基本情報

写真b

山中 卓

YAMANAKA Taku


キーワード

高エネルギー物理学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6850-5356

FAX番号

06-6850-5532

URL

http://osksn2.hep.sci.osaka-u.ac.jp/~taku/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月01日 ~ 継続中,理学研究科 物理学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 理学部 物理学科 卒業 理学士 1980年03月
東京大学 理学系研究科  修了 理学博士 1985年03月

職歴 【 表示 / 非表示

Fermilab Postdoc 1985年02月 ~ 1988年01月
Fermilab Wilson Fellow 1988年02月 ~ 1992年03月
大阪大学理学部助教授 1992年04月 ~ 2001年03月
大阪大学大学院理学研究科・教授 2001年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 弱い相互作用におけるCP非保存の研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Preciese Measurements of Direct CP Violation, CPT Symmetry, and Other Parameters in the Neutral Kaon System,E.~Abouzaid K. Kotera, T. Yamanaka et al. (KTeV Collaboration),Phys. Rev. D,83, 092001,2011年05月,学術論文

  • Testing the CKM Model with Kaon Experiments,E. Blucher, B. Winstein and T. Yamanaka,Prog. Theo. Phys.,122, 81,2009年07月,http://ptp.ipap.jp/link?PTP/122/81/,学術論文

  • J-PARC KOTO実験の新たな横方向光子検出器の構造と組み立て,山中 卓, 外川学, 原口弘, 宮崎康一, 村山 理恵, Lim GeiYoub, Elizabeth Pod, Yau Wai Wah, 他KOTO Collaboration,日本物理学会 第71回年次大会,2016年03月,会議報告/口頭発表

  • Long-lived neutral-kaon flux measurement for the KOTO experiment,T. Masuda, J. K. Ahn, S. Banno, M. Campbell, J. Comfort, Y. T. Duh, T. Hineno, Y. B. Hsiung, T. Inagaki, E. Iwai, N. Kawasaki, E. J. Kim, Y. J. Kim, J. W. Ko, T. K. Komatsubara, A. S. Kurilin, J.W. Lee, S. K. Lee, G. Y. Lim, J. Ma, D. MacFarland, Y. Maeda, T. Matsumura, R. Murayama, D. Naito, Y. Nakaya, H. Nanjo, T. Nomura, Y. Odani, H. Okuno, Y. D. Ri, N. Sasao, K. Sato, T. Sato, S. Seki, T. Shimogawa, T. Shinkawa, K. Shiomi, J. S. Son, Y. Sugiyama, S. Suzuki, Y. Tajima, G. Takahashi, Y. Takashima, M. Tecchio, M. Togawa, T. Toyoda, Y. C. Tung, Y. W. Wah, H. Watanabe, J. K. Woo, J. Xu, T. Yamanaka, Y. Yanagida, H. Y. Yoshida, and H. Yoshimoto,Progress of Theoretical and Experimental Physics,2016, 013C03-1-23,2016年01月,http://dx.doi.org/doi:10.1093/ptep/ptv171,学術論文

  • Flavor Physics at Intensity Frontier / Designing New Experiments for Intensity Frontier,T. Yamanaka,HINT2015 - The International Workshop on Future Potential of High Intensity Proton Accelerator for particle and Nuclear Physics (at J-PARC, Oct. 13 - 15, 2015, 参加者数約132),2015年10月,国際会議(proceedingsなし)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,素粒子物理学ハンドブック,山田作衛、相原博昭、岡田安弘、坂井典祐、西川公一郎編,朝倉書店,ISBN,978-4-254-13100-0,2010年10月

  • 一般著書,素粒子と原子核を見る(原子核と陽子の中を見てきたβ線),南園忠則,大阪大学出版会,2001年08月

  • 一般著書,素粒子と原子核を見る,高杉英一編,大阪大学出版会,2001年06月

 

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 公益法人,J-PARC,J-PARC利用者協議会 委員長,2007年05月 ~ 2012年03月

  • 国・地方公共団体,KEK 素粒子原子核研究所,Belle Review Committee Member,2007年04月 ~ 継続中

  • 公益法人,高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所,日米科学技術協力事業高エネルギー物理研究計画委員会委員,2007年04月 ~ 2012年03月

  • 公益法人,高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所,Bファクトリー実験専門評価委員会委員,2007年04月 ~ 2008年03月

  • 学会,日本物理学会,素粒子実験領域代表,2006年10月 ~ 2007年09月

全件表示 >>