基本情報

写真b

今野 巧

KONNO Takumi


キーワード

錯体化学

メールアドレス

メールアドレス

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2000年10月01日 ~ 継続中,理学研究科 化学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

筑波大学 第一学群  卒業 1980年03月
筑波大学 化学研究科  修了 理学博士 1985年03月

職歴 【 表示 / 非表示

筑波大学研究協力課文部技官(化学系準研究員) 1985年04月 ~ 1986年03月
米国シンシナチ大学化学科博士研究員 1986年03月 ~ 1987年08月
筑波大学助手 1987年10月 ~ 1994年10月
筑波大学講師 1994年11月 ~ 1996年12月
群馬大学助教授 1997年01月 ~ 1998年03月
群馬大学教授 1998年04月 ~ 2000年09月
大阪大学教授 2000年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 金属錯体の合成、構造、物性、および反応性の研究
    無機・錯体化学関連

  • 金属錯体の段階的集積化によるを超分子金属錯体の開発
    無機・錯体化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 錯体化学会

  • アメリカ化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Sodium [N,N’-ethylenebis(D-penicillaminato)]indate(III) tetrahydrate,N. Yoshinari, T. Konno,IUCrData,2019, 4, x191529,2019年11月,学術論文

  • Counter‐Anion‐Regulated Mixed‐Valency of Cobalt(II/III) Centers in a Metallosupramolecular Framework,A. Hashimoto, N. Yoshinari, M. Nakano, T. Konno,Chemistry An Asian Journal,2019, 14, 4013-4016,2019年11月,学術論文

  • Structurally Precise Silver Sulfide Nanoclusters Protected by Rhodium(III) Octahedra with Aminothiolates,M. Ueda, Z. L. Goo, K. Minami, N. Yoshinari, T. Konno,Angew. Chem. Int. Ed.,58(41) 14673-14678,2019年10月,学術論文

  • Controlled Formation of Thiol‐Thiolate Hydrogen versus Disulfide Bonds between Two Iridium(III) Centers,K. Minami, N. Kuwamura, N. Yoshinari, T. Konno,Chem. Asian J.,14(19) 3291-3294,2019年10月,学術論文

  • Conversion of 12-Membered D3- and L3-CoIII3CdII3 Metallorings into a 24-Membered D3L3-CoIII6CdII6 Metalloring,D. Hayashi, N. Yoshinari, and T. Konno,Chem. Commun.,55(7) 921-924,2019年01月,http://dx.doi.org/10.1039/C8CC09121H,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 辞典,錯体化合物辞典,増田秀樹、他256名,朝倉書店,ISBN,978-4-254-14105-4 C3543,2019年09月

  • 専門著書,Coordination Molecular Technology in Molecular Technology, Volume 4: Synthesis Innovation,N. Yoshinari, T. Konno (H. Yamamoto, T. Kato Ed.),Wiley-VCH,ISBN,3527345884,2019年05月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,イオン性固体,今野巧,吉成信人,桑村直人,小島達弘,2019-083954(出願),2019年04月

  • 日本,熱電変換素子,今野巧, 山下智史, 中澤康浩, 吉成信人,2018-086168(出願),2018年04月

  • PCT,イオン性固体,今野巧, 吉成信人,PCT/JP2017/039329(出願),2017年10月

  • PCT,新規誘電材料,今野巧, 山下智史,PCT/JP2017・033629(出願),2017年09月

  • 日本,イオン性固体,今野巧, 吉成信人,2016-212460(出願),2016年10月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会第34回学術賞,今野 巧,日本化学会,2017年03月

  • BCSJ Award Article,R. Lee, A. Igashira-Kamiyama, M. Okumura, T. Konno,日本化学会,2013年08月

  • BCSJ Award Article,今野 巧,日本化学会,2013年08月

報道 【 表示 / 非表示

  • 全固体電池 カリウムを伝導体に 低コスト化へ期待,電気新聞,2018年11月

  • 錯体分子技術で物質科学の常識を打ち破る,読売新聞鹿児島県全域版,2018年01月

  • 加熱・すりつぶしで可逆的に発光 阪大が金化合物合成,科学新聞,2016年06月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 棚瀬知明教授講演会,直鎖状多座ホスフィンにより構造規制された遷移金属クラスター ―分子性金属鎖の化学を中心に―,2019年06月

  • Malcolm Halcrow教授講演会 ,Lessons from a Library of Switchable Spin-Crossover Molecular Materials,2019年05月

  • Michaele J. Hardie教授講演会,Shape-changing organic and coordination cages, and other assemblies with cyclotriveratrylene-ligands,2018年12月

  • Malcolm Halcrow教授講演会,Structure:Function Relationships in Switchable Molecular Materials,2018年12月

  • Ling-Kang Liu教授講演会,Weak Supramolecular Interacions,2018年11月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,The 2nd International Symposium on Coordination Ionic Compounds,オーガナイザー,2018年12月

  • 国際会議,Thai-Japan Chemistry Mini Symposium,オーガナイザー,2018年11月

  • 国際会議,The 2nd CMU-OU Chemistry Mini Symposium,2018年02月

  • 国際会議,1st International Symposium on Coordination Ionic Compounds,2017年12月

  • 国際会議,Symposium at Pacifichem 2015,オーガナイザー,2015年12月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本化学会 ,速報誌編集編集幹事,2013年01月 ~ 継続中