基本情報

写真b

今岡 良子

IMAOKA Ryoko


キーワード

モンゴル,遊牧地域論,ジェンダー

URL

http://www.geocities.co.jp/mongolkenkyukai/00index.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月01日 ~ 2012年03月31日,世界言語研究センター,准教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,言語文化研究科 言語社会専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪外国語大学 外国語学研究科 東アジア・モンゴル語学専攻 修了 文学修士 1988年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪外国語大学 外国語学部 非常勤講師 1988年04月 ~ 1995年03月
環境庁 国立環境研究所 客員研究員 1990年04月 ~ 1991年03月
大阪外国語大学 外国語学部 講師 1995年04月 ~ 2000年03月
大阪外国語大学 外国語学部 助教授 2000年04月 ~ 2007年03月
日本福祉大学 COEプログラム「障害児・者とその家族に関する実証的研究」 協力研究員 2004年04月 ~ 2007年03月
広島大学大学院 国際協力研究科 非常勤講師 2006年04月 ~ 2007年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 現代モンゴルにおける女性史
    文化人類学および民俗学関連

  • モンゴル国から国外移住者の実態調査
    文化人類学および民俗学関連

  • モンゴル国における国内移住の実態調査
    文化人類学および民俗学関連

  • モンゴル国における遊牧の変容
    文化人類学および民俗学関連

  • 家畜の恵み、羊毛や皮革の物性とそれを活用する伝統技術
    動物生命科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 畜産システム研究会

  • 日本環境学会

  • 国際モンゴル学会議

  • 日本科学者会議

  • モンゴル研究会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 「2005年のツェルゲル -ジャガイモを植え、立ち直る遊牧民たち-」,今岡良子,「モンゴル研究」,23号,2006年08月,大学・研究所等の報告

  • モンゴルの遊牧社会の変容-資源をめぐる紛争予防の観点から-,今岡良子,IPSHU研究報告シリーズ 研究報告,2005年11月,学術論文

  • 乳幼児の発育異常と移住と貧困についての調査報告,今岡良子,モンゴルにおける障害児・者とその家族に関する実証的研究,2005年11月,大学・研究所等の報告

  • B sudalgaa-Khuukhdiin ubchilul,yaduural,dotoodin shiiljiltiin khudulguun,今岡良子,Emzeg bulgiin khuukhduudiin ger buliin nukhtsul baidal,2005年05月,大学・研究所等の報告

  • 2004年夏のツェルゲルー家畜経営の復活、ホルショーの再生ー」,今岡良子,モンゴル研究,22号,2005年03月,大学・研究所等の報告

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,平和の探求:暴力のない世界をめざして,木戸衛一、長野八久,解放出版社,2008年03月

  • その他,NUUDEL SUUDAL SONIN BICHIG' No.1,Ryoko IMAOKA,(株)オチルプレス社,2006年08月

  • 一般著書,モンゴルのストリートチルドレンー市場経済化の嵐を生きる家族と子どもたち,長沢孝司、今岡良子、島崎美代子,朱鷺書房,2006年08月

 
 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • モンゴル国ウランバートル市ソンギノハイルハン区第3ホローで、NGOの相談役,2005年04月 ~ 継続中