基本情報

写真b

KIM MEE HAE

KIM Meehae


キーワード

再生医療、細胞挙動、細胞分化、培養手法設計

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7445

FAX番号

06-6879-4246

性別

女性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月01日 ~ 2008年10月31日,基礎工学研究科 物質創成専攻,特任研究員,専任

  • 2010年04月01日 ~ 2016年12月31日,工学研究科 生命先端工学専攻,助教,専任

  • 2017年01月01日 ~ 継続中,工学研究科 生命先端工学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学研究科 応用生物工学専攻(バイオテクノロジ英語特別コース) 修了 修士(工学) 2004年09月
大阪大学 工学研究科 応用生物工学専攻(バイオテクノロジ英語コース) 修了 博士(工学) 2007年09月

職歴 【 表示 / 非表示

(株)ジニス生命工学 ・研究員 2002年04月 ~ 2002年08月
大阪大学大学院基礎工学研究科・ COE特任研究員 2007年10月 ~ 2008年10月
大阪大学大学院基礎工学研究科・JSPS外国人特別研究員 2008年11月 ~ 2010年03月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生物工学会

  • 日本化学工学会

  • 日本バイオマテリアル学会

  • 日本再生医療学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Enhanced production of benzoylformate reductase in Enterococcus faecalis under oxidative stress,Baik S.-H., Cho P.-K., Kim M.-H. and Yun S.-E.,13(1), 104-109,2003年01月,学術論文

  • Comparison of growth kinetics between static and dynamic cultures of human induced pluripotent stem cells.,Yuma Kato, Mee-Hae Kim, and Masahiro Kino-oka,Journal of bioscience and bioengineering,Vol.125, No.6, pp.736-740,2018年06月,学術論文

  • Botulinum hemagglutinin-mediated in situ break-up of human induced pluripotent stem cell aggregates for high-density suspension culture.,Suman C. Nath, Tomohiro Tokura, Mee-Hae Kim, Masahiro Kino-oka,Biotechnology and Bioengineering ,Vol.115, No.4, pp.910-920,2018年04月,学術論文

  • Maintenance of human chondrogenic phenotype on a dendrimer-immobilized surface for an application of cell sheet engineering,Sopita Wongin, Saranatra Waikakul, Pojchong Chotiyarnwong, Wanwipa Siriwatwechakul, Masahiro Kino-oka, Mee-Hae Kim and Kwanchanok, Viravaidya-Pasuwat,BMC Biotechnology,Vol.18, No.14,2018年03月,https://bmcbiotechnol.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12896-018-0426-1,学術論文

  • A Simple and Robust Method for Culturing Human-Induced Pluripotent Stem Cells in an Undifferentiated State Using Botulinum Hemagglutinin,Mee-Hae Kim, Yoshifumi Matsubara, Yukako Fujinaga, and Masahiro Kino-oka,Biotechnology Jounal,Vol.13, No.2, pp.1700384 (1-10),2018年02月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,細胞・生体分子の固定化と機能発現,金 美海他,シーエムシー出版,2018年05月

  • 専門著書,”第11章 再生医療の展開と技術開発の考え方”,再生医療規制の動向と製品開発および産業化の注意点,紀ノ岡正博,金 美海,(株)情報機構,ISBN,978-4-86502-081-6,2015年03月

  • 専門著書,“培養面を利用した細胞骨格の制御と分化誘導”, 「医学のあゆみ」,金美海,紀ノ岡正博,医歯薬出版(株),2011年09月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,細胞固定化方法,細胞評価方法および細胞培養方法,田谷正仁,紀ノ岡正博,八木清仁,川瀬雅也,幡多徳彦,金美海,2004-056774(出願),2004年01月

  • 日本,間葉系幹細胞の分化誘導方法,紀ノ岡 正博,金 美海,田谷 正仁,2009-022871(出願),2009年01月

受賞 【 表示 / 非表示

  • The YABEC Award for The Most Powerful Poster Presentation賞,Kim M.-H.,The 10th Symposium of Young Asian Biochemical Engineers' Community 2004 (YABEC 2004),2004年09月