基本情報

写真b

今田 勝巳

IMADA Katsumi


キーワード

生物物理 構造生物学

URL

http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/okuyama/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月01日 ~ 2007年03月31日,生命機能研究科 生命機能専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2010年09月30日,生命機能研究科 生命機能専攻,准教授,専任

  • 2010年10月01日 ~ 継続中,理学研究科 高分子科学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 高分子学科 卒業 1987年03月
大阪大学 理学研究科 高分子学専攻 修了 1989年03月
大阪大学 理学研究科 高分子学専攻 修了 博士(理学) 1992年03月

職歴 【 表示 / 非表示

(財)高輝度光科学研究センター企画調査部 1992年04月 ~ 1993年10月
松下電器産業(株)国際研究所 研究員 1993年11月 ~ 1997年09月
科学技術振興事業団ERATO難波プロトニックナノマシンプロジェクト グループリーダー 1997年10月 ~ 2002年03月
大阪大学大学院生命機能研究科 助教授 2002年04月 ~ 2007年03月
(財)高輝度光科学研究センター 外来研究員 (兼任) 2002年07月 ~ 継続中
科学技術振興機構ICORP超分子ナノマシンプロジェクト 研究員(兼任) 2003年01月 ~ 2004年11月
科学技術振興機構ICORP超分子ナノマシンプロジェクト グループリーダー(兼任) 2004年12月 ~ 2008年03月
大阪大学大学院生命機能研究科 准教授 2007年04月 ~ 2010年09月
大阪大学大学院生命機能研究科 教授 (兼任) 2010年10月 ~ 継続中
大阪大学大学院理学研究科 教授 2010年10月 ~ 継続中
(財)高輝度光科学研究センター 客員主席研究員 (兼任) 2014年05月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 生体高分子機械の構造・機能解析
    構造生物化学関連,生物物理、化学物理およびソフトマターの物理関連,生体関連化学,ナノ材料科学関連,生物物理学関連,機能生物化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本蛋白質科学会

  • 日本生物物理学会

  • American Society for Microbiology

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Structure of Vibrio FliL, a New Stomatin-like Protein That Assists the Bacterial Flagellar Motor Function.,Takekawa N, Isumi M, Terashima H, Zhu S, Nishino Y, Sakuma M, Kojima S, Homma M, Imada K,mBio,10(2) e00292,2019年03月,https://mbio.asm.org/content/10/2/e00292-19.long,学術論文

  • Insight into the flagella type III export revealed by the complex structure of the type III ATPase and its regulator.,Imada K, Minamino T, Uchida Y, Kinoshita M, Namba K.,Proc. Natl Acad. Sci. USA,113,13,3633-3638,2016年03月,学術論文

  • Identification of a Vibrio cholerae chemoreceptor that senses taurine and amino acids as attractants.,Nishiyama S, Takahashi Y, Yamamoto K, Suzuki D, Itoh Y, Sumita K, Uchida Y, Homma M, Imada K, Kawagishi I.,Sci Rep.,6, 20866,2016年02月,学術論文

  • Conformational Change in the Periplamic Region of the Flagellar Stator Coupled with the Assembly around the Rotor.,Zhu S.; Takao M.; Li N.; Sakuma M.; Nishino Y.; Homma M.; Kojima S.; Imada K.,Proc. Natl. Acad. Sci. USA. , 111, 13523-13528.,2014年09月,学術論文

  • Insight into the assembly mechanism in the supramolecular rings of the sodium-driven Vibrio flagellar motor from the structure of FlgT.,Terashima H*, Li N*, Sakuma M, Koike M, Kojima S, Homma M, Imada K.,Proc Natl Acad Sci U S A.,110(15): 6133–6138.,2013年04月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,最新分子マシン 4-2 タンパク質でできた極小スクリュー 細菌べん毛の分子機構,今田勝巳,化学同人,ISBN,978-4-7598-1153-7,2008年04月

