基本情報

写真b

香山 雅子

KOHYAMA Masako


キーワード

免疫系

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月01日 ~ 2012年03月31日,微生物病研究所,特任研究員(常勤),専任

  • 2012年04月01日 ~ 2020年02月29日,微生物病研究所,助教,専任

  • 2020年03月01日 ~ 継続中,微生物病研究所,准教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,免疫学フロンティア研究センター,助教,兼任

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The transcription factor BATF controls the global regulators of class-switch recombination in both B cells and T cells.,Ise, W., Kohyama, M., Schraml, B.S., Zhang, T., Schwer, B., Basu, U., Alt, F.W., Tang, J., Oltz, E.M., Murphy, T.L,. Murphy, K.M. ,Nat. Immunol.,12:536-543.,2011年06月,学術論文

  • Immune activating receptors specific to Plasmodium falciparum-infected red blood cells,AkihitoSakoguchi, Fumiji Saito, Kouyuki Hirayasu, Masako Kohyama, Shiroh Iwanaga, Toshihiro Horii, Hisashi Arase,第13回寄生虫感染免疫研究会,2020年02月,会議報告/口頭発表

  • CD74 isoform p41 regulates soluble MHC class II production,Masako Kohyama, Sumiko Matsuoka, Tatsuya Shishido, Yuta Shimizu, Hisashi Arase,第48回日本免疫学会学術集会,2019年12月,会議報告/口頭発表

  • FcγRIIIA-mediated activation of NK cells by IgG heavy chain complexed with MHC class II molecules ,Tadahiro Suenaga, Yuta Shimizu, Masako Kohyama, Hideki Yorifuji, Jin Hui, Noriko Arase, Hisashi Arase,第48回日本免疫学会学術集会,2019年12月,会議報告/口頭発表

  • RAG-Mediated DNA Breaks Attenuate PU.1 Activity in Early B Cells through Activation of a SPIC-BCLAF1 Complex.,Soodgupta D, White LS, Yang W, Johnston R, Andrews JM, Kohyama M, Murphy KM, Mosammaparast N, Payton JE, Bednarski JJ,Cell reports,29(4) 829-843.e5,2019年10月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,脾臓や肝臓の組織マクロファージとその分化制御機構,香山 雅子,先端医学社,ISBN,978-4-86550-334-0,2018年04月

  • 専門著書,脾臓マクロファージサブセットの機能,香山 雅子,秀潤社,ISSN,0287-3796,2012年10月