基本情報

写真b

高畠 義嗣

TAKABATAKE Yoshitsugu


キーワード

腎臓, 血管, オートファジー, ミトコンドリア, リソソーム

電話番号

06-6879-3857

FAX番号

06-6879-3230

URL

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/kid/kid/index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2005年11月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科,特任助手(常勤),専任

  • 2007年04月01日 ~ 2010年09月30日,医学系研究科,特任助教(常勤),専任

  • 2010年10月01日 ~ 2015年11月30日,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

  • 2015年12月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,講師,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学研究科  修了 医学博士 2005年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学医学部医学系研究科 2005年11月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 腎血管の発生メカニズム
    腎疾患におけるオートファジーの関与と役割
    腎臓内科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 透析医学会

  • 日本腎臓学会

  • 日本内科学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A Randomized Trial of Magnesium Oxide and Oral Carbon Adsorbent for Coronary Artery Calcification in Predialysis CKD,Sakaguchi Yusuke, Hamano Takayuki, Obi Yoshitsugu, Monden Chikako, Oka Tatsufumi, Yamaguchi Satoshi, Matsui Isao, Hashimoto Nobuhiro, Matsumoto Ayumi, Shimada Karin, Takabatake Yoshitsugu, Takahashi Atsushi, Kaimori Jun-Ya, Moriyama Toshiki, Yamamoto Ryohei, Horio Masaru, Yamamoto Koichi, Sugimoto Ken, Rakugi Hiromi, Isaka Yoshitaka,JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY,30(6) 1073-1085,2019年06月,学術論文

  • Proximal Tubule Autophagy Differs in Type 1 and 2 Diabetes.,Sakai S, Yamamoto T, Takabatake Y, Takahashi A, Namba-Hamano T, Minami S, Fujimura R, Yonishi H, Matsuda J, Hesaka A, Matsui I, Matsusaka T, Niimura F, Yanagita M, Isaka Y,Journal of the American Society of Nephrology : JASN,30(6) 929-945,2019年06月,学術論文

  • Suppression of autophagic activity by Rubicon is a signature of aging.,Nakamura S, Oba M, Suzuki M, Takahashi A, Yamamuro T, Fujiwara M, Ikenaka K, Minami S, Tabata N, Yamamoto K, Kubo S, Tokumura A, Akamatsu K, Miyazaki Y, Kawabata T, Hamasaki M, Fukui K, Sango K, Watanabe Y, Takabatake Y, Kitajima TS, Okada Y, Mochizuki H, Isaka Y, Antebi A, Yoshimori T,Nature communications,10(1) 847,2019年02月,学術論文

  • Suppression of autophagic activity by Rubicon is a signature of aging. ,Nakamura S, Oba M, Suzuki M, Takahashi A, Yamamuro T, Fujiwara M, Ikenaka K, Minami S, Tabata N, Yamamoto K, Kubo S, Tokumura A, Akamatsu K, Miyazaki Y, Kawabata T, Hamasaki M, Fukui K, Sango K, Watanabe Y, Takabatake Y, Kitajima TS, Okada Y, Mochizuki H, Isaka Y, Antebi A, Yoshimori T,Nature Communications,10(1) 847,2019年02月,学術論文

  • Severe Osteomalacia with Dent Disease Caused by a Novel Intronic Mutation of the CLCN5 gene.,Matsumoto A, Matsui I, Mori T, Sakaguchi Y, Mizui M, Ueda Y, Takahashi A, Doi Y, Shimada K, Yamaguchi S, Kubota K, Hashimoto N, Oka T, Takabatake Y, Sohara E, Hamano T, Uchida S, Isaka Y,Internal medicine (Tokyo, Japan),57(24) 3603-3610,2018年12月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,腎臓内科レジデントマニュアル(第5版),川田典孝,診断と治療社,2010年03月

  • 専門著書,In vivo transfer of small interfering RNA or small hairpin RNA targeting glomeruli.,Takabatake Y, Isaka Y, Imai E.,Humana Press,2009年03月

報道 【 表示 / 非表示

  • 細胞内物質分解のリソソーム、オートファジーで修復 − 阪大 ,日刊工業新聞,2013年08月

  • 生活習慣病などの治療法に期待 - 阪大、細胞内器官の除去・修復機構を発見,マイナビニュース ,2013年08月

 
 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学医学部付属病院での臨床業務,2008年04月 ~ 継続中