基本情報

写真b

山田 康博

YAMADA Yasuhiro


キーワード

現代アメリカ対外関係史

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月01日 ~ 2015年12月31日,国際公共政策研究科 国際公共政策専攻,准教授,専任

  • 2016年01月01日 ~ 継続中,国際公共政策研究科 国際公共政策専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 大学院国際公共政策研究科  博士(国際公共政策) 2015年09月
広島大学 社会科学研究科 国際社会論専攻 中退 1992年03月
オハイオ大学 歴史学大学院  中退 1992年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪外国語大学 助教授 1996年01月 ~ 2007年03月
メアリーランド大学国際安全保障研究センター 客員研究員 1998年05月 ~ 1999年04月
大阪外国語大学 准教授 2007年04月 ~ 2007年09月
大阪大学 大学院国際公共政策研究科 准教授 2007年10月 ~ 2015年12月
大阪大学 大学院国際公共政策研究科 教授 2016年01月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 核兵器がかかわった冷戦史
    国際関係論関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • SOCIETY FOR HISTORIANS OF AMERICAN FOREIGN RELATIONS

  • アメリカ学会

  • 日本平和学会

  • 日本国際政治学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 確立されなかった対日原爆使用をめぐる定説-2015年までの研究史概観-,山田康博,広島平和科学,Vol. 37 (2015), pp. 19-31,2016年03月,学術論文

  • 同工異曲-アメリカはなぜ異なった2種類の原爆を日本に対して使用したのか―,山田康博,アジア太平洋論叢,第20号、3-22頁,2014年05月,学術論文

  • 「ナンバーズ・ゲーム」10年後の再論-原爆投下をめぐって-,山田康博,アジア太平洋論叢,Vol. 18, pp. 123-145,2009年07月,学術論文

  • ナンバーズ・ゲーム-日本本土上陸作戦はどれくらいの死傷者をだすと推定されたのか-原爆投下をめぐる最近の研究動向,山田康博,『アジア太平洋論叢』,第9号、1-28頁。,1999年03月,学術論文

  • アイゼンハワー政権のIRBM沖縄配備構想と日米関係、1956-1959年,山田康博,『一橋論叢』,第123巻第1号、84-99頁。,2000年01月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,原爆投下をめぐるアメリカ政治-開発から使用までの内政・外交分析,山田康博,法律文化社,ISBN,978-4-589-03819-7,2017年02月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第1回 大阪大学豊中地区 研究交流会 第2部:文理融合セミナー「放射線の発見と応用の歴史」,「原爆開発をめぐる国際関係」,2016年12月

  • 核軍縮フォーラム,核兵器は戦争を防止するか?,2006年10月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,アメリカ学会第44回年次大会,プログラム委員,2010年06月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,アメリカ学会,プログラム委員,2009年07月 ~ 2010年07月

  • その他,大阪大学中国文化フォーラム,ディスカッションペーパーの編集担当委員,2007年10月 ~ 継続中

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • テレビ番組制作Iに関する相談,2018年10月

  • 取材協力:「NHKスペシャル 決断なき原爆投下」制作への助言,2015年09月

  • EUIJ夏季合宿,2012年08月

  • 広島大学平和科学研究センター客員研究員,2009年04月 ~ 継続中

  • 関西日米交流フォーラム,1992年04月 ~ 2012年03月