基本情報

写真b

山口 彰

YAMAGUCHI Akira


キーワード

伝熱流動、安全性、シミュレーション、原子炉工学

URL

http://www.eng.osaka-u.ac.jp/see/qe/homepage/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 環境・エネルギー工学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 工学部  卒業 1979年03月
東京大学 工学系研究科 原子力工学専攻 修了 1981年03月
東京大学 工学系研究科 原子力工学専攻 修了 工学博士 1984年03月

職歴 【 表示 / 非表示

核燃料サイクル開発機構 流体計算工学研究グループリーダー 1984年03月 ~ 2005年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 不確実な条件下での意思決定に関する研究
    社会システム工学・安全システム

  • 原子力施設の安全性に関する研究
    原子力学

  • 伝熱流動現象の数値シミュレーションに関する研究
    流体工学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本混相流学会

  • 日本原子力学会

  • 日本機械学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Gas entrainment allowance level at free surface and gas dynamic behavior of sodium-cooled fast reactor,Akira YAMAGUCHI, et al,Nuclear Engineering and Design ,Vol.241, Issue 5, p.1627-1635, 2011,2011年01月,学術論文

  • Sub-Channel Analysis of TRU Fuel Fabrication Coupled with Multi-Dimensional Thermal Hydraulics,Takashi TAKATA, Akira YAMAGUCHI,,NUTHOS-8 (Oct.10-14, 2010, Shanghai, China),2010年10月,国際会議(proceedingsあり)

  • Epistemic Uncertainty Reduction in the PSA of Nuclear Power Plant using Bayesian Approach and Information Entropy,Akira Yamaguchi, Masa-aki Kato, Takashi Takata,2010年06月,国際会議(proceedingsあり)

  • Quantification of Severe Accident Scenarios in Level 2 PSA of Nuclear Power Plant with Continuous Markov Chain Model and Monte Carlo Method,Satoshi SHINZAKI, Akira YAMAGUCHI, and Takashi TAKATA,2010年06月,国際会議(proceedingsあり)

  • Numerical Study on Passive Control of Thermal Striping Phenomenon Using Lorentz Force in Fast Reactor,T.Takata, T.Fukuda, A.Yamaguchi, A.Uchibori, N.Kimura, H. Kamide,Proc. ICONE18-30188, May 20, 2010, Xi'an,2010年05月,国際会議(proceedingsあり)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,パソコンで見る流れの科学(CD-ROM付),矢川元基編,講談社ブルーバックス,2001年07月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本燃焼学会 美しい炎の写真展 最優秀作品賞「ナトリウム-水蒸気の対向流火炎」,山口 彰、高田 孝、出口祥啓,日本燃焼学会,2004年12月

  • 日本原子力学会賞高速炉賞受賞「高速炉の受動的安全性評価に関する研究」,山口 彰、丹羽 元、島川 佳郎,日本原子力学会,1994年03月