基本情報

写真b

山本 亘彦

YAMAMOTO Nobuhiko


生年月

1957年02月

キーワード

神経生物学

電話番号

06-6879-4636

URL

http://www.fbs.osaka-u.ac.jp/neurobiol/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月01日 ~ 2002年03月31日,基礎工学研究科,助教授,専任

  • 2002年04月01日 ~ 継続中,生命機能研究科 生命機能専攻,教授,専任

  • 1994年04月01日 ~ 継続中,基礎工学研究科,教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 基礎工学部 生物工学科 卒業 1980年03月
大阪大学 基礎工学研究科  修了 1982年03月
大阪大学 基礎工学研究科  修了 1986年03月

職歴 【 表示 / 非表示

京都府立医科大学助手 1986年04月 ~ 1990年03月
京都府立医科大学講師 1990年04月 ~ 1994年03月
大阪大学助教授 1994年04月 ~ 2002年03月
大阪大学大学院生命機能研究科・教授 2002年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 大脳皮質における特異的神経回路の形成機構、神経活動依存性の神経回路形成の制御機構
    神経生理学・神経科学一般

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 北米神経科学学会

  • 日本神経科学学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Nucleocytoplasmic Shuttling of Histone Deacetylase 9 Controls Activity-Dependent Thalamocortical Axon Branching.,Alchini R, Sato H, Matsumoto N, Shimogori T, Sugo N, Yamamoto N,Scientific reports,7(1) 6024,2017年07月,その他

  • Activity-Dependent Dynamics of the Transcription Factor CREB in Cortical Neurons Revealed by Single-Molecule Imaging,Hironobu Kitagawa, Noriyuki Sugo, Masatoshi Morimatsu, Yoshiyuki Arai, Toshio Yanagida, Nobuhiko Yamamoto,Journal of Neuroscience,37(1), 1-10,2017年01月,学術論文

  • Visualization of HDAC9 Spatiotemporal Subcellular Localization in Primary Neuron Cultures,Noriyuki Sugo, Nobuhiko Yamamoto,Methods in Molecular Biology ,1436:119-127,2016年06月,学術論文

  • Identity of neocortical layer 4 neurons is specified through correct positioning into the cortex.,Oishi K, Nakagawa N, Tachikawa K, Sasaki S, Aramaki M, Hirano S, Yamamoto N, Yoshimura Y, Nakajima K,eLife,5,2016年02月,その他

  • Genetic Mapping in Mice Reveals the Involvement of Pcdh9 in Long-Term Social and Object Recognition and Sensorimotor Development.,Bruining H, Matsui A, Oguro-Ando A, Kahn RS, Van't Spijker HM, Akkermans G, Stiedl O, van Engeland H, Koopmans B, van Lith HA, Oppelaar H, Tieland L, Nonkes LJ, Yagi T, Kaneko R, Burbach JP, Yamamoto N, Kas MJ,Biological psychiatry,78(7) 485-495,2015年10月,その他

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Electroporation method for mammalian CNS neurons in organotypic slice cultures. In: Electroporation Methods and Neuroscience,Matsumoto N, Sasaki K, Yamamoto N,Humana Press,2015年02月

  • 専門著書,視床皮質軸索の枝分かれ形成の制御機構,山本亘彦,㈱クバプロ,2011年04月

  • 専門著書,Single cell Electroporaton Method for Mammalian CNS Neurons in Organotypic Slice Cultures. In : Electroporation and Sonoporation in Developmental Biology,Uesaka N, Hayano Y , Yamada A , and Yamamoto N.,Springer,2009年04月

  • その他,Axon pathfinding. In: Encyclopedia of Neuroscience,Yamamoto, N,Springer,2009年01月

  • 専門著書,Molecular basis for the formation of lamina-specific thalamocortical projection. In: Development and Plasticity in Sensory Thalamus and Cortex (Guido W, Erzurumlu R, Molnar Z ed),Yamamoto N, Takemoto M, Hattori Y, Hanamura K.,Kluwer Academic/Plenum.,2006年08月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 脳の発達、刺激が大事,朝日新聞,2015年02月

  • 脳の神経細胞 幼少の環境影響,日本経済新聞,2014年07月

  • 幼少期の脳、発達を促進 「阪大、たんぱく質特定」,日経産業新聞,2012年11月

  • 脳の発達に掃除細胞,読売新聞,2012年10月

  • 音や光 幼児の脳神経発達,朝日新聞,2010年05月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 世界脳週間2016 大阪講演会,・講演(中野珠美博士)と神経科学の実験デモンストレーション,2016年11月

  • 世界脳週間2015 大阪講演会,・講演(見学美根子博士)と神経科学の実験デモンストレーション,2015年08月

  • 世界脳週間2014 大阪講演会,・講演(佐藤真博士)と神経科学の実験デモンストレーション,2014年09月

  • 世界脳週間2013 大阪講演会,・講演(藤田一郎博士)と神経科学の実験デモンストレーション,2013年09月

  • 大阪府立茨木高校講演会,脳の神経回路は遺伝と環境によって形成される-氏か育ちか-,2012年10月

全件表示 >>