基本情報

写真b

荒瀬 尚

ARASE Hisashi


キーワード

免疫学・ウイルス学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-8292

FAX番号

06-6879-8290

URL

http://immchem.biken.osaka-u.ac.jp

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年03月01日 ~ 2006年05月31日,微生物病研究所,助教授,専任

  • 2006年06月01日 ~ 継続中,微生物病研究所,教授,専任

  • 2007年10月01日 ~ 継続中,免疫学フロンティア研究センター,教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

北海道大学 医学部  卒業 1990年03月
北海道大学 医学研究科  修了 医学博士 1994年03月

職歴 【 表示 / 非表示

千葉大学医学部・助手 1994年04月 ~ 2002年07月
千葉大学大学院医学研究院・助教授 2002年08月 ~ 2004年02月
大阪大学微生物病研究所・助教授 2004年02月 ~ 2006年05月
大阪大学微生物病研究所・教授 2006年06月 ~ 継続中
世界トップレベル研究拠点 大阪大学免疫学フロンティア研究センター・教授 2007年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 宿主病原体相互作用の解明
    免疫学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫学会 理事

  • 日本ウイルス学会

  • 日本癌学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Genotype and phenotype analysis of patients with pediatric cutaneous mastocytosis, especially wild-type KIT patients.,Arase N, Wataya-Kaneda M, Murota H, Nakagawa Y, Yamