaya, T. Hara, M. Kinoshita, R. Nakajima, R. Shudo, R. Wakabayashi, M. Fukutome, M. Hisamatsu, H. Nishibata, T. Shimoda, A. Odahara,RCNP Annual Report,2018, ,2019年04月,国際会議(proceedingsあり)

  • Structure of $^{31}$Mg: Shape coexistence revealed by $\beta$-$\gamma$ spectroscopy with spin-polarized $^{31}$Na,H. Nishibata, S. Kanaya, T. Shimoda, A. Odahara, S. Morimoto, A. Yagi, H. Kanaoka, M.R. Pearson, C.D.P. Levy, M. Kimura, N. Tsunoda, T. Otsuka,Physical Review C,99(Issue2), 024322-1-19,2019年02月,http://dx.doi.org/doi:10.1103/PhysRevC.99.024322,学術論文

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 女子中高生のための関西科学塾C日程(実験講座),放射線って何?自分で放射線を測ってみよう!,2018年10月

  • サクラサイエンス,サクラサイエンス,2018年10月

  • 出張講義,「小さな原子や原子核。巨大な宇宙での重要な役割とは?」,2018年10月

  • SEEDS体感研究,「放射線とは何だろう?~極微の世界からのメッセージを調べよう~」,2018年09月

  • 豊中市理科展科学教室,「物理で遊ぼう!」,2018年09月

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会大阪支部会計,2009年09月 ~ 2011年08月

  • 大阪大学核物理研究センター 研究計画検討委員会 委員,2007年04月 ~ 2009年03月

  • 大阪大学核物理研究センター B-PAC 委員,2007年04月 ~ 2008年03月

  • 東京大学原子核科学研究センター 助言委員会 委員,2007年01月 ~ 2011年03月