基本情報

写真b

今井 忍

IMAI Shinobu


キーワード

日本語の形態法に関する認知言語学的研究

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月01日 ~ 2016年03月31日,日本語日本文化教育センター,准教授,専任

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,日本語日本文化教育センター,教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,言語文化研究科 日本語・日本文化専攻,准教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 文学部 文学科 卒業 文学士 1991年03月
京都大学 文学研究科 言語学専攻 修了 修士(文学) 1993年03月
京都大学 文学研究科 言語学専攻 単位取得満期退学 1996年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪外国語大学、准教授 2007年04月 ~ 2007年09月
大阪大学、准教授 2007年10月 ~ 継続中
大阪大学、教授 2016年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 日本語の形態法に関する認知言語学的研究
    言語学関連,日本語学関連

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 動詞の意味制約と語種,今井 忍,タイ国日本研究国際シンポジウム2014論文報告書,2015年03月,学術論文

  • 語種と複合語-意味論的観点から,今井 忍,日本語・日本文化,2013年03月,その他

  • なぜ「多い学生」「少ない本」と言えないのか-〈存在〉という意味成分に基づく再検討,今井 忍,日本語・日本文化,No. 38: 53-80,2012年03月,学術論文

  • 日本語のカテゴリー帰属表現について,今井 忍,言葉と認知のメカニズム-山梨正明教授還暦記念論文集,499-513,2008年09月,学術論文

  • 日本語の生産的使役と語彙的使役の連続性について-認知文法による分析に向けて,今井 忍,京都大学言語学研究,22: 119-135,2003年12月,学術論文

全件表示 >>