基本情報

写真b

狩野 裕

KANO Yutaka


キーワード

統計学, データ科学, 多変量解析, 計量心理学, 統計教育

URL

http://www.sigmath.es.osaka-u.ac.jp/~kano/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月01日 ~ 2004年03月31日,人間科学研究科 人間科学専攻,助教授,専任

  • 2004年04月01日 ~ 継続中,基礎工学研究科 システム創成専攻,教授,専任

  • 2004年04月01日 ~ 2017年03月31日,人間科学研究科 人間科学専攻,教授,兼任

  • 2015年10月01日 ~ 2017年03月31日,数理・データ科学教育研究センター,データ科学部門長,兼任

  • 2017年04月01日 ~ 2017年06月30日,数理・データ科学教育研究センター,副センター長,兼任

  • 2017年07月01日 ~ 2019年06月30日,数理・データ科学教育研究センター,センター長,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 数学科 卒業 理学士 1981年03月
大阪大学 基礎工学研究科 数理系専攻 博士前期課程 修了 工学修士 1983年03月
大阪大学 基礎工学研究科 数理系専攻 博士後期課程 中退 1984年03月
大阪大学 基礎工学研究科 数理系専攻 工学博士 1986年06月

職歴 【 表示 / 非表示

運輸省海技大学校助手(教養科) 1984年04月
大阪大学助手(基礎工学部) 1987年10月
大阪府立大学講師(工学部) 1990年04月
筑波大学助教授(数学系) 1994年04月
大阪大学助教授(人間科学部) 1997年04月
大阪大学大学院教授(基礎工学研究科) 2004年04月 ~ 継続中
大阪大学 教育研究評議員 2013年08月 ~ 2017年03月
大阪大学 大学院基礎工学研究科長・同学部長 2017年04月 ~ 2021年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 多変量解析の理論と応用
    構造方程式モデリングの方法論的研究とその応用
    独立成分分析と非正規性
    不完全データの解析と統計的因果推論
    統計科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • American Statistical Association

  • International Statistical Institute

  • Institute of Mathematical Statistics

  • Psychometric Society

  • 日本行動計量学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 欠測データ解析のmissとmyth,狩野 裕,日本統計学会誌,48(3) 199-214,2019年03月,学術論文

  • Meta analytical SEM: Equivalence between maximum likelihood and generalized least squares,Ke-Hai Yuan and Yutaka Kano,Journal of Educational and Behavioral Statistics,43(6) 639-720,2018年12月,学術論文

  • Bias reduction using surrogate endpoints as auxiliary variables,Takagi, Y. and Kano, Y.,Annals of the Institute of Statistical Mathematics,in press,2018年10月,学術論文

  • Missing data mechanisms and homogeneity of means and variances–covariances,Ke-Hai Yuan, Mortaza Jamshidian and Yutaka Kano,Psychometrika,in press,2018年06月,学術論文

  • データの欠測,狩野 裕, 今田美幸,電気情報通信学会誌,100(11) 1274-1279,2017年11月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Selection of manifest variables In Handbook of Latent Variable and Related Models (Sik-Yum Lee, Ed.), pp. 65-86,Kano, Y.,Elsevier,2007年01月

  • 専門著書,New Developments in Psychometrics.,YANAI, OKADA, SHIGEMASU, KANO and MEULMAN,Springer,2003年01月

  • 専門著書,グラフィカル多変量解析 [増補版],狩野裕,三浦麻子,現代数学社,2002年06月

  • 専門著書,「構造方程式モデリング,因果推論,そして非正規性」竹内啓 (編著) 多変量解析の展開 -- 隠れた構造と因果を推理する.pp.65-129 (Part II),狩野 裕,岩波書店,2002年04月

  • 専門著書,Structural equation modeling for experimental data (In Structural Equation Modeling: Present and Future [A Festschrift in honor of Karl Joreskog] ) pp.381-402,KANO Yutaka,SSI,2000年01月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本統計学会賞,狩野 裕,日本統計学会,2018年06月

  • 日本行動計量学会功績賞(林知己夫賞),狩野 裕,日本行動計量学会,2014年09月

  • 日本統計学会研究業績賞,狩野 裕,日本統計学会,2013年06月

  • 大阪大学共通教育賞,狩野 裕,大阪大学,2009年06月

  • 大阪大学共通教育賞,狩野 裕,大阪大学,2003年12月

全件表示 >>

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,日本行動計量学会第47回大会,大会実行委員長,2019年09月

  • 国際会議,The 3rd IMS Asia Pacific Rim Meeting,国際プログラム委員,2014年07月

  • 国際会議,The 2nd IMS Asia Pacific Rim Meeting,国際プログラム委員,2012年07月

  • 国際会議,International Meeting of the Psychometric Society,国際プログラム委員,2011年07月

  • 国際会議,International Conference on Multivariate Statistical Modeling and High Dimensional Data Mining (HDM208), Kayseri, Turkey,Member of Scientific Program Committee,2008年06月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本統計学会,評議員 (過去1997.4-2003.3),2008年04月 ~ 継続中

  • 学会,統計関連学会連合,理事,2008年04月 ~ 2010年03月

  • 学会,日本分類学会,運営委員,2007年04月 ~ 継続中

  • 学会,統計関連学会連合,統計関連学会連合大会企画委員長,運営委員,2006年08月 ~ 2007年09月

  • 学会,応用統計学会,評議員,2004年04月 ~ 継続中

全件表示 >>