基本情報

写真b

小泉 雅彦

KOIZUMI Masahiko


キーワード

放射線腫瘍学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-2570

FAX番号

06-6879-2564

URL

http://sahswww.med.osaka-u.ac.jp/~rad-onc/index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月01日 ~ 2012年11月30日,医学部附属病院,特任教授(常勤),専任

  • 2012年12月01日 ~ 継続中,医学系研究科 保健学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 工学部 合成化学科 卒業 1981年03月
大阪大学 医学部  卒業 1991年03月
大阪大学 医学系研究科  修了 医学博士 1998年03月

職歴 【 表示 / 非表示

財)基礎化学研究所(現京大福井健一記念研究C) 研究員 1986年04月 ~ 1987年03月
大阪大学医学部附属病院整形外科 研究補助員 1991年04月 ~ 1991年06月
大阪大学医学部附属病院整形外科医員 研修医 1991年06月 ~ 1991年12月
大阪府立成人病センター整形外科 研修医 1992年01月 ~ 1993年05月
関西労災病院放射線科 嘱託医 1993年06月 ~ 1994年03月
大阪大学医学部附属病院 基礎系医員 1998年04月 ~ 1998年06月
大阪府立成人病センター放射線治療科 医師・診療主任 1998年07月 ~ 2004年03月
京都府立医科大学大学院 講師(放射線診断治療学講座) 2004年04月 ~ 2006年03月
藤田保健衛生大学衛生学部(診療放射線技術学科) 教授 2006年04月 ~ 2008年03月
大阪大学医学部附属病院 オンコロジーセンター 医学物理室・特任教授 2008年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 放射線腫瘍学全般、特に高精度放射線治療における生物学的、物理学的基礎
    放射線科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本放射線腫瘍学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Administration of Salubrinal Enhances Radiation-induced Cell Death of SW1353 Chondrosarcoma Cells.,Koizumi M, Tanjung NG, Chen A, Dynlacht JR, Garrett J, Yoshioka Y, Ogawa K, Teshima T, Yokota H,Anticancer Res.,32(9):3667-73,2012年09月,学術論文

  • Refinement of radionuclide generation simulation in particle therapy using anti-symmetrized molecular dynamics(AMD),M.Matsumoto, Y.Sakurai, M.Koizumi, K.Fukunaga, M.Takashina,Radiation Detectors And Their Uses,2014-11,70-76,2015年01月,大学・研究所等の報告

  • The usefulness of an independent patient-specific treatment planning verification method using a benchmark plan in high-dose-rate intracavitary brachytherapy for carcinoma of the uterine cervix.,Takahashi Y, Koizumi M, Sumida I, Isohashi F, Ogata T, Akino Y, Yoshioka Y, Maruoka S, Inoue S, Konishi K, Ogawa K. ,J Radiat Res. ,2012年10月,学術論文

  • Quality assurance of MLC leaf position accuracy and relative dose effect at the MLC abutment region using an electronic portal imaging device.,Iori SUMIDA, Hajime YAMAGUCH, Hisao KIZAKI, Masahiko KOIZUMI, Toshiyuki OGATA, Yutaka TAKAHASHI, Yasuo YOSHIOKA,J Radiat Res.,53(5):798-806, 2012,2012年10月,学術論文

  • Dose reduction trial from 60 Gy in 10 fractions to 54 Gy in 9 fractions schedule in high-dose-rate interstitial brachytherapy for early oral tongue cancer.,Akiyama H, Yoshida K, Shimizutani K, Yamazaki H, Koizumi M, Yoshioka Y, Kakimoto N, Murakami S, Furukawa S, Ogawa K. ,J Radiat Res. ,53(5):722-6.,2012年09月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,放射線治療学 改訂6版,井上俊彦,小川和彦,小泉雅彦,瀬尾雄二,他,南山堂,ISBN,978-4-525-27096-4,2017年07月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本医学放射線学会総会CyPos賞,小泉雅彦,隅田伊織,高橋豊,尾方俊至,秋野祐一,吉岡靖生,礒橋文明,小西浩司,古妻理之,井上武宏,日本医学放射線学会,2009年04月