基本情報

写真b

荒尾 晴惠

ARAO Harue


キーワード

症状マネジメント、がん看護,緩和ケア

性別

女性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 保健学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

兵庫県立大学 看護学研究科  修了 看護学博士 2008年12月

職歴 【 表示 / 非表示

兵庫県立大学看護学部(旧兵庫県立看護大学) 2000年04月 ~ 2009年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 症状マネジメントに関する研究
    治療期および緩和ケアをうけるがん患者の看護に関する研究
    がん患者のセルフケアに関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本がん看護学会

  • 日本緩和医療学会

  • 日本がんサポーティブケア学会

  • 日本臨床腫瘍学会

  • 日本看護科学学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Conflict Experienced by Nurses Providing End-of-life Care in Emergency Departments in Japan,Satake Yoko, Arao Harue,JOURNAL OF TRAUMA NURSING,26(3) 154-163,2019年05月,学術論文

  • II期以降の続発性リンパ浮腫患者が複合的治療のアドヒアランスを獲得していくプロセス,井沢 知子, 荒尾 晴恵,日本看護科学会誌,38(0) 184-192,2018年04月,https://ci.nii.ac.jp/naid/130007546330,学術論文

  • Decision Making Regarding the Place of End-of-Life Cancer Care: The Burden on Bereaved Families and Related Factors,Sena Yamamoto, Harue Arao, Eiko Masutani, Miwa Aoki, Megumi Kishino, Tatsuya Morita, Yasuo Shima, Yoshiyuki Kizawa, Satoru Tsuneto, Maho Aoyama, Mitsunori Miyashita,Journal of Pain Symptom Management,53(5) 862-870,2017年02月,学術論文

  • Effect of persistent menopausal symptoms on the wellbeing of Japanese breast cancer survivors.,Yamamoto S,Masutani E,Arao H,Nursing & Health Sciences,18: 379–386, 2016.,2016年03月,学術論文

  • Unfinished Business in Families of Terminally Ill With Cancer Patients.,Yamashita R, Arao H, Takao A, Masutani E, Morita T, Shima Y, Kizawa Y, Tsuneto S, Aoyama M, Miyashita M,Journal of pain and symptom management,54(6) 861-869,2017年12月,その他

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,がん疼痛マネジメント,余宮 きのみ, 荒尾 晴惠,南江堂,2018年04月

  • 専門著書,がん患者の症状まるわかりBOOK,田村 和夫, 荒尾 晴惠, 菅野 かおり,照林社,ISBN,9784796524421,2018年04月

  • 専門著書,緩和・サポーティブケア最前線,荒尾 晴惠, 森田 達也,南江堂,2015年04月

  • 専門著書,専門家をめざす人のための緩和医療学,日本緩和医療学会編集,南江堂,ISBN,9784524269440,2014年07月

  • 専門著書,スキルアップがん化学療法看護,荒尾晴惠、田墨惠子編集,日本看護協会出版会,ISBN,978-4-8180-1494-7,2010年02月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成25年度佐川がん看護特別賞,荒尾 晴惠,佐川がん研究振興財団,2013年11月