基本情報

写真b

荒木 進歩

ARAKI Susumu


キーワード

海岸工学

メールアドレス

メールアドレス

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月01日 ~ 2004年03月31日,工学研究科 地球総合工学専攻,助手,専任

  • 2004年04月01日 ~ 2007年03月31日,工学研究科 地球総合工学専攻,講師,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 地球総合工学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 土木工学科 卒業 学士(工学) 1995年03月
大阪大学 工学研究科 土木工学専攻 修了 修士(工学) 1997年03月
大阪大学 工学研究科 土木工学専攻 修了 博士(工学) 2000年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院工学研究科助手 2000年04月 ~ 2004年03月
大阪大学大学院工学研究科講師 2004年04月 ~ 2007年03月
大阪大学大学院工学研究科准教授 2007年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 橋梁に作用する津波波力に関する研究
    水工学関連

  • ライフサイクルコストを考慮した海岸構造物の最適な維持補修計画の検討
    水工学関連

  • 捨石構造物の変形および変形に伴う水理機能変化に関する研究
    水工学関連

  • エネルギー貯蔵施設に作用する津波流体力
    水工学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 土木学会

  • 日本混相流学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 消波工の空隙率が波高伝達率および反射率に及ぼす影響,荒木進歩,渡邊大輝,久保田真一,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 75, No. 2, pp. I_793-I_798,2019年10月,学術論文

  • 年最大波高の確率密度関数を考慮した設計波および消波ブロックの期待被害率の将来変化に関する考察,澁谷容子,小竹康夫,荒木進歩,森 信人,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 75, No. 2, pp. I_889-I_894,2019年10月,学術論文

  • Experimental Study on Tsunami Wave Force Acting on Spherical Storage Tank in Coastal Area,Susumu Araki, Shun Iwasaki, Shin-ichi Aoki,APAC 2019, 269-275,2019年09月,国際会議(proceedingsあり)

  • Simulation of Tsunami Inundation in East Coast of Sri Lanka,Nallarajah Renee Josiah, D. P. C. Laknath, Susumu Araki.,APAC 2019,pp. 145-152,2019年09月,国際会議(proceedingsあり)

  • 波浪の確率密度関数を考慮した構造物の期待被害率とライフサイクルコストに関する一考察 ,澁谷容子,小竹康夫,荒木進歩,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol. 75, No. 2, pp. I_917-I_922,2019年09月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,東北地方太平洋沖地震による津波災害から学ぶ-南海・東南海地震による津波に備えて-,公益社団法人 土木学会 関西支部,公益社団法人 土木学会 関西支部,ISBN,978-4-8106-0809-0,2013年03月

  • 専門著書,数値波動水槽-砕波波浪計算の深化と耐波設計の革新を目指して-(共著),土木学会,公益社団法人 土木学会,ISBN,ISBN978-4-8106-0706-2,2012年07月

  • 専門著書,CADMAS-SURF/3D数値波動水槽の研究・開発(共著),財団法人 沿岸技術研究センター,財団法人 沿岸技術研究センター,ISBN,ISBN 978-4-900302-86-0,2010年12月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成12年度土木学会全国大会第55回年次学術講演会優秀発表賞,荒木進歩,土木学会,2000年11月

報道 【 表示 / 非表示

  • 南海地震を想定 水槽で津波実験,朝日新聞,2005年12月

  • 大水槽で津波実験,日本経済新聞,2005年12月

  • 擬似津波の実験公開,毎日新聞,2005年12月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第11回京都大学市民講座-災害リスクを考える-,津波の怖さ,2016年10月

  • 第3回京都大学市民講座-災害リスクを考える-,防潮堤・防波堤の効果と限界,2013年12月

  • 大阪大学フォーラム2011,Prevention against Tsunami Disaster in Japan,2011年10月

  • NPO法人すいた環境学習協会「2008年 市民環境講座」,脆弱な海岸線-その現状と迫りつつある脅威-,2008年06月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • その他,混相流シンポジウム2017,オーガナイズドセッションOS-7【自然現象の中の混相流】のオーガナイザー,2017年08月

  • 国内重要会議,2017年度(第53回)水工学に関する夏期研修会,Bコース 幹事長,2017年08月

  • 国内重要会議,第63回海岸工学講演会,実行委員会 幹事長,2016年11月

  • その他,混相流シンポジウム2016,オーガナイズドセッションOS-7【自然現象の中の混相流】のオーガナイザー,2016年08月

  • その他,混相流シンポジウム2015,オーガナイズドセッションOS-7【自然現象の中の混相流】のオーガナイザー,2015年08月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 国・地方公共団体,国土交通省 四国地方整備局,高知海岸・県道春野赤岡線 管理技術検討委員会 委員,2019年03月 ~ 継続中

  • 国・地方公共団体,国土交通省 四国地方整備局,高知海岸保全フォローアップ委員会 委員,2018年12月 ~ 継続中

  • 学会,公益社団法人 土木学会,海岸工学委員会 広報・出版小委員会 小委員長,2018年07月 ~ 継続中

  • 学会,公益社団法人 土木学会,水理模型実験における地盤材料の取扱方法に関する研究小委員会 小委員長,2017年08月 ~ 2018年05月

  • 公益法人,公益社団法人 土木学会 関西支部,共同研究グループ 代表「関西の多様な海岸線における防災および水域環境に関する課題抽出とリスク評価」,2017年04月 ~ 2019年03月

全件表示 >>