基本情報

写真b

市橋 伯一

ICHIHASHI Norikazu


キーワード

生命の複製システムの原理

メールアドレス

メールアドレス

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月01日 ~ 2009年12月31日,情報科学研究科 バイオ情報工学専攻,特任助教(常勤),専任

  • 2013年07月01日 ~ 継続中,情報科学研究科 バイオ情報工学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 薬学系研究科  修了 薬学博士 2005年03月

職歴 【 表示 / 非表示

JST ERATO金子生命複雑系プロジェクト 2006年04月 ~ 2008年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 遺伝情報の複製システムを人工的に再構成することにより、その動作原理を理解しようとしている。
    生物物理学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本進化学会

  • 日本生物物理学会

  • 細胞をつくる研究会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Constructive approaches for understanding the origin of self-replication and evolution,N Ichihashi, T Yomo,Life,6(3) 26,2016年07月,学術論文

  • Effect of Liposome Size on Internal RNA Replication Coupled with Replicase Translation,Sunami T., Ichihashi N., Nishikawa T., Kazuta Y., Yomo T.,Chembiochem,2016年05月,学術論文

  • Inference of fitness values and putative appearance time points for evolvable self-replicating molecules from time series of occurrence frequencies in an evolution reactor,T Aita, N Ichihashi, T Yomo,Journal of Theoretical biology,401 38-42,2016年04月,学術論文

  • Adaptation and diversification of an RNA replication system under initiation- or termination-impaired translational conditions,R Mizuuchi, N Ichihashi, T Yomo,ChemBioChem,17 1229-1232,2016年04月,学術論文

  • Host–parasite oscillation dynamics and evolution in a compartmentalized RNA replication system,Y Bansho, T Furubayashi, N Ichihashi, T Yomo,Proc Nat Aca Sci USA,113 4045-4050,2016年03月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,進化分子工学 高速分子進化によるタンパク質・核酸の開発「第1編 進化分子工学の背景 第5章 人工細胞の構築に向けて」,角南武志, 市橋伯一, 四方哲也,NTS,2013年10月

  • 専門著書,Genesis - in the Beginning: Precursors of Life, Chemical Models and Early Biological Evolution.,Norikazu Ichihashi, Tomoaki Matsuura, Hiroshi Kita, Takeshi Sunami, Hiroaki Suzuki, Tetsuya Yomo.,Springer,2012年03月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,一枚膜リポソームを用いた酵素進化法の開発,四方哲也, 市橋伯一, 角南武志, 西川雄大,特許第5467320号(登録),2011年03月,2014年02月

  • 日本,一枚膜リポソームを用いた酵素進化法の開発,四方 哲也, 市橋 伯一, 角南 武志, 西川 雄大,特許5467320(登録),2011年03月,2014年02月

  • 日本,外部環境に応答して内部の物質組成を変えるリポソーム,四方哲也, 市橋伯一, 小堀峻吾,2012-210172(公開),2011年03月

  • 日本,エマルジョンを用いたRNAの選択的増幅法,四方哲也, 松浦友亮, 市橋伯一, 占部博也,特許第5099455号(登録),2009年07月,2012年10月

  • 日本,エマルジョンを用いたRNAの選択的増幅法,四方哲也, 市橋伯一, 松浦友亮, 占部博也,特願2009-168285(出願),2009年07月

報道 【 表示 / 非表示

  • 水滴中にRNA封入「人工細胞」分裂で遺伝情報進化,日刊工業新聞,2013年10月

  • 子孫残しやすく進化する人工細胞作製,産経新聞,2013年10月

  • 人工細胞に進化現象,読売新聞,2013年10月