基本情報

写真b

山下 俊英

YAMASHITA Toshihide


キーワード

中枢神経回路

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-3661

FAX番号

06-6879-3669

URL

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/molneu/index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2001年02月01日 ~ 2003年10月31日,医学系研究科,助教授,専任

  • 2007年12月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 生体生理医学専攻,教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,教授,専任

  • 2009年04月01日 ~ 継続中,生命機能研究科 生命機能専攻,教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部 医学科 卒業 1990年03月
大阪大学 医学部  卒業 医学士 1990年03月
大阪大学 医学系研究科 脳神経外科 1996年05月
大阪大学 医学系研究科  中退 博士(医学)1997年取得 1996年05月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪厚生年金病院・臨床研修医 1990年06月 ~ 1991年05月
大阪大学医学部脳神経外科 1990年06月 ~ 1994年03月
大阪大学医学部付属病院・医員(研修医) 1991年06月 ~ 1991年11月
浅香山病院・医員 1991年12月 ~ 1992年06月
若草第一病院・脳神経外科医員 1992年07月 ~ 1993年06月
箕面市立病院・脳神経外科医員 1993年07月 ~ 1994年03月
大阪大学医学部分子脳機構助手 1996年06月 ~ 1997年10月
大阪大学医学部・寄附講座教員 1996年06月 ~ 1997年10月
大阪大学大学院医学系研究科助手 1997年11月 ~ 2001年01月
大阪大学医学部・助手 1997年11月 ~ 2001年01月
大阪大学大学院医学系研究科・助教授 2001年02月 ~ 2003年10月
千葉大学大学院医学研究院・教授 2003年11月 ~ 2007年11月
大阪大学大学院医学系研究科・教授 2007年12月 ~ 継続中
大阪大学大学院生命機能研究科 2009年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 中枢神経回路の再生と可塑性
    神経形態学関連

  • 中枢神経の再生

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本医師会

  • 日本解剖学会

  • 日本神経化学会

  • 日本神経科学会

  • 日本分子生物学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • B-1a lymphocytes promote oligodendrogenesis during brain development. ,Tanabe, S. and Yamashita, T. ,Nat. Neurosci. ,21, 506-516.,2018年04月,学術論文

  • Peripherally derived FGF21 promotes remyelination in the central nervous system.,Kuroda M, Muramatsu R, Maedera N, Koyama Y, Hamaguchi M, Fujimura H, Yoshida M, Konishi M, Itoh N, Mochizuki H, Yamashita T. ,Journal of Clinical Investigation,2017年08月,学術論文

  • Decreased cohesin in the brain leads to defective synapse development and anxiety-related behavior.,Fujita, Y., Masuda, K., Bando, M., Nakato, R., Katou, Y., Tanaka, T., Nakayama, M., Takao, K., Miyakawa, T., Tanaka, T., Ago, Y., Hashimoto, H., Shirahige, K. and Yamashita, T. ,J. Exp. Med.,214, 1431-1452,2017年04月,学術論文

  • A chromosome 16p13.11 microduplication causes hyperactivity through dysregulation of miR-484/protocadherin-19 signaling.,Fujitani M, Zhang S, Fujiki R, Fujihara Y, Yamashita T,Molecular psychiatry,22(3):364-374,2017年03月,学術論文

  • Dorsal horn interneuron-derived Netrin-4 contributes to spinal sensitization in chronic pain via Unc5B.,Hayano, Y., Takasu, K., Koyama, Y., Ogawa, K., Minami, K., Asaki, T., Kitada, K., Kuwabara, S. and Yamashita, T. ,J. Exp. Med. ,213, 2949-2966.,2016年12月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,~最新のゲノム編集/iPS細胞を含めた~動物/疾患モデルの作成技術・病態解析・評価手法,藤田幸、山下俊英,株式会社 技術情報協会,2017年08月

  • 専門著書,ミエリン:脳内環境辞典,濱口真慈, 村松里衣子, 山下俊英,メディカル ドゥ,ISBN,4944157649,2017年03月

  • 専門著書,Microglia in central nervous system repair after injury. ,Jin, X. and Yamashita, T.,J. Biochem.,2016年05月

  • 専門著書,脳神経系の発生・再生の融合的新展開,山下俊英,診断と治療社,2014年11月

  • 専門著書,Microglia, Neuroprotection and Regeneration for Retinal Diseases,Fujita, Y. and Yamashita, T.,Springer,2014年08月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,疼痛の予防または治療用医薬組成物およびRobo4を用いる疼痛抑制物質のスクリーニング方法,山下俊英、早野泰史,特願2016- 10956(出願),2016年01月

  • 日本,神経成長促進剤,山下俊英、藤田幸,特願2010-41180(出願),2010年02月

  • 日本,神経成長促進剤,山下俊英, 藤田幸,特願2010-41180(出願),2010年02月

  • 日本,T細胞活性化阻害剤、これを含有する医薬組成物およびT細胞活性化阻害物質のスクリーニング法,山下俊英、久保武一,特願2009-279189(出願),2009年12月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 文部科学大臣表彰科学技術賞,山下俊英,文部科学省,2014年04月

  • 大阪科学賞,山下俊英,大阪府、大阪市、財団法人大阪科学技術センター,2011年11月

  • 日本学術振興会賞,山下俊英,日本学術振興会,2010年03月

  • Ameritec Prize,山下俊英,Ameritec Foundation,2005年12月

  • 大阪大学総長顕彰(研究部門),山下俊英,大阪大学,2014年07月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 痛み増幅たんぱく質特定,読売新聞,2016年11月

  • 発達障害の原因遺伝子を特定,NHK,2016年07月

  • 発達障害ADHDの原因 特定の遺伝子重複,日本経済新聞,2016年07月

  • 血管から神経再生物質・脊髄損傷治療に期待,産経新聞,2013年02月

  • 阪大、神経細胞の難病「多発性硬化症」 における再生機能の一端解明,日刊工業新聞,2012年10月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • RGM Proteins in Health and Disease, New Therapeutic Opportunities ,登壇者,2016年04月

  • 第17回グリア研究会,第17回グリア研究会,2012年10月

  • 第1回大阪大学神経難病フォーラム,第1回大阪大学神経難病フォーラム,2012年08月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,The 1st RGM International Symposium,学会オーガナイザー,2016年04月

  • その他,第17回グリア研究会,会長,2012年10月

  • その他,第1回大阪大学神経難病フォーラム,幹事,2012年08月

  • その他,千里ライフサイエンス新適塾 「難病への挑戦」,コーディネーター,2010年01月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,1st International RGM Symposium,Organizer,2016年04月

  • 学会,グリア研究会,代表世話人,2008年04月 ~ 継続中

  • 学会,日本神経化学会,評議員,2007年09月 ~ 継続中

  • 学会,神経組織の成長・再生・移植研究会,幹事,2004年04月 ~ 継続中

  • 学会,日本解剖学会,評議員,2004年04月 ~ 継続中