基本情報

写真b

佐々木 勝

SASAKI Masaru


キーワード

労働経済学

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://sites.google.com/site/masarusasakilab/home

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月01日 ~ 2007年03月31日,経済学研究科 経済学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2008年03月31日,経済学研究科 経済学専攻,准教授,専任

  • 2008年04月01日 ~ 2011年03月31日,社会経済研究所,准教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 2012年03月31日,経済学研究科 政策専攻,准教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,経済学研究科 経済学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

テンプル大学 教養学部  卒業 BA in Economics 1993年08月
ジョージタウン大学 経済学研究科  修了 Ph.D in Economics 1998年08月

職歴 【 表示 / 非表示

世界銀行(ワシントンDC)コンサルタント 1998年06月 ~ 2000年06月
アジア開発銀行(マニラ)エコノミスト 2000年08月 ~ 2001年03月
関西大学経済学部専任講師 2001年04月 ~ 2004年03月
大阪大学大学院経済学研究科助教授 2004年04月 ~ 2007年03月
大阪大学大学院経済学研究科准教授 2007年04月 ~ 2008年03月
大阪大学社会経済研究所 准教授 2008年04月 ~ 2011年03月
大阪大学大学院経済学研究科准教授 2011年04月 ~ 2012年03月
大阪大学大学院経済学研究科教授 2012年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 労働経済学や失業問題に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ経済学会

  • 日本経済学会

  • Society of Labor Economists

  • Econometric Society

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Employment and hours over the business cycle in a model with search frictions,Noritaka Kudoh, Hiroaki Miyamoto, Masaru Sasaki,2018年10月,学術論文

  • Migration and Natural Disaster: Ex-ante Preparedness and Contribution to Ex-post Community Recovery,Masaru Sasaki,Pramod Kumar Sur,Migration Studies,online,2018年03月,学術論文

  • Testing Reference-Dependent Model: A Laboratory Search Experiment,Masaru Sasaki,東京労働経済研究会,2018年01月,学術論文

  • 気鋭の経済論点 「お受験」偏重に警鐘 部活動で将来賃金は1割増加,佐々木勝,日経ビジネス,(1922),2017年12月,解説・総説

  • ランナーの心理 行動経済学で見る目標タイム ゴール前の加速に科学的根拠,佐々木勝,週刊エコノミスト,95(49),2017年12月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか,玄田有史編,慶應義塾大学出版会,ISBN,978-4-7664-2407-2,2018年04月

  • 専門著書,『日本の労働市場 経済学者の視点』,川口大司編,有斐閣,ISBN,978-4-641-16512-0,2017年11月

  • 専門著書,Behavioral Interactions, Markets, and Economic Dynamics,shinsuke Ikeda, Hideaki Kiyoshi Kato, Fumio Ohtake, Yoshiro Tsutsui Editors,Springer,ISBN,978-4-431-55500-1,2016年01月

  • 一般著書,雇用(上)-「攻め」の労働移動支援を 『日本再生 改革の論点』,佐々木勝,日本経済新聞社,2014年01月

  • 専門著書,Child labor, Schooling and Poverty in Latin America (in Child Labor and Education in Latin America: An Economic Perspective edited by P. F. Orazem, G. Sedlacek, and Z.Tzannatos),Masaru Sasaki (with G. Sedlacek, S. Duryea and N. Ilahi),Palgrave Macmillian,2009年04月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第8回労働関係論文優秀賞(ハローワークの窓口紹介業務とマッチングの効率性『日本労働研究雑誌』2007年10月号掲載),佐々木 勝,労働政策研究研修機構,2008年09月

報道 【 表示 / 非表示

  • ギャクテン教室:「みんな働いているのにもらうお金が違うのはなんで?」 ,NHK総合,2013年08月

  • 震災復興、絆の復活は至難の業,2013-2014年版 新しい経済の教科書,2013年07月

  • 成長戦略を問う―雇用(上),日本経済新聞,2013年06月

  • 震災復興、絆の復活は至難のわざ-阪神大震災被災地になお残る「ソーシャル・キャピタル」崩壊の傷跡,日経ビジネスオンライン,2013年03月

  • 企業がスポーツチームを持つのは得か損か,フロムページ夢ナビWeb,2013年02月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • ナレッジキャピタル超学校 大阪大学×KNOWLEDGE CAPITALわたしの研究、今、ココです!,第二回 経済学とモラル~社会規範を規定する制度設計,2018年10月

  • 夢ナビライブ2017 名古屋会場 講義ライブ,部活をやめると出世しないって、ホント?,2017年07月

  • 夢ナビライブ2017 名古屋会場 夢ナビTALK,経済学とモラル,2017年07月

  • 大阪府高齢者大学校,高齢者雇用の現状と課題,2017年03月

  • シニア就業促進研究会・シニアワークセンターとよなか,高齢者雇用の現状について,2017年02月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,Annual Meeting of the Asian-Pacific Economic Association ,local organizer ,2013年07月

  • 国内重要会議,日本経済学会(2013年春季大会),プログラム委員,2013年06月

  • 国内重要会議,第7回応用計量経済学コンファレンス,プログラム委員,2012年11月

  • 国内重要会議,第15回労働経済学コンファレンス,プログラム委員,2012年09月

  • 国際会議,第4回Search Theory Conference,オーガナイザー,2012年03月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • その他,関西労働研究会,主査,2012年06月 ~ 継続中

  • 公益法人,独立行政法人 労働政策研究・研修機構,日本労働研究雑誌編集委員,2011年03月 ~ 継続中