基本情報

写真b

今野 巧

KONNO Takumi


キーワード

錯体化学

メールアドレス

メールアドレス

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2000年10月01日 ~ 継続中,理学研究科 化学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

筑波大学 第一学群  卒業 1980年03月
筑波大学 化学研究科  修了 理学博士 1985年03月

職歴 【 表示 / 非表示

筑波大学研究協力課文部技官(化学系準研究員) 1985年04月 ~ 1986年03月
米国シンシナチ大学化学科博士研究員 1986年03月 ~ 1987年08月
筑波大学助手 1987年10月 ~ 1994年10月
筑波大学講師 1994年11月 ~ 1996年12月
群馬大学助教授 1997年01月 ~ 1998年03月
群馬大学教授 1998年04月 ~ 2000年09月
大阪大学教授 2000年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 金属錯体の合成、構造、物性、および反応性の研究<BR>金属錯体の段階的集積化によるを超分子金属錯体の開発

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 錯体化学会

  • アメリカ化学会

  • 日本化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Valence Interconversion of Octahedral Nickel(II/III/IV) Centers,M. Kouno, N. Yoshinari, N. Kuwamura, K. Yamagami, A. Sekiyama, M. Okumura, T. Konno,Angew. Chem. Int. Ed.,56, 13762-13766 ,2017年09月,学術論文

  • Heterogeneous catalase-like activity of gold(I)–cobalt(III) metallosupramolecular ionic crystals,M. Yamada, N. Yoshinari, N. Kuwamura, T. Saito, S. Okada, S. P. Maddala, K. Harano, E. Nakamura, K. Yamagami, K. Yamanaka, A. Sekiyama, T. Suenobu, Y. Yamada, T. Konno,Chem. Sci.,8, 2671-2676,2017年04月,学術論文

  • A Multinuclear Coordination System of L-Cysteine and L-Penicillamine That Induce Opposite Chiral Effects at Metal Centers,Y. Sameshima, N. Yoshinari, K. Tsuge, A. Igashira-Kamiyama, and T. Konno,Angew. Chem. Int. Ed.,Vol.48 No.45 pp.8469,2009年11月,http://dx.doi.org/10.1002/anie.200904635,学術論文

  • A Nickel(II) Gold(I) Coordination System of D-Penicillaminate with Multiply Switching in Color, Magnetism, and Chirality,Mai Taguchi, Asako Igashira-Kamiyama, Takashi Kajiwara, and Takumi Konno,Angewante Chemie International Edition,Vol.46 No.14,2007年03月,学術論文

  • A Rock-Salt Like Lattice Structure Consisting of Monocationic and Monoanionic AuIAgICuII Supramolecular Cages of D-Penicillaminate,Atsushi Toyota, Tadashi Yamaguchi, Asako Igashira-Kamiyama, Tatsuya Kawamoto, Takumi Konno,Angewandte Chemie Internal Edition,44,2005年04月,学術論文

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • PCT,新規誘電材料,今野巧, 山下智史,PCT/JP2017・033629(出願),2017年09月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会第34回学術賞,今野 巧,日本化学会,2017年03月

  • BCSJ Award Article,R. Lee, A. Igashira-Kamiyama, M. Okumura, T. Konno,日本化学会,2013年08月

  • BCSJ Award Article,今野 巧,日本化学会,2013年08月

報道 【 表示 / 非表示

  • 錯体分子技術で物質科学の常識を打ち破る,読売新聞鹿児島県全域版,2018年01月

  • 加熱・すりつぶしで可逆的に発光 阪大が金化合物合成,科学新聞,2016年06月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • Scott Dalgarno博士講演会,Calixarenes: Versatile Molecules for Metallosupramolecular Chemistry,2018年03月

  • Malcolm Halcrow教授講演会,Spin-Crossover Compounds-Thermal, Optical and Magnetic Switches from Simple Metal Complexes,2017年12月

  • Michaele J. Hardie教授講演会,Self-assembled metallo-cages and other materials using pyramidal host-type ligands,2017年12月

  • Nathan Patmore博士講演会,Mechanistic studies of iron catalyzed cross-coupling reactions and electron transfer across hydrogen bonds,2017年12月

  • Patrick McGowan教授講演会,Early and Late Transition Metal Complexes as Potential Anticancer Drugs,2017年12月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,The 2nd CMU-OU Chemistry Mini Symposium,2018年02月

  • 国際会議,1st International Symposium on Coordination Ionic Compounds,2017年12月

  • 国際会議,Symposium at Pacifichem 2015,オーガナイザー,2015年12月

  • 国際会議,The 1st Konno’s & Kawano's Groups Joint Meeting on the Innovative Crystalline Coordination Compounds,2014年08月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本化学会 ,速報誌編集編集幹事,2013年01月 ~ 継続中