基本情報

写真b

篠原 彰

SHINOHARA Akira


キーワード

分子生物学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-8624

FAX番号

06-6879-8626

URL

http://www.protein.osaka-u.ac.jp/genome/Shinohara-HP-index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月01日 ~ 2003年08月31日,理学研究科 生物科学専攻,助教授,専任

  • 2003年09月01日 ~ 継続中,蛋白質研究所,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 生物学科 卒業 学士 1986年03月
大阪大学 理学研究科 生理学専攻 修了 理学修士 1988年03月
大阪大学 理学研究科 生理学専攻 修了 理学博士 1991年03月
大阪大学 理学部 研究生 卒業 1993年07月

職歴 【 表示 / 非表示

学術振興会 特別研究員(PD) 大阪大学 1991年04月 ~ 1993年03月
大阪大学 理学部 助手 1993年08月 ~ 1997年03月
大阪大学 大学院 理学研究科 助手 1997年04月 ~ 2001年03月
University of Chicago, Dept. of Radiation & Oncology, assitant professor(兼任) 1998年06月 ~ 2000年05月
大阪大学 大学院 理学研究科 助教授 2001年04月 ~ 2003年08月
大阪大学 たんぱく質研究所 教授 2003年09月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 真核生物の相同組換えの分子メカニズムの解明
    分子生物学関連

  • 減数分裂期の組換えの制御機構の解析
    分子生物学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本遺伝学会

  • 日本分子生物学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Distinct Functions in Regulation of Meiotic Crossovers for DNA Damage Response Clamp Loader Rad24(Rad17) and Mec1(ATR) Kinase,Miki Shinohara, Douglas K Bishop and Akira Shinohara,Genetics,in press,2019年10月,https://www.genetics.org/content/early/2019/10/09/genetics.119.302427,学術論文

  • Nuclear actin cable with multiple branches during yeast meiosis,Tomoko Takagi, Masako Osumi and Akira Shinohara,BioRxiv,2019年09月,https://www.biorxiv.org/content/10.1101/778100v1,学術論文

  • Meiotic prophase-like pathway for cleavage-independent removal of cohesin for chromosome morphogenesis,Kiran Challa, M. Shinohara, Shinohara Akira,Current Genetics,65(4) 817-827,2019年08月,https://link.springer.com/article/10.1007/s00294-019-00959-x,学術論文

  • Human RAD51 paralogue, SWSAP1, fosters RAD51 filament by regulating the anti-recombinase, FIGNL1 AAA+ ATPase,Kenichiro Matsuzaki, Shizuka Kondo, Tatsuya Ishikawa, and Akira Shinohara,Nature Communications,10 1407,2019年03月,https://www.nature.com/articles/s41467-019-09190-1,学術論文

  • Meiosis-specific cohesin component, Rec8, promotes the localization of Mps3 SUN domain protein on the nuclear envelope.,Bommi, J.R., Prasada Rao, HBDP., Challa, K., Higashide, M., Shinmyozu, K. Nakayama, J., Shinohara, M., and A. Shinohara,Genes to Cells : devoted to molecular & cellular mechanisms,24(1) 94-106,2019年01月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,分子生物学イラストレイテッド 改定第二版第2章 遺伝的組換え,篠原 彰、小川智子,羊土社,2002年01月

  • 専門著書,1. 新生化学実験講座 核酸IV 遺伝子の複製と発現,篠原 彰、小川智子,東京化学同人,1993年02月

作品 【 表示 / 非表示

  • 酵母Rad51蛋白質の生化学的解析,篠原彰,,1993年

  • 減数分裂期におけるRAD51とDMC1の機能と解析,篠原彰,,1993年

  • 酵母Rad52蛋白質の生化学的解析,篠原彰,,1990年

  • サプレッサー変異による大腸菌RecA蛋白質の機能ドメインの解析,篠原彰,,1985年

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学賞,篠原 彰,財)大阪科学技術センター,2009年09月

  • 東燃科学賞 ,篠原 彰,,1993年

報道 【 表示 / 非表示

  • 大阪大 DNA修復機構は守るだけでなく 時には壊す側に回ることも!,蛍雪時代(旺文社),2014年12月

  • 守護神が実は破壊者にも!?DNA修復機構はいつでもどこでも守らず、時には壊す側に,テレビ大阪,2014年08月

 

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本分子生物学会,理事,2008年10月 ~ 継続中

  • 学会,日本遺伝学会,評議委員,2006年04月 ~ 2008年03月