基本情報

写真b

高木 達也

TAKAGI Tatsuya


キーワード

医薬情報学,計量薬学,環境計量薬学,社会情報薬学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-8242,8243

FAX番号

06-6879-8242

URL

http://www.phs.osaka-u.ac.jp/homepage/b015/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年05月01日 ~ 2012年03月31日,薬学研究科 応用医療薬科学専攻,教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,薬学研究科 医療薬学専攻,教授,専任

  • 2002年10月01日 ~ 継続中,微生物病研究所,教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 薬学部 製薬化学科 卒業 薬学士 1979年03月
大阪大学 薬学研究科 薬品化学専攻 中退 1980年10月
大阪大学 薬学研究科  薬学博士 1988年02月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学薬学部文部技官 (教務職員) 1980年10月 ~ 1983年03月
大阪大学薬学部助手 1983年04月 ~ 1993年06月
大阪大学遺伝情報実験施設講師 1993年07月 ~ 1998年04月
大阪女子大学・非常勤講師 1994年04月 ~ 2004年03月
大阪大学大学院薬学研究科教授 1998年05月 ~ 継続中
豊橋技術科学大学・非常勤講師 2001年04月 ~ 2002年03月
大阪大学・微生物病研究所・遺伝情報実験センター・教授(兼任) 2002年10月 ~ 継続中
大阪大学感染症国際研究拠点 タイ感染症共同研究センター 2005年10月 ~ 2010年03月
大阪大谷大学薬学部 非常勤講師 2009年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 環境科学、医薬学データのためのデタマイニング法の開発、改良、熟成・データマイニング法、機械学習法の医薬学データ、環境科学データへの応用・対感染症を指向した医薬品分子設計

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本計算機統計学会

  • 日本分析化学会

  • 日本化学会 (同情報化学部会)

  • 日本薬学会(同構造活性相関部会・物理系薬学部会)

  • 日本コンピュータ化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Meta-analysis of the risk of upper gastrointestinal hemorrhage with combination therapy of selective serotonin reuptake inhibitors and non-steroidal anti-inflammatory drugs.,Yoshinari Oka, Kousuke Okamoto, Norihito Kawashita, Yuko Shirakuni, Tatsuya Takagi,Biological Pharmaceutical Bulletin,37(6), 947-953,2014年07月,学術論文

  • Statistical Evaluation of Single-Photon Emission Computed Tomography Image Using Smoothed Bootstrap Method,Megumi Tsukamoto, Asuka Hatabu, Yoshitake Takahashi, Hiroshi Matsuda, Kousuke Okamoto, Noriyuki Yamashita, Tatsuya Takagi,Biological and Pharmaceutical Bulletin,36(3) 417-424,2013年03月,学術論文

  • Enhancement of Ordinal CoMFA by Ridge Logistic Partial Least Squares.,Takanori Ohgaru, Ryo Shimizu, Kousuke Okamoto, Norihito Kawashita, Masaya Kawase, Yuko Shirakuni, Rika Nishikiori, Tatsuya Takagi,J.Chem.Inf.Model.,48(4), 910-917,2008年04月,学術論文

  • Development of Fingerprint Verification Type Self-Organized Map Applied to Profiling Seized Methamphetamine.,Rika Nishikiori, Yukiko Makino, Yukino Ochi, Noriyuki Yamashita, Kousuke Okamoto, Norihito Kawashita, Jun-ichi Takahara, Teruo Yasunaga, Tatsuya Takagi, Masaya Kawase,J. Comput. Aided Chem.,9, 30-36,2008年03月,学術論文

  • Ordinal Classification Using Comparative Molecular Field Analysis,Takanori Ohgaru, Ryo Shimizu, Kousuke Okamoto, Masaya Kawase, Yuko Shirakuni, Rika Nishikiori, and Tatsuya Takagi,Journal of Chemical Information and Modeling,48(1), in press,2008年01月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,生物学のための統計学入門,川瀬雅也、高木達也、岡本晃典,化学同人,ISBN,978-4-7598-1192-6,2009年10月

