基本情報

写真b

三﨑 亮

MISAKI Ryou


キーワード

動物細胞(メンブレントラフィック) 植物細胞(糖鎖工学)

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7238

FAX番号

06-6879-7454

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2009年08月01日 ~ 2012年04月15日,生物工学国際交流センター,助教,専任

  • 2012年04月16日 ~ 継続中,生物工学国際交流センター,講師,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 応用生物工学科 卒業 1997年03月
大阪大学 工学研究科 応用生物工学専攻 修了 1999年03月
大阪大学 工学研究科 応用生物工学専攻 修了 工学博士 2004年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学・生物工学国際交流センター・研究支援推進員 2003年05月 ~ 2004年12月
科学技術振興機構・研究補助員 2005年01月 ~ 2005年12月
科学技術振興機構・研究員 2006年01月 ~ 2008年04月
University of Queensland, Institute for Molecular Bioscience (Australia)・Post doctoral staff 2008年05月 ~ 2009年07月
大阪大学・生物工学国際交流センター・助教 2009年08月 ~ 2012年04月
大阪大学・生物工学国際交流センター・講師 2012年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 医療タンパク質を生産する有用バイオリアクターの開発
    生物有機化学関連

  • 細胞内膜輸送におけるリサイクリングエンドソームの機能解析
    細胞生物学関連

  • 動物培養細胞を利用した抗体をはじめとする医療タンパク質の効率的大量生産システムの開発

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会

  • 日本生化学会

  • 日本生物工学会

  • 日本動物細胞工学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Delta-9 fatty acid desaturase overexpression enhanced lipid production and oleic acid content in Rhodosporidium toruloides for preferable yeast lipid production,Tsai YY, Ohashi T, Wu CC, Bataa D, Misaki R, Limtong S, Fujiyama K,J Biosci Bioeng,2018年10月,https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389172318306881?via%3Dihub,学術論文

  • St6gal1 knockdown alters HBV life cycle in HepAD38 cells,Priyambada SA, Misaki R, Okamoto T, Ohashi T, Ueda K, Matsuura Y, Fujiyama K,Biochem Biophys Res Commun,503, 1841-1847,2018年09月,https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006291X18316267?via%3Dihub,学術論文

  • Isolation of a thermotolerant Rhodosporidium toruloides DMKU3-TK16 mutant and its fatty acid profile at high temperature,Wu CC, Tsai YY, Ohashi T, Misaki R, Limtong S, Fujiyama K,FEMS Microbiol Lett,365, fny203,2018年08月,https://academic.oup.com/femsle/advance-article/doi/10.1093/femsle/fny203/5075580,学術論文

  • Enhancement of glycosylation by stable co-expression of two sialylation-related enzymes on Chinese hamster ovary cells,Nguyen TS, Misaki R, Ohashi T, Fujiyama K,J Biosci Bioeng,126, 102-110,2018年07月,https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S138917231731023X?via%3Dihub,学術論文

  • The production of human β-glucocerebrosidase in Nicotiana benthamiana root culture,Naphatsamon U, Ohashi T, Misaki R, Fujiyama K,Int J Mol Sci,19, E1972,2018年07月,https://www.mdpi.com/1422-0067/19/7/1972,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,植物生産系を利用した糖タンパク質合成技術,「三﨑 亮」「藤山 和仁」,シーエムシー出版,2011年11月

  • 専門著書,ヒトに優しいものづくり~糖の鎖を介して~,三﨑 亮,生産と技術振興協会,2011年01月

  • 専門著書,Retrograde transport of glycolipid-bound toxins,Ryo Misaki, Tomohiko Taguchi,Springer,2008年08月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,植物型糖鎖を持つ糖タンパク質を動物型糖鎖を持つ糖タンパク質に変換する方法,藤山 和仁、関 達治、三﨑 亮,2002-45486(出願),2002年02月

  • 日本,混成型糖鎖の酵素的合成方法,藤山 和仁、関 達治、三﨑 亮、井戸 芳博,2000-234814(出願),2000年08月

報道 【 表示 / 非表示

  • 細胞のがん化にかかわるRasたんぱく質を細胞質へ運搬する経路を解明(新たな抗がん薬の開発などに貢献),日刊工業,2010年10月