基本情報

写真b

三成 賢次

MITSUNARI Kenji


キーワード

基礎法学,西洋法制史,比較法史

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 2008年04月30日,法学研究科 法学・政治学専攻,教授,専任

  • 2008年05月01日 ~ 2015年08月25日,法学研究科 附属法政実務連携センター,教授,専任

  • 2015年08月26日 ~ 継続中,大阪大学,理事,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 法学部 法学科 卒業 法学士 1980年03月
大阪大学 法学研究科 公法学専攻 修了 法学修士 1982年03月
大阪大学 法学研究科 公法学専攻 単位取得満期退学 1985年03月
大阪大学 法学研究科  博士(法学) 1999年01月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学法学部助手 1985年04月 ~ 1987年03月
大阪大学法学部助教授 1987年04月 ~ 1997年06月
大阪大学法学部教授 1997年07月 ~ 1999年03月
大阪大学大学院法学研究科教授 1999年04月 ~ 継続中
大阪大学評議員 2002年04月 ~ 2008年03月
大阪大学大学院法学研究科長・法学部長 2004年04月 ~ 2008年03月
大阪大学総長補佐 2007年08月 ~ 2009年08月
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター長 2011年04月 ~ 継続中
大阪大学全学教育推進機構・大学院横断教育部門長 2012年04月 ~ 継続中
大阪大学理事補佐(主担当:企画評価) 2012年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 近代ドイツ法史に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日独法学会

  • 比較法学会

  • 日本法社会学会

  • 法制史学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 書評・藤川直樹「ドイツ立憲君主政における王統と国家-ヘルマン・レームの公法学」,三成 賢次,法制史研究,64,2015年03月,書評

  • わが国における法学部教育の状況,三成 賢次,阪大法学,64-66,2015年03月,学術論文

  • 日本の学術基盤の現状,三成 賢次,ミニシンポ「変動期の学術基盤を考える―オランダ調査を手がかりに」,2015年01月,会議報告/口頭発表

  • 科研基盤研究B成果報告書「公文書管理法制の比較法政史 分析編」,三阪佳弘=瀧口剛=竹中浩=田中仁=中尾敏充=林智良=三成賢次,2014年03月,大学・研究所等の報告

  • 科研基盤研究B成果中間報告書「公文書管理法制の比較法政史 データブック編」,三阪佳弘=瀧口剛=竹中浩=田中仁=中尾敏充=林智良=三成賢次,2013年03月,大学・研究所等の報告

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • その他,科研費基盤研究(A)「トランスプロフェッショナル・リテラシーを備えた専門家養成基盤に関する模索的研究」研究成果報告書,三成賢次、福井康太、西本実苗ほか,トランスプロフェッショナル・リテラシー科研事務局,2016年03月

  • 専門著書,知のジムナスティックス 学問の臨床、人間力の鍛錬とは何か,大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD),大阪大学出版会,2012年03月

  • 一般著書,『ガンス法哲学講義1832/33 自然法と普遍法史』,三成賢次,法律文化社,2009年03月

  • 教科書,日本政治--過去と現在の対話,多胡圭一編,大阪大学出版会,2005年10月

  • 専門著書,ベイシック法学用語辞典,三成賢次,有斐閣,2001年01月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • トランスプロフェッショナル・リテラシーを社会に拡げるために,基調報告「わが国における学術政策の展開と大学教育改革の方向性について」,2015年09月

  • セミナー 変動期の学術基盤を考える― オランダ調査を手がかりに ―,「日本の学術基盤の現状」,2015年01月

  • 第5千葉大学普遍教育シンポジウム,大学大阪における大学院の教養教育- 知のジムナスティックスの試み -,2012年11月

  • 日本学術会議第2回基礎法学総合シンポジウム「法における国家、市場そして市民社会」,「<国家・市場・市民社会>と法の歴史-『公共なるもの』からの一考察」,2008年04月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • その他,大阪弁護士会,市民会議議長,2010年11月 ~ 2012年03月