基本情報

写真b

篠原 厚

SHINOHARA Atsushi


キーワード

核化学,中間子化学

URL

http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/shinohara/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年10月01日 ~ 継続中,理学研究科 化学専攻,教授,専任

  • 2016年04月01日 ~ 2018年03月31日,ラジオアイソトープ総合センター,センター長,兼任

  • 2018年04月01日 ~ 継続中,放射線科学基盤機構,機構長,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 化学科 卒業 1978年03月
大阪大学 理学研究科 無機及び物理化学専攻 修了 1980年03月
大阪大学 理学研究科 無機及び物理化学専攻 修了 1985年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員 1985年10月 ~ 1987年03月
名古屋大学理学部・助手 1987年06月 ~ 1998年03月
京都大学原子炉実験所・助教授 1998年04月 ~ 1999年09月
大阪大学大学院理学研究科・教授 1999年10月 ~ 継続中
大阪大学・評議員 2010年04月 ~ 2011年08月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • (超)重元素の化学的・核的性質
    素粒子、原子核、宇宙線および宇宙物理に関連する理論,無機・錯体化学関連

  • エキゾチックアトムの形成過程とその化学の開拓
    無機・錯体化学関連,素粒子、原子核、宇宙線および宇宙物理に関連する理論

  • 放射性核種の医学利用
    量子ビーム科学関連,無機・錯体化学関連

  • 福島原発事故による放出放射性核種の環境動態
    環境動態解析関連,原子力工学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本放射化学会

  • 日本物理学会

  • 日本化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of non-destructive isotopic analysis methods using muon beams and their application to the analysis of lead,Kazuhiko Ninomiya, Takuto Kudo, Patrick Strasser, Kentaro Terada, Yosuke Kawai, Motonobu Tampo, Yasuhiro Miyake, Atsushi Shinohara, Kenya M. Kubo,Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry,320(3) 801-805,2019年06月,学術論文

  • Radiotheranostics Coupled between an At-211-Labeled RGD Peptide and the Corresponding Radioiodine-Labeled RGD Peptide,Kazuma Ogawa, Takuya Takeda, Kenji Mishiro, Atsushi Toyoshima, Kazuhiro Shiba, Takashi Yoshimura, Atsushi Shinohara, Seigo Kinuya, and Akira Odani,ACS OMRGA,2 4584-4591,2019年02月,学術論文

  • Enhancement of astatine-211 uptake via the sodium iodide symporter by the addition of ascorbic acid in targeted alpha therapy of thyroid cancer,Tadashi Watabe, Kazuko Kaneda-Nakashima, Yuwei Liu, Yoshifumi, Shirakami, Kazuhiro Ooe, Atsushi Toyoshima, Eku Shimosegawa, Mitsuhiro Fukuda, Atsushi Shinohara, Jun Hatazawa,Journal of Nuclear Medicine (Online),22-Feb open,2019年02月,学術論文

  • Luminescent Dicyanidonitridotechnetium(V) Core with a Tridentate Ligand Coordination Sites,Takashi Yoshimura, Kojiro Nagata, Tatsuki Shiroyama, Yasushi Kino, Tsutomu Takayama, Tsutomu Sekine, Atsushi Shinohara,Dalton Transactions,2018年09月,学術論文

  • Muonic X-ray measurements on mixtures of CaO/MgO and Fe3O4/MnO,Kazuhiko Ninomiya, Michihiro Kitanaka, Atsushi Shinohara, Motonobu Tampo, Yasuhiro Miyake, Yoichi Sakai, Michael K. Kubo,Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry,316,3,1107-1111,2018年06月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • その他,第4版実験化学講座4「核・放射線」(共著),篠原厚,丸善,1992年

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,がん細胞型大型中性アミノ酸トランスポーターLAT1に親和性を有するアミノ酸誘導体を211Atラベル化した抗がん剤とアスコルビン酸による211Atラベル化化合物の安定化法,深瀬浩一,篠原厚,金井好克,樺山一哉,兼田加珠子,張子見,畑澤順,白神宜史,下山敦史,真鍋良幸,特願 2018-048562(出願),2018年03月

  • 日本,アスタチン溶液およびその製造方法,白神宜史、渡部直史、兼田加珠子、下瀬川恵久、篠原厚、畑澤順,2017-255109(出願),2017年12月

報道 【 表示 / 非表示

  • 甲状腺がんの新治療法開発 阪大、2年後の治験開始目指す,毎日新聞,2019年03月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • サイエンスナイト2018,「放射能をはかる」,2018年11月

  • ラボカフェスペシャルfeaturingサーチプロジェクト「放射線をはかる~放射科学者からみた福島原子力発電所事故~」,ゲスト,2017年06月

  • 第1回 大阪大学豊中地区 研究交流会 第2部:文理融合セミナー「放射線の発見と応用の歴史」,オーガナイザー,2016年12月

  • 第1回 大阪大学豊中地区 研究交流会 第2部:文理融合セミナー「放射線の発見と応用の歴史」,「福島原発事故で放出された放射能について」,2016年12月

  • 公開討論 阪大理工系4研究科による国際交流の未来について,「理学研究科の国際交流の将来に向けて」,2015年03月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,ASR2006"Frontiers of Nuclear and Radiochemistry",Organizing Committee,2006年10月

  • 国際会議,Advances in Heavy Element Research,International Advisory Committee,2001年11月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本放射化学会,会長,2018年04月 ~ 継続中

  • 学会,日本放射化学会,副会長,2010年10月 ~ 2014年10月

  • 学会,日本放射化学会,監事,2006年10月 ~ 2010年09月

  • 学会,日本放射化学会,理事,2002年10月 ~ 2006年09月

  • 国・地方公共団体,日本原子力研究所,研究嘱託,2002年04月 ~ 継続中

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 学術雑誌の編集,2005年04月 ~ 継続中