基本情報

写真b

佐藤 荘

SATOH Takashi


キーワード

免疫学,マクロファージ,線維症

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月01日 ~ 2011年06月30日,免疫学フロンティア研究センター,特任研究員,専任

  • 2011年07月01日 ~ 2012年03月31日,免疫学フロンティア研究センター,特任研究員(常勤),専任

  • 2012年04月01日 ~ 2013年04月30日,免疫学フロンティア研究センター,特任助教(常勤),専任

  • 2013年05月01日 ~ 2018年03月31日,微生物病研究所,助教,専任

  • 2018年04月01日 ~ 継続中,免疫学フロンティア研究センター,准教授,専任

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Regnase-1-mediated post-transcriptional regulation is essential for hematopoietic stem and progenitor cell homeostasis.,Kidoya H, Muramatsu F, Shimamura T, Jia W, Satoh T, Hayashi Y, Naito H, Kunisaki Y, Arai F, Seki M, Suzuki Y, Osawa T, Akira S, Takakura N.,Nat Commun.,10(1) 1072,2019年03月,学術論文

  • TAK1 Prevents Endothelial Apoptosis and Maintains Vascular Integrity.,Naito H, Iba T, Wakabayashi T, Tai-Nagara I, Suehiro JI, Jia W, Eino D, Sakimoto S, Muramatsu F, Kidoya H, Sakurai H, Satoh T, Akira S, Kubota Y, Takakura N.,Dev Cell. ,48(2) 151-166,2019年01月,学術論文

  • USP15 participates in HCV propagation through the regulation of viral RNA translation and lipid droplet formation.,Kusakabe S, Suzuki T, Sugiyama Y, Haga S, Horike K, Tokunaga M, Hirano J, He Z, Chen DV, Ishiga H, Komoda Y, Ono C, Fukuhara T, Yamamoto M, Ikawa M, Satoh T, Akira S, Tanaka T, Moriishi K, Fukai M, Taketomi A, Yoshio S, Kanto T, Suzuki T, Okamoto T, Matsuura Y.,J Virol.,2019年01月,学術論文

  • Regnase-1 controls colon epithelial regeneration via regulation of mTOR and purine metabolism.,Nagahama Y, Shimoda M, Mao G, Singh SK, Kozakai Y, Sun X, Motooka D, Nakamura S, Tanaka H, Satoh T, Maeda K, Akira S.,Proc Natl Acad Sci U S A. ,115(43):11036-11041,2018年10月,学術論文

  • Infection with flaviviruses requires BCLXL for cell survival.,Suzuki T, Okamoto T, Katoh H, Sugiyama Y, Kusakabe S, Tokunaga M, Hirano J, Miyata Y, Fukuhara T, Ikawa M, Satoh T, Yoshio S, Suzuki R, Saijo M, Huang DCS, Kanto T, Akira S, Matsuura Y.,4(9):e1007299,2018年09月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,分子呼吸器病「疾患特異的マクロファージの機能的多様性~線維症型マクロファージSatM~」,佐藤 荘,先端医学社,ISBN,978-4-86550-328-9,2018年03月

  • 専門著書,CLINICAL CALCIUM 「疾患特異的マクロファージ」,佐藤 荘,医薬ジャーナル社,2017年06月

  • 専門著書,実験医学 「疾患特異的マクロファージの機能的多様性と分化メカニズム」,佐藤 荘,羊土社,2017年06月

  • 専門著書,最新医学 慢性炎症性疾患の新たな展開 「慢性炎症疾患と疾患特異的マクロファージサブタイプの機能多様性」,佐藤 荘,最新医学社,2016年11月

  • 専門著書,医学のあゆみ M2マクロファージの機能・多様性 -疾患特異性とマクロファージサブタイプとの関連,佐藤 荘,医歯薬出版,2016年10月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成29年度大阪大学賞,佐藤 荘,大阪大学,2017年11月

  • 平成29年度科学技術分野 文部科学大臣表彰 若手科学者賞,佐藤 荘,文部科学省,2017年04月

  • 第13回麒麟児賞,佐藤 荘,血液学若手研究者勉強会,2017年01月

  • 大阪大学総長奨励賞,佐藤 荘,大阪大学,2015年07月

  • 2014年 日本免疫学会 第9回研究奨励賞,佐藤 荘,日本免疫学会,2014年12月

報道 【 表示 / 非表示

  • マウスの肺 生きたまま観察 阪大MRI、難病に光,日本経済新聞,2017年01月

  • 「線維症」発症関与の細胞 阪大など発見 治療薬開発に期待,読売新聞,2016年12月

  • 線維症に関与の免疫細胞特定,NHK,2016年12月

  • 大阪大学が新しい細胞を発見・不治の病”線維症”治療に希望,読売テレビ,2016年12月

  • 難病の肺線維症引き起こす細胞を発見 阪大など,朝日新聞,2016年12月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • サイエンスカフェ,「オンザエッジー病気ごとに異なる、新種マクロファージの発見」,2017年04月