  • その他,べん毛モーター 逆回転のしくみに挑む,今田勝巳, 南野徹,化学同人,2012年01月

  • 専門著書,<1分子>生物学,合原一幸, 岡田康志, 今田勝巳, 岩田覚, 樺島祥介, 金城政孝, 今野紀雄, 佐甲靖志,岩波書店,2004年09月

  • 専門著書,Minorities and small numbers from molecules to organisms in biology: Controling production with small numbers: precision apparatuses made of proteins at work in bacteria,Katsumi Imada,Springer,ISBN,978-981-13-2082-8,2018年12月

  • 専門著書,Salmonella - A Re-emerging Pathogen Chapter 1 Salmonella Flagellum,Minamino T, Morimoto VY, Kawamoto A, Terashima H, Imada K.,IntechOpen Limited,ISBN,978-1-78923-445-9,2018年07月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • ひょうごSPring-8賞,今田勝巳、Fadel Samatey,ひょうごSPring-8賞実行委員会(構成団体:兵庫県、(財)ひょうご科学技術協会、放射光活用委員会),2006年02月

  • 第9回日本蛋白質科学会年会ポスター賞,伊吹達也, 南野徹, 風谷謙一, 難波啓一, 今田勝巳.,日本蛋白質科学会,2009年05月

  • Best Poster from Students at the XXI Congress of the International Union of Crystallography,Ibuki, T., Shimada, M., Minamino, T., Imada, K., Namba, K.,the XXI Congress of the International Union of Crystallography,2008年08月

  • 日本遺伝学会第76回大会Best Paper賞,岩瀬亮, 今田勝巳, 林 史夫, 宇津巻竜也, 森下めぐみ, 小内清, 古川進朗, 難波啓一, & 石浦正寛,日本遺伝学会,2005年11月

報道 【 表示 / 非表示

  • 世界初!生物モーターのパワーアップアイテム 細菌べん毛モーターの出力強化蛋白質FliLのしくみを解明,日経バイオテク,2019年03月

  • 阪大・金沢大・名大・九州工大、べん毛タンパク質輸送の交通整理の仕組みを解明-細菌感染症薬のスクリーニングへ応用,日本経済新聞電子版,2018年04月

  • べん毛モーター回転に必須「固定子」,日刊工業新聞,2018年03月

  • コレラ菌を誘引するのはタウリン 小腸の胆汁成分,共同通信配信、日本経済新聞、中日新聞、京都新聞 他 各電子版,2016年02月

  • 胆汁成分中のタウリン コレラ菌を誘引,日刊工業新聞,2016年02月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学ツアー2014,「生き物の中ではたらく超精密分子機械」,2014年11月

  • 第40回日本生物物理学会年会,フック-フィラメント連結蛋白質HAP3の結晶構造と連結モデル,2002年11月

  • 難波プロトニックナノマシンプロジェクト終了シンポジウム,分子構造が語る蛋白質ナノマシンの作動機構,2002年09月

  • 8th Keihanna International Conference on Molecular Biophysics,Toward the total construction of the atomic model of the bacterial flagellum,2002年09月

  • The XIX Congress and General Assembly of the International Union of Crystallography,Crystal structure of HAP3, a flagellar hook-filament junction protein and a junction model,2002年08月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,日本生物物理学会第55回年会,シンポジウムオーガナイザー(今田勝巳、宮田真人),2017年09月

  • 国内重要会議,第16回日本蛋白質科学会年会 ,ワークショップ オーガナイザー (今田勝巳 横山謙),2016年06月

  • 国内重要会議,第85回日本生化学会大会,シンポジウム オーガナイザー (今田勝巳 野地博行),2012年12月

  • 国内重要会議,第84回日本生化学会大会,シンポジウム オーガナイザー (今田勝巳 本間道夫),2011年09月

  • 国内重要会議,第11回日本蛋白質科学会年会,ワークショップ オーガナイザー (今田勝巳 横山謙),2011年06月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本生物物理学会,会誌編集委員,2019年03月 ~ 継続中

  • 学会,日本生化学会,評議員,2018年09月 ~ 継続中

  • 学会,日本生化学会,JB 編集委員,2018年04月 ~ 継続中

  • 学会,日本生物物理学会,代議員,2017年06月 ~ 継続中

  • 学会,日本蛋白質科学会,役員(選管),2016年06月 ~ 2017年05月

全件表示 >>