基本情報

写真b

香山 尚子

KAYAMA Hisako


キーワード

粘膜免疫

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-3982

FAX番号

06-6879-3989

性別

女性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月01日 ~ 2009年11月30日,医学系研究科 予防環境医学専攻,特任研究員(常勤),専任

  • 2009年12月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 予防環境医学専攻,助教,専任

  • 2011年04月01日 ~ 2019年03月31日,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

  • 2019年04月01日 ~ 継続中,高等共創研究院,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学系研究科  修了 2009年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学医学系研究科助教 2009年12月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 粘膜免疫

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The Xenobiotic Transporter Mdr1 Enforces T Cell Homeostasis in the Presence of Intestinal Bile Acids.,*Cao W, *Kayama H, *Chen ML, Delmas A, Sun A, Kim SY, Rangarajan ES, McKevitt K, Beck AP, Jackson CB, Crynen G, Oikonomopoulos A, Lacey PN, Martinez GJ, Izard T, Lorenz RG, Rodriguez-Palacios A, Cominelli F, Abreu MT, Hommes DW, Koralov SB, Takeda K, Sundrud MS,Immunity,47(6):1182-1196,2017年12月,学術論文

  • Slc3a2 mediates branched-chain amino acid-dependent maintenance of regulatory T cells.,Ikeda K, Kinoshita M, Kayama H, Nagamori S, Kongpracha P, Umemoto E, Okumura R, Kurakawa T, Murakami M, Mikami N, Shintani Y, Ueno S, Andou A, Ito M, Tsumura H, Yasutomo K, Ozono K, Takashima S, Sakaguchi S, Kanai Y, and Takeda K,Cell Reports,21, 1824-1838,2017年11月,学術論文

  • Slc3a2 Mediates Branched-Chain Amino-Acid-Dependent Maintenance of Regulatory T Cells.,Ikeda K, Kinoshita M, Kayama H, Nagamori S, Kongpracha P, Umemoto E, Okumura R, Kurakawa T, Murakami M, Mikami N, Shintani Y, Ueno S, Andou A, Ito M, Tsumura H, Yasutomo K, Ozono K, Takashima S, Sakaguchi S, Kanai Y, Takeda K.,Cell Reports,21, 1824-1838,2017年11月,学術論文

  • CD103+ Dendritic Cell Function Is Altered in the Colons of Patients with Ulcerative Colitis.,Matsuno H, Kayama H, Nishimura J, Sekido Y, Osawa H, Barman S, Ogino T, Takahashi H, Haraguchi N, Hata T, Matsuda C, Yamamoto H, Uchino M, Ikeuchi H, Doki Y, Mori M, Takeda K, Mizushima T,Inflamm Bowel Dis,23(9):1524-1534,2017年09月,学術論文

  • Regulation of intestinal homeostasis by the ulcerative colitis-associated gene RNF186.,Kosuke Fujimoto, Makoto Kinoshita, Hiroo Tanaka, Daisuke Okuzaki, Yosuke Shimada, Hisako Kayama, Ryu Okumura, Yoki Furuta, Masashi Narazaki, Atsushi Tamura, Shigetsugu Hatakeyama, Masahito Ikawa, Kiichiro Tsuchiya, Mamoru Watanabe, Atsushi Kumanogoh, Sachiko Tsukita, Kiyoshi Takeda,Mucosal Immunol,10(2) 446-459,2017年03月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,自然免疫系による炎症性腸疾患制御の分子メカニズム,自然免疫系による炎症性腸疾患制御の分子メカニズム,羊土社,2011年06月

  • 専門著書,腸管マクロファージによる炎症制御,腸管マクロファージによる炎症制御,秀潤社,2011年03月

  • 専門著書,腸管免疫と炎症性腸疾患,香山尚子・竹田潔,アレルギー・免疫,2010年06月

  • 専門著書,TLRシグナルのエピジェネティック制御,香山尚子・竹田潔,臨床免疫・アレルギー科,2009年03月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • アメリカ,T細胞活性化を抑制する腸粘膜特有のミエロイド細胞およびその利用,竹田潔・香山尚子,PCT/JP2010/68305(出願),2010年10月

  • 日本,T細胞活性化を抑制する腸粘膜特有のミエロイド細胞およびその利用,竹田潔・香山尚子,2009-241034(出願),2009年10月