基本情報

写真b

柴田 理志

SHIBATA Satoshi


キーワード

神経生物学

URL

http://sahswww.med.osaka-u.ac.jp/~neurobio/index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月01日 ~ 2005年12月31日,生命機能研究科 生命機能専攻,特任研究員,専任

  • 2006年01月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科 保健学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 保健学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部  卒業 2002年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院生命機能研究科特任研究員 2004年04月 ~ 2007年12月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 神経生物学
    神経形態学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Transcription factor FOXO1 promotes cell migration toward exogenous ATP via controlling P2Y1 receptor expression in lymphatic endothelial cells.,Kenta Niimi, Mizuha Ueda, Moe Fukumoto, Misaki Kohara, Toshinori Sawano, Ryo Tsuchihashi, Satoshi Shibata, Shinobu Inagaki, Tatsuo Furuyama,Biochemical and Biophysical Research Communications,489(4):413-419.,2017年08月,学術論文

  • Involvement of ARHGEF10, GEF for RhoA, in Rab6/ Rab8-mediating membrane traffic.,Satoshi Shibata, Yui Teshima, Kenta Niimi, Shinobu Inagaki ,Small GTPases ISSN:,0(0) 1-9,2017年04月,解説・総説

  • ARHGEF10 directs the localization of Rab8 to Rab6-positive executive vesicles.,Satoshi Shibata, Tsubasa Kawanai, Takayuki Hara, Asuka Yamamoto, Taro Chaya, Yasunori Tokuhara, Chinami Tsuji, Manabu Sakai, Taro Tachibana, Shinobu Inagaki,Journal of Cell Science,129 3620-3634,2016年07月,学術論文

  • Identification of a Negative Regulatory Region for the Exchange Activity and Characterization of T332I Mutant of Rho Guanine Nucleotide Exchange Factor 10 (ARHGEF10).,Taro Chaya, Satoshi Shibata, Yasunori Tokuhara, Wataru Yamaguchi, Hiroshi Matsumoto, Ichiro Kawahara, Mikihiko Kogo, Yoshiharu Ohoka, Shinobu Inagaki,THE JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY,VOL. 286, NO. 34, pp. 29511–29520,2011年08月,学術論文

  • A high-resolution structure of the pre-microRNA nuclear export machinery.,Chimari Okada, Eiki Yamashita,Soo Jae Lee,Satoshi Shibata, Jun Katahira, Atsushi Nakagawa, Yoshihiro Yoneda, Tomitake Tsukihara,,SCIENCE,326(5957) 1275-1279,2009年11月,学術論文

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第12回大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 優秀論文賞,柴田 理志,大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻,2017年02月

  • 第39回日本分子生物学会年会 優秀ポスター賞,柴田 理志,日本分子生物学会,2016年12月