基本情報

写真b

佐藤 尚弘

SATO Takahiro


キーワード

高分子溶液学

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1996年07月01日 ~ 2002年10月31日,理学研究科 高分子科学専攻,助教授,専任

  • 2002年11月01日 ~ 継続中,理学研究科 高分子科学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 高分子学科 卒業 1980年03月
大阪大学 理学研究科 高分子学専攻 修了 1982年03月
大阪大学 理学研究科 高分子学専攻 単位取得満期退学 1985年03月

職歴 【 表示 / 非表示

アメリカ合衆国国立標準局客員研究員 1985年10月 ~ 1986年12月
大阪大学助手 1987年03月 ~ 1996年06月
大阪大学助教授 1996年07月 ~ 2002年10月
大阪大学教授 2002年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 会合性高分子溶液の研究
    高分子化学関連

  • 液晶性高分子の溶液物性に関する研究
    高分子化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ化学会

  • 日本レオロジー学会

  • 日本化学会

  • 高分子学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Double Screw-Sense Inversions of Helical Chiral-Achiral Random Copolymers of Fluorene Derivatives in Phase Separating Solutions,Yusuke Sanada, Ken Terao, and Takahiro Sato,Polymer Journal,43巻10号832–837頁,2011年10月,学術論文

  • Induced circular dichroism of an optically activepolyfluorene derivative in phase-separating solutions,Yusuke Sanada and Takahiro Sato,Polym. J.,Vol. 42, 195-200,2010年03月,学術論文

  • Self-Assembly of Amphiphilic Amylose Derivatives in Aqueous Media,Yuki Kameyama, Shinichi Kitamura, Takahiro Sato, Ken Terao,Langmuir,35(20) 6719-6726,2019年05月,学術論文

  • Lyotropic Liquid Crystallinity of Linear and Star Poly(quinoxaline-2,3-diyl)s: Isotropic-Liquid Crystal Phase Equilibria in Tetrahydrofuran,Hirokazu Hasegawa, Ken Terao, Takahiro Sato, Yuuya Nagata, Michinori Suginome,Macromolecules,52(9) 3151-3574,2019年05月,学術論文

  • 分子キャラクタリゼーションと溶液中での自己集合体形成,高橋倫太郎,佐藤尚弘,日本化学会編,構造制御による革新的ソフトマテリアル創成-ブロック共重合体の精密階層制御・解析・機能化,CSJカレントレビュー29,化学同人;京都, 30-39,2019年01月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,基礎高分子科学演習,佐藤尚弘,東京化学同人,2011年07月

  • 教科書,物理化学実験法,佐藤尚弘,東京化学同人,2011年09月

  • 専門著書,Bioinspired Materials Science and Engineering,Guang Yang, Lin Xiao, Lallepak Lamboni, eds.,Wiley & Sons,ISBN,9781119390350,2018年07月

  • 教科書,光散乱法の基礎と応用,柴山充弘, 佐藤尚弘, 岩井俊昭, 木村康之,講談社,ISBN,978-4-06-154387-4,2014年11月

  • 専門著書,高分子の構造と物性,松下裕秀,佐藤尚弘,金谷利治,伊藤構造,渡辺宏,田中敬二,下村武史,井上正志,講談社,ISBN,978-4-06-154380-5,2013年05月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 高分子学会賞,佐藤尚弘,高分子学会,2008年05月

  • 日本レオロジー学会有功賞,佐藤 尚弘,日本レオロジー学会,1999年06月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学理学部・理学研究科第5回 研究交流セミナー,「高分子とナノテクノロジー」,2016年06月

  • 豊中市サイエンスカフェ,ゴムはなぜ伸びるのか~ものの性質の不思議~,2010年11月

  • 小学生サイエンススクール,身の回りのものの科学,2010年08月

  • ひらめき☆ときめき サイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI,身の回りを化学の目で見れば,2010年07月

  • 高分子シミュレーション基礎講座,溶液中における高分子鎖の分子特性解析、高分子電解質の分子形態,2010年01月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,7th Osaka University Macromolecular Symposium (OUMS'09),2009年12月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,高分子学会,「高分子」編集委員,2007年06月 ~ 継続中