基本情報

写真b

篠原 彰

SHINOHARA Akira


キーワード

分子生物学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-8624

FAX番号

06-6879-8626

URL

http://www.protein.osaka-u.ac.jp/genome/Shinohara-HP-index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月01日 ~ 2003年08月31日,理学研究科 生物科学専攻,助教授,専任

  • 2003年09月01日 ~ 継続中,蛋白質研究所,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 生物学科 卒業 学士 1986年03月
大阪大学 理学研究科 生理学専攻 修了 理学修士 1988年03月
大阪大学 理学研究科 生理学専攻 修了 理学博士 1991年03月
大阪大学 理学部 研究生 卒業 1993年07月

職歴 【 表示 / 非表示

学術振興会 特別研究員(PD) 大阪大学 1991年04月 ~ 1993年03月
大阪大学 理学部 助手 1993年08月 ~ 1997年03月
大阪大学 大学院 理学研究科 助手 1997年04月 ~ 2001年03月
University of Chicago, Dept. of Radiation & Oncology, assitant professor(兼任) 1998年06月 ~ 2000年05月
大阪大学 大学院 理学研究科 助教授 2001年04月 ~ 2003年08月
大阪大学 たんぱく質研究所 教授 2003年09月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 真核生物の相同組換えの分子メカニズムの解明
    分子生物学関連

  • 減数分裂期の組換えの制御機構の解析
    分子生物学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本遺伝学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Distinct Functions in Regulation of Meiotic Crossovers for DNA Damage Response Clamp Loader Rad24(Rad17) and Mec1(ATR) Kinase,Shinohara Miki, Douglas K Bishop, Akira Shinohara,Genetics,213(4) 1255-1269,2019年12月,学術論文

  • Srs2 helicase prevents the formation of toxic DNA damage during late prophase I of yeast meiosis,Sasanuma, Hiroyuki, Sakurai, Hana Subhan M., Furihata, Yuko, Challa, Kiran, Palmer, Lira, Gasser, Susan M., Shinohara, Miki, Shinohara, Akira,CHROMOSOMA,128(3) 453-471,2019年09月,学術論文

  • Nuclear actin cable with multiple branches during yeast meiosis,Tomoko Takagi, Masako Osumi and Akira Shinohara,BioRxiv,2019年09月,https://www.biorxiv.org/content/10.1101/778100v1,学術論文

  • Meiotic prophase-like pathway for cleavage-independent removal of cohesin for chromosome morphogenesis,Kiran Challa, M. Shinohara, Shinohara Akira,Current Genetics,65(4) 817-827,2019年08月,https://link.springer.com/article/10.1007/s00294-019-00959-x,学術論文

  • Human RAD51 paralogue, SWSAP1, fosters RAD51 filament by regulating the anti-recombinase, FIGNL1 AAA+ ATPase,Kenichiro Matsuzaki, Shizuka Kondo, Tatsuya Ishikawa, and Akira Shinohara,Nature Communications,10 1407,2019年03月,https://www.nature.com/articles/s41467-019-09190-1,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,分子生物学イラストレイテッド 改定第二版第2章 遺伝的組換え,篠原 彰、小川智子,羊土社,2002年01月

  • 専門著書,1. 新生化学実験講座 核酸IV 遺伝子の複製と発現,篠原 彰、小川智子,東京化学同人,1993年02月

作品 【 表示 / 非表示

  • 減数分裂期におけるRAD51とDMC1の機能と解析,篠原彰,,1993年

  • 酵母Rad51蛋白質の生化学的解析,篠原彰,,1993年

  • 酵母Rad52蛋白質の生化学的解析,篠原彰,,1990年

  • サプレッサー変異による大腸菌RecA蛋白質の機能ドメインの解析,篠原彰,,1985年

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学賞,篠原 彰,財)大阪科学技術センター,2009年09月

  • 東燃科学賞 ,篠原 彰,,1993年

報道 【 表示 / 非表示

  • 大阪大 DNA修復機構は守るだけでなく 時には壊す側に回ることも!,蛍雪時代(旺文社),2014年12月

  • 守護神が実は破壊者にも!?DNA修復機構はいつでもどこでも守らず、時には壊す側に,テレビ大阪,2014年08月

 

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本分子生物学会,理事,2008年10月 ~ 継続中

  • 学会,日本遺伝学会,評議委員,2006年04月 ~ 2008年03月