基本情報

写真b

若宮 直紀

WAKAMIYA Naoki


キーワード

バイオ情報通信工学

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www-waka.ist.osaka-u.ac.jp/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 2002年03月31日,基礎工学研究科,講師,専任

  • 2002年04月01日 ~ 2007年03月31日,情報科学研究科 情報ネットワーク学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2011年06月30日,情報科学研究科 情報ネットワーク学専攻,准教授,専任

  • 2011年07月01日 ~ 継続中,情報科学研究科 バイオ情報工学専攻,教授,専任

  • 2018年04月01日 ~ 2019年03月31日,先導的学際研究機構,教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 基礎工学部 情報工学科 中退 1992年03月
大阪大学 基礎工学研究科 物理系専攻 修了 修士 1994年03月
大阪大学 基礎工学研究科 物理系専攻 修了 博士(工学) 1996年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員 1994年04月 ~ 1996年03月
大阪大学基礎工学部助手 1996年04月 ~ 1997年03月
梅花学園短期大学非常勤講師 1996年04月 ~ 1998年03月
大阪大学情報処理教育センター助手 1997年04月 ~ 1999年03月
通信・放送機構研究フェロー 1998年04月 ~ 2004年03月
大阪大学大学院基礎工学研究科講師 1999年04月 ~ 2002年03月
岡山大学工学部非常勤講師 2002年04月 ~ 2005年03月
大阪大学大学院情報科学研究科助教授 2002年04月 ~ 2007年03月
大阪大学大学院情報科学研究科准教授 2007年04月 ~ 2011年06月
岡山大学工学部非常勤講師 2009年04月 ~ 2016年03月
大阪大学大学院情報科学研究科教授 2011年07月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • バイオ情報通信工学に関する研究
    情報ネットワーク関連,通信工学関連,計算機システム関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • ACM

  • IEEE

  • 電子情報通信学会

  • 情報処理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A Group-Based Scheduling Method for Landslide Detection System with Dense Wireless Sensor Network,Shota Ishihara, Masafumi Hashimoto, Naoki Wakamiya, Masayuki Murata, Yasutaka Kawamoto,the 5th International Conference on Information and Communication Technologies for Disaster Management (ICT-DM'18),2018年12月,国際会議(proceedingsあり)

  • A PCO-based scheduling method with slot jumping mechanisms for heterogeneous LPWANs,Masafumi Hashimoto and Naoki Wakamiya,Vietnam-Japan Joint Workshop on Ambient Intelligence and Sensor Networks,2018年11月,会議報告/口頭発表

  • Analysis of LSM-based event detection in impulse-based wireless sensor networks,Daito Kamei, Naoki Wakamiya,Proceedings of the 2018 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA2018),2018年09月,国際会議(proceedingsあり)

  • Distributed multipath routing with packet allocation based on the attractor renewal model,Yoshihiko Saitoh, Jun-nosuke Teramae, Naoki Wakamiya,Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE,Vol.E9-N,No.1,2018年01月,学術論文

  • 高密度無線センサネットワークによる迅速な地すべり境界検知のためのグループ化に基づくスケジューリング方式,石原翔太,橋本匡史,若宮直紀,村田正幸,川本康貴,電子情報通信学会技術研究報告,117(426) 79-84,2018年01月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,生命のしくみに学ぶ情報ネットワーク設計・制御,若宮直紀, 荒川伸一 ,コロナ社,ISBN,978-4-339-02805-8,2015年10月

  • 専門著書,A Self-Organizing Architecture for Scalable, Adaptive, and Robust Networking,Naoki Wakamiya, Kenji Leibnitz, and Masayuki Murata,Elsevier,2010年11月

  • 専門著書,Wireless Sensor Network Technologies for Information Explosion Era (Book Series: Studies in Computational Intelligence),Akimitsu Kanzaki, Naoki Wakamiya, Takahiro Hara,Springer-Verlag,2010年07月

  • 専門著書,Autonomic Network Management Principles: From concepts to Applications,Naoki Wakamiya, Kenji Leibnitz, and Masayuki Murata,Elsevier,2010年04月

