基本情報

写真b

三浦 雅博

MIURA Masahiro


キーワード

有機化学, 有機工業化学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7360

FAX番号

06-6879-7362

URL

http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~miura-lab/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 応用化学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 応用化学科 卒業 1978年03月
大阪大学 工学研究科 プロセス工学専攻 修了 工学博士 1983年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1984年12月 ~ 継続中
大阪大学助教授 1994年04月 ~ 継続中
大阪大学教授 2005年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 新しい効率的触媒合成反応の開発
    構造有機化学および物理有機化学関連

  • 機能性芳香族化合物の設計と合成
    有機機能材料関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 石油学会

  • 日本エネルギー学会

  • 有機合成化学協会

  • 日本化学会

  • アメリカ化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Pd-Catalyzed Regioselective C–H Alkenylation and Alkynylation of Allylic Alcohols with the Assistance of a Bidentate Phenanthroline Auxiliary,S. Xu, K. Hirano, M. Miura,Org. Lett.,2020, 22, 9059-9064,2020年11月,学術論文

  • Divergent Synthesis of Isonitriles and Nitriles by Palladium-Catalyzed Benzylic Substitution with TMSCN,K. Asai, K. Hirano, M. Miura,J. Org. Chem.,2020, 85, 12703-12714,2020年09月,学術論文

  • Copper-Mediated Regioselective C–H Sulfenylation and Selenation of Phenols with Phenanthroline Bidentate Auxiliary,R. Kajiwara, K. Takamatsu, K. Hirano, M. Miura,Org. Lett.,2020, 22, 5915-5919,2020年07月,学術論文

  • Cu-Catalyzed Reductive gem-Difunctionalization of Terminal Alkynes via Hydrosilylation/Hydroamination Cascade: Concise Synthesis of a-Aminosilanes,S. Nishino, K. Hiran, M. Miura,Chem. Eur. J.,2020, 26, 8725-8728,2020年06月,学術論文

  • Synthesis of DPPP- and DPPPEN-Type Bidentate Ligands by Ring-Opening Diphosphination of Methylene- and Vinylcyclopropanes under Visible-Light-Promoted Photoredox Catalysis,Y. Kato, N. Otomura, K. Hirano, M. Miura,J. Org. Chem.,2020, 85, 5981-5994,2020年04月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,直接芳香族カップリング反応の設計と応用,三浦雅博,シーエムシー出版,ISBN,9784781314211,2019年05月

  • 専門著書,Science of Synthesis, (Vol. Catalytic Transformations via C—H Activation),T. Satoh, M. Miura,Georg Thieme,2014年05月

  • 専門著書,Metal-Catalyzed Cross-Coupling Reactions and More,T. Satoh, M. Miura,Wiley-VCH,ISBN,9783527331543,2014年01月

  • 専門著書,Transition-Metal-Mediated Aromatic Ring Construction,T. Satoh, M. Miura,John Wiley and Sons,ISBN,1118148924,2013年08月

  • 専門著書,Sustainable Catalysis: Challenges and Practices for the Pharmaceutical and Fine Chemical Industries,K. Hirano, M. Miura,Wiley,ISBN,978-1-118-15542-4,2013年04月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,りん光発光材料,三浦雅博、藤内謙光、中村彰太郎、森井克行、呉屋剛,2020-117599(公開),2019年01月

  • 日本,縮合多環式化合物,呉屋 剛、桑田 健二、森井克行、三浦雅博、戒田裕行,2019-19083(公開),2017年07月

  • 日本,縮合多環式化合物の製造方法,呉屋剛、森井克行、桑田健二、三浦雅博、戒田裕行,2018-90543(公開),2016年12月

  • 日本,環状イミド化合物およびその製造方法,三浦雅博、佐藤哲也、森田智、秋田三俊,2017-210466(公開),2016年07月

  • 日本,縮合多環式化合物の製造方法,三浦雅博、佐藤哲也、戒田裕行、呉屋剛,2017-171603(公開),2016年03月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会賞,三浦雅博,日本化学会,2020年03月

  • Highly Cited Researchers 2018,Masahiro Miura,Clarivate Anaytics,2018年04月

  • 石油学会賞,三浦雅博,石油学会,2016年02月

  • Humboldt Research Award,Masahiro Miura,Alexander Humboldt Foundation,2015年11月

  • 第13回GSC賞 文部科学大臣賞,三浦雅博・佐藤哲也・平野康次,公益社団法人 新化学技術推進協会,2014年05月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度 大阪大学 適塾記念講演会,「豊かな現代社会を支える有機合成化学の進化」,2016年12月

  • 第7回大阪大学共同研究講座シンポジウム~「Industry on Campus」は何をもたらしたか?~(実践現場から見た成果と課題),司会,2014年12月

  • 5th Asian European Symposium on Metal Mediated Efficient Organic Synthesis,Catalytic Coupling Directed by Anionic Oxygen Functions,2008年05月