基本情報

写真b

今井 忍

IMAI Shinobu


キーワード

日本語の形態法に関する認知言語学的研究

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月01日 ~ 2016年03月31日,日本語日本文化教育センター,准教授,専任

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,日本語日本文化教育センター,教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 2016年03月31日,言語文化研究科 日本語・日本文化専攻,准教授,兼任

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,言語文化研究科 日本語・日本文化専攻,教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 文学部 文学科 卒業 文学士 1991年03月
京都大学 文学研究科 言語学専攻 修了 修士(文学) 1993年03月
京都大学 文学研究科 言語学専攻 単位取得満期退学 1996年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪外国語大学、准教授 2007年04月 ~ 2007年09月
大阪大学、准教授 2007年10月 ~ 2016年03月
大阪大学、教授 2016年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 日本語の形態法に関する認知言語学的研究
    言語学関連,日本語学関連

 

論文 【 表示 / 非表示

  • On the “Extended” Morphosyntactic and Semantic Features of Sino-Japanese Verbs and Native Japanese Compound Verbs,Shinobu Imai,19th International Morphology Meeting,2020年02月,会議報告/口頭発表

  • 動詞の語種とそれが生起する構文-意味論的分析,今井忍,グローバル化時代における日本語教育と日本研究,18-28,2018年10月,学術論文

  • 動詞の語種とそれが生起する構文-意味論的分析,今井忍,第3回国際シンポジウム「グローバル化時代における日本語教育と日本研究」,2018年10月,会議報告/口頭発表

  • 構文文法・コーパス・日本語教育,今井 忍,第7回インドネシア人研究者との合同研究発表会-日本語研究と日本語教育の効果的な相互乗り入れへの展望,2018年03月,会議報告/口頭発表

  • 日本の大学におけるインクルーシブ教育の現状,今井 忍,第30回 日本語日本文化教育研究会,2017年10月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>