  • 教科書,試料分析講座「タンパク質分析」,高木達也他,丸善出版,ISBN,978-4-621-08615-5,2012年11月

  • その他,Developing Sequence Analysis Tools on Web Server,高木達也,,1995年

  • 専門著書,定量的構造活性相関論-考え方と解き方,佐々木喜男、藤原英明、高木達也,廣川書店,1993年08月

  • その他,「医薬品設計」~考え方と進め方~(共著),高木達也,廣川書店,1993年

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第32回情報化学討論会ポスター賞,奥井朋子, 井上藍, 栗花落昇平, 白國優子, 川下理日人, 岡本晃典, 高木達也,日本化学会情報化学部会,2009年10月

  • 日本化学会情報化学部会 2004年JCAC論文賞,高木達也,日本化学会情報化学部会,2004年11月

  • 第29回情報化学討論会ポスター賞,越智雪乃,錦織理華,山下典之,岡本晃典,川瀬雅也,安永照雄,高木達也,日本化学会情報化学部会,2006年11月

  • 第34回構造活性相関シンポジウムポスター賞,大軽貴典、清水良、岡本晃典、川瀬雅也、白國優子、 錦織理華、高木達也,日本薬学会構造活性相関部会,2006年11月

  • 2004 International Conference on Chemometrics and Bioinformatics in Asia, Poster Award,岡本晃典、山本朋子、東真樹子、横田雅彦、黒川顕、安永照雄、高木達也,CCBA2004 Organizing Comittee,2004年10月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 効率的な試験実施に貢献,化学工業日報,2013年02月

  • PCで耐性ウィルス新薬探し,朝日新聞,2009年04月

  • 新たな学問領域「計量薬学」,薬事日報,2002年05月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第48回大阪大学公開講座,「人工知能による医薬品設計と、住みやすい老後」,2016年10月

  • PACIFICHEM2010, Symposium;"Re-Encounter of Computational Chemistry and Chemometrics",Ecotoxicity Prediction Using the Descriptors Calculated by Computational Chemistry,2010年12月

  • 2010年度CACフォーラム一泊研修会,最近の多変量解析・データマイニング手法とその医薬品化学への応用,2010年10月

  • 日本化学工業協会LRI 研究発表会,データマイニングによる化学物質の光分解・加水分解反応の予測手法開発,2010年08月

  • 日本薬学会第130年会(岡山)、シンポジウム、「計量薬学~信頼と保証を科学する~」,多変量解析を用いた疾患、副作用の、診断、予後予測支援,2010年03月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,第37回構造活性相関シンポジウム,実行委員,2009年11月

  • 国内重要会議,第36回構造活性相関シンポジウム,実行委員長,2008年11月

  • 国際会議,第8回薬物の分子設計と開発に関する日中合同シンポジウム,実行委員,2008年11月

  • 国内重要会議,構造活性フォーラム2006,実行委員,2006年06月

  • 国内重要会議,情報化学討論会,世話人(実行委員長),2005年11月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 公益法人,公益法人 日本薬学会 構造活性相関部会,部会長,2014年04月 ~ 2017年03月

  • 学会,(社)日本分析化学会,幹事,2009年04月 ~ 継続中

  • 公益法人,日本薬学会近畿支部,会計幹事,2009年04月 ~ 2011年03月

  • 学会,近畿化学協会,幹事,2007年04月 ~ 継続中

  • 学会,日本化学会情報化学部会,幹事,2004年02月 ~ 2018年03月

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 新エネルギー・産業技術総合開発機構・「構造活性相関手法による有害性評価手法開発」評価委員,2009年04月 ~ 2010年03月

  • 独立行政法人国立環境学研究所平成17年度化審法審査支援等検討会(QSARカテゴリーアプローチ分科会)委員,2005年08月 ~ 2010年03月

  • 実験生物学データのための統計解析プログラムパッケージ、MEPHASの開発と公開,2004年10月 ~ 継続中

  • MEPHASの公開,2003年10月 ~ 継続中

  • (財)化学物質評価研究機構・「研究開発推進・試験評価委員会」,2001年04月 ~ 2008年03月

全件表示 >>