基本情報

写真b

佐藤 元

SATOU Hajime


キーワード

口腔生理学, 神経生理学

URL

http://web.dent.osaka-u.ac.jp/~phys/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月01日 ~ 2007年06月30日,歯学研究科 統合機能口腔科学専攻,特任研究員,専任

  • 2007年07月01日 ~ 2012年03月31日,歯学研究科 統合機能口腔科学専攻,助教,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,歯学研究科 口腔科学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東北大学 歯学部 歯学科 卒業 2002年03月
大阪大学 歯学研究科 分子病態口腔科学専攻 修了 上肢外転筋運動単位動員における顎口腔感覚情報の役割 2006年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院歯学研究科 統合機能口腔科学専攻 高次脳口腔機能学講座  2007年07月 ~ 継続中
神戸常磐大学 非常勤講師 2014年04月 ~ 継続中
大阪大学大学院歯学研究科 COE特任研究員 2006年04月 ~ 2007年06月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 島皮質における周期的同期化機構の解明とその機能的役割
    常態系口腔科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 歯科基礎医学会

  • Society for neuroscience

  • 日本神経科学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • パーキンソン病の前駆症状として味覚障害を発症する実験モデル動物の開発,佐藤元,尹東旭,豊田博紀,片桐綾乃,加藤隆史,第13回 三叉神経領域の感覚-運動統合機構研究会,2019年11月,会議報告/口頭発表

  • マウス島皮質のシナプス長期増強におけるニコチン受容体の役割,豊田博紀,佐藤元,加藤隆史,第61回歯科基礎医学会学術集会,2019年10月,会議報告/口頭発表

  • モデル動物を用いた味覚障害発症機構の解明,佐藤元,尹東旭,豊田博紀,片桐綾乃,加藤隆史,第61回歯科基礎医学会学術集会,2019年10月,会議報告/口頭発表

  • 口腔機能発達における間歇的低酸素負荷の影響,下田麻央,豊田 博紀,片桐綾乃,佐藤 元,秋山茂久,加藤 隆史,第61回歯科基礎医学会学術大会,2019年10月,会議報告/口頭発表

  • マウス島皮質錐体細胞のシナプス伝達および可塑性に対するニコチン受容体の作用., 豊田博紀, 佐藤元, 尹東旭, 加藤隆史.,第111回近畿生理学談話会,2018年11月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Recruitment of masseter motoneurons by the presumed spindle Ia inputs. In: Breath, Walk and Chew - The Neural Challenge: Part I,Kang Y, Saito M, Toyoda H, Sato M,Elsevier,2010年06月

  • 専門著書,Recruitment of masseter motoneurons by spindle Ia inputs and its modulation by leak K+ channels. In: Interface Oral Health Science,Kang Y, Toyoda H, Saito M, Sato H,Springer,2010年06月

  • 一般著書,スポーツは良い歯から,前田芳信,大阪大学出版会,2005年07月

  • 専門著書,いびき・睡眠時無呼吸防止装置 サイレンサー製作マニュアル,前田芳信, 松田信介, Hans-Peter Kopp,永末書店,2004年10月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学総長奨励賞(研究部門),佐藤元,大阪大学,2014年07月

  • 第11回弓倉学術奨励賞,佐藤元,大阪大学歯学会,2008年10月

  • 日本スポーツ歯科医学会優秀賞,佐藤元,日本スポーツ歯科医学会,2006年07月