基本情報

写真b

三浦 雅博

MIURA Masahiro


キーワード

有機化学, 有機工業化学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7360

FAX番号

06-6879-7362

URL

http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~miura-lab/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 応用化学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 応用化学科 卒業 1978年03月
大阪大学 工学研究科 プロセス工学専攻 修了 工学博士 1983年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1984年12月 ~ 継続中
大阪大学助教授 1994年04月 ~ 継続中
大阪大学教授 2005年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 新しい効率的触媒合成反応の開発
    構造有機化学および物理有機化学関連

  • 機能性芳香族化合物の設計と合成
    有機機能材料関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 石油学会

  • 日本エネルギー学会

  • 有機合成化学協会

  • 日本化学会

  • アメリカ化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Thioether-Directed Peri-Selective C-H Arylation under Rhodium Catalysis: Synthesis of Arene-Fused Thioxanthenes,Sanghung Moon, Yuji Nishii, Masahiro Miura,Organic Letters,21 233-236,2019年12月,https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.orglett.8b03675,学術論文

  • Copper‐Mediated Decarboxylative C–H Arylation of Phenol Derivatives with ortho‐Nitrobenzoic Acids Using Phenanthroline‐Based Bidentate Auxiliary,K. Takamatsu, Y. Hayashi, S. Kawauchi, K. Hirano, M. Miura,ChemistrySelect,2019, 4, 11833-11838,2019年11月,学術論文

  • Effect of Substitution Pattern of tert‐Butyl Group in a Bisbenzofuropyrazine Core π‐System on Optical Property: Unique Mechanochromic Fluorescence Behavior,Shotaro Nakamura, Norimitsu Tohnai, Yuji Nishii, Tomoaki Hinoue, Masahiro Miura,ChemPhotoChem,(3) 46-53,2019年10月,https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/cptc.201800189,学術論文

  • Rhodium-Catalyzed Cascade Annulative Coupling of 3,5-Diarylisoxazoles with Alkynes,Teppei Noguchi, Yuji Nishii, Masahiro Miura,Synthesis,(51) 258-270,2019年09月,https://www.thieme-connect.com/products/ejournals/abstract/10.1055/s-0037-1610376,学術論文

  • Pyridine-directed Rh-catalyzed C6-selective C-H Acetoxylation of 2-Pyridones,S. Hazra, K. Hirano, M. Miura,Heterocycles,2019, 101, Prepress,2019年08月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,直接芳香族カップリング反応の設計と応用,三浦雅博 他,シーエムシー出版,ISBN,978-4-7813-1421-1,2019年05月

  • 専門著書,Science of Synthesis, (Vol. Catalytic Transformations via C—H Activation),T. Satoh, M. Miura,Georg Thieme,2014年05月

  • 専門著書,Metal-Catalyzed Cross-Coupling Reactions and More,T. Satoh, M. Miura,Wiley-VCH,ISBN,9783527331543,2014年01月

  • 専門著書,Transition-Metal-Mediated Aromatic Ring Construction,T. Satoh, M. Miura,John Wiley and Sons,ISBN,1118148924,2013年08月

  • 専門著書,Sustainable Catalysis: Challenges and Practices for the Pharmaceutical and Fine Chemical Industries,K. Hirano, M. Miura,Wiley,2013年04月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,縮合環化合物及びその製造方法、重合体、これらを含む有機薄膜、並びに、これを備える有機薄膜素子及び有機薄膜トランジスタ,三浦雅博、佐藤哲也、渡辺博之、上田将人,2007-269775(公開),2007年02月

  • 日本,縮合環化合物の製造方法,三浦 雅博、佐藤 哲也、渡辺 博之、上田 将人,2007-238563(公開),2006年03月

  • 日本,脂環式化合物の脱水素触媒,松井久次,山口千春,野村正勝,三浦雅博,佐藤哲也,2003-320251(公開),2003年02月

  • 日本,芳香族化合物の製造方法,三浦雅博,佐藤哲也,野村正勝,2003-95995(公開),2001年09月

  • 日本,脂環式化合物の脱水素触媒,松井久次,山口千春,野村正勝,三浦雅博,佐藤哲也,特開2003-320251(登録),2001年04月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Highly Cited Researchers 2015,Masahiro Miura,Thomson Reuters,2016年04月

  • 石油学会賞,三浦雅博,石油学会,2016年02月

  • Humboldt Research Award,Masahiro Miura,Alexander Humboldt Foundation,2015年11月

  • 第13回GSC賞 文部科学大臣賞,三浦雅博・佐藤哲也・平野康次,公益社団法人 新化学技術推進協会,2014年05月

  • 第3回リサーチフロントアワード,三浦雅博、佐藤哲也,トムソン・ロイター社,2012年02月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度 大阪大学 適塾記念講演会,「豊かな現代社会を支える有機合成化学の進化」,2016年12月

  • 第7回大阪大学共同研究講座シンポジウム~「Industry on Campus」は何をもたらしたか?~(実践現場から見た成果と課題),司会,2014年12月

  • 5th Asian European Symposium on Metal Mediated Efficient Organic Synthesis,Catalytic Coupling Directed by Anionic Oxygen Functions,2008年05月