  • 専門著書,User Selfishness vs. File Availability in P2P File-Sharing Systems: Evolutionary Game Theoretic Approach,Masahiro Sasabe, Naoki Wakamiya, and Masayuki Murata,Springer-Verlag,2009年04月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,信号検出装置、方法、プログラム及びその記録媒体,水谷伸,新井賢一,Peter Davis,若宮直紀,村田正幸,特願2009-202288(出願),2010年03月

  • 日本,信号量子化装置、方法、プログラム及びその記録媒体,水谷伸,新井賢一,Peter Davis,若宮直紀,村田正幸,特願2009-202292(出願),2010年03月

  • 日本,信号量子化装置、方法、プログラム及びその記録媒体,水谷伸,新井賢一,Peter Davis,若宮直紀,村田正幸,特願2009-202290(出願),2010年03月

  • 日本,信号量子化装置、方法、プログラム及びその記録媒体,水谷伸,新井賢一,Peter Davis,若宮直紀,村田正幸,特願2009-202291(出願),2010年03月

  • 日本,信号量子化装置、方法、プログラム及びその記録媒体,水谷伸,新井賢一,Peter Davis,若宮直紀,村田正幸,特願2009-202289(出願),2010年03月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Student Paper,Tomohiro Nakao, Jun-nosuke Teramae, Naoki Wakamiya,9th EAI International Conference on Bio-inspired Information and Communications Technologies (BICT),,2015年12月

  • 電子情報通信学会平成21年度通信ソサイエティ活動功労賞,若宮直紀,電子情報通信学会通信ソサイエティ,2009年09月

  • 電子情報通信学会シニア会員,若宮直紀,電子情報通信学会,2009年05月

  • 電子情報通信学会平成21年度通信ソサイエティ感謝状,若宮直紀,電子情報通信学会通信ソサイエティ,2009年05月

  • IFIP Conference on Wireless Sensors and Actor Networks (WSAN 2008) Best Paper Award,Tetsuya Kawai, Naoki Wakamiya, Masayuki Murata, Kentaro Yanagihara, Masanori Nozaki, and Shigeru Fukunaga,IFIP Conference on Wireless Sensors and Actor Networks (WSAN 2008),2008年07月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 解剖先端拠点 NECブレインインスパイヤードコンピューティング協働研究所 脳の情報処理を再現,日経産業新聞,2016年11月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • イノベーション・ジャパン2016,生物と脳に学ぶ情報通信技術,2016年08月

  • イノベーション・ジャパン2015,生物と脳に学ぶ情報通信技術,2015年08月

  • 第10回電子情報通信学会複雑コミュニケーションサイエンス時限研究会,階層的に相互作用する自己組織型ネットワーク制御,2014年05月

  • 第30回情報ネットワーク・ネットワークシステム研究ワークショップ,スマートメータネットワーキング技術,2014年03月

  • 分子系の複合電子機能第181委員会第18回研究会,ゆらぎを活用した情報通信技術,2014年02月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,The 6th Korea-Japan Joint Workshop on Complex Communication Science (KJCCS2018),General Chair,2018年01月

  • 国際会議,The 2017 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA2017),スペシャルセッションオーガナイザー,2017年12月

  • 国際会議,5th Japan-Korea Joint Workshop on Complex Communication Sciences (JKCCS2016),Technical Program Chair,2016年10月

  • 国際会議,International Workshop on Brain-Inspired Information Communication Technologies,ワークショップオーガナイザー,2014年12月

  • 国際会議,International Workshop on Ambient Information Technologies ,Workshop Organizer,2013年03月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,電子情報通信学会複雑コミュニケーションサイエンス研究専門委員会,顧問,2018年05月 ~ 継続中

  • 学会,電子情報通信学会複雑コミュニケーションサイエンス研究専門委員会,委員長,2017年06月 ~ 2018年05月

  • 公益法人,近畿情報通信協議会,幹事・幹事長,2016年06月 ~ 継続中

  • 学会,電子情報通信学会通信ソサイエティ研専運営会議,委員,2015年06月 ~ 2017年05月

  • 学会,電子情報通信学会通信行動工学時限研究専門委員会,委員長,2015年05月 ~ 2017年05月

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 近畿情報通信協議会幹事長,2016年06月 ~ 継続中

  • 近畿情報通信協議会幹事長代行,2012年04月 ~ 2016年05月