基本情報

写真b

坂和 洋一

SAKAWA Youichi


キーワード

レーザーとプラズマの相互作用

メールアドレス

メールアドレス

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2006年01月01日 ~ 2007年03月31日,レーザーエネルギー学研究センター,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2017年04月30日,レーザーエネルギー学研究センター,准教授,専任

  • 2017年05月01日 ~ 継続中,レーザー科学研究所,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 電気工学科 卒業 学士 1984年03月
大阪大学 工学研究科 電気工学専攻 修了 修士 1986年03月
米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) 工学研究科 電気工学専攻 修了 Ph. D 1992年01月

職歴 【 表示 / 非表示

名古屋大学・助手 1992年02月 ~ 2005年12月
大阪大学・准教授 2006年01月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • レーザー宇宙物理、レーザー核融合、レーザープラズマ相互作用
    プラズマ科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

  • プラズマ・核融合学会

  • レーザー学会

  • American Physical Society (APS)

  • 日本地球惑星科学連合

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Laboratory Observation of Radiative Shock Deceleration and Application to SN 1987A,Th. Michel, B. Albertazzi, P. Mabey, G. Rigon, F. Lefevre, L. Van Box Som, P. Barroso, S. Egashira, R. Kumar, C. Michaut, M. Ota, N. Ozaki, Y. Sakawa, T. Sano, E. Falize, and M. Koenig,The Astrophysical Journal,888, 25-1-5,2020年01月,学術論文

  • Ion acceleration by high-intensity laser-driven electrostatic collisionless shock,Y. Sakawa, R. Kumar, M. Ota, S. Egashira, M. Kanasaki, Y. Fukuda, L. Döhl, N. Woolsey, and A. Morace,3rd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics (AAPPS-DPP2019),2019年11月,国際会議(proceedingsなし)

  • Presence and future of X-ray scattering techniques for the understanding of ultra-short pulse laser matter interactions,Thomas Kluge, Melanie Rödel, Lennart Gaus, Michael Bussmann, Eric Galtier, Alejandro Laso Garcia, Siegfried Glenzer, Christian Gutt, Hae Ja Lee, Josefine Metzkes-Ng, Bob Nagler, Motoaki Nakatsutsumi, Masato Ota, Alexander Pelka, Irene Prencipe, Lisa Randolph, Martin Rehwald, Youichi Sakawa, Hans-Peter Schlenvoigt, Thomas E Cowan, Ulrich Schramm,61th Annual Meeting of the APS Division of Plasma Physic,2019年10月,国際会議(proceedingsなし)

  • Power-laser driven collisionles shock generation and particle acceleration,Y. Sakawa,International Workshop on Laboratory Astrophysics (IWLA2019),2019年10月,国際会議(proceedingsなし)

  • Effect of electrostatic ion two-stream instability on the laser-driven collisionless shock ion acceleration in multi-ion species plasma,Y. Sakawa, R. Kumar, A. Morace, L. N. K. Doehl, N. Woolsey,,the 15th symposium of Interrelationship between Plasma Experiments in the Laboratory and in Space (IPELS2019),2019年09月,国際会議(proceedingsなし)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,プラズマエネルギーのすべて,坂和洋一 共著,日本実業出版社,ISBN,978-4534041913,2007年02月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,緻密な硬質薄膜の形成装置及び硬質薄膜の形成方法,阿川 義昭,内藤 哲郎,節原 裕一,坂和 洋一,特開2002-085963(公開),2000年09月

  • 日本,プラズマ発生装置並びにこの装置を利用した緻密な硬質薄膜の形成装置及び硬質薄膜の形成方法,阿川 義昭、内藤 哲郎、節原 裕一、坂和 洋一,特開2002-069635(公開),2000年09月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成29年度 大阪大学賞 大学運営部門,坂和洋一,大阪大学,2017年11月

  • 2007 Daiwa-Adrian Prize,Ryosuke KODAMA, Kunioki Mima, Kazuo A. Tanaka, Hiroshi Azechi, Keisuke Shigemori, Yoichi Sakawa, Hideaki Habara, Norimasa Ozaki, Peter Norreys, Steven ROSE, Mike Dune, Justin WARK, Matthew Zepf, Nigel Woolsey, Kathryn Lancaster, Gregori Gianlucca,The Daiwa Anglo-Japanese Foundation,2007年12月

報道 【 表示 / 非表示

  • 宇宙のエネ変換、阪大が高出力レーザーで再現 プラズマ性質解 明へ,日刊工業新聞,2018年12月

  • 阪大 レーザーを使った実験で超新星爆発の磁場を作れる事を証明,財経新聞,2015年02月

  • 阪大、秒速1000km対向プラズマ流生成し乱 流磁場を観測,日刊工業新聞,2015年01月

  • 超新星爆発と同じ衝撃波、阪大など磁場発生成功,日本経済新聞,2015年01月

  • 超新星爆発衝撃波を再現,朝日新聞,2012年10月

全件表示 >>

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,3rd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics AAPPS-DPP2019,International Organizing Committee, Scientific Program Committee,2019年11月

  • 国際会議,2nd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics AAPPS-DPP2018,International Organizing Committee,2018年11月

  • 国際会議,12th International Conference on High Energy Density Laboratory Astrophysics HEDLA2018,SCIENTIFIC ORGANIZING COMMITTEE, Local Executive Committee (Chair),2018年05月

  • 国際会議,11th International Conference on High Energy Density Laboratory Astrophysics HEDLA2016,SCIENTIFIC ORGANIZING COMMITTEE,2016年05月

  • 国際会議,25th International Toki Conference 2015 ITC25,Technical Program Committee,2015年11月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,プラズマ・核融合学会 広報委員会,委員,2008年04月 ~ 2014年03月

  • 学会,プラズマ・核融合学会 企画委員会第2小委員会,委員,2004年04月 ~ 2006年03月

  • 学会,日本物理学会 領域2,世話人,2002年04月 ~ 2004年03月

  • 学会,第19回プラズマ・核融合学会年会 現地企画委員会,委員,2002年04月 ~ 2003年03月

  • 学会,応用物理学会「科学と生活のフェスティバル」現地実行委員,委員,2001年04月 ~ 2002年03月

全件表示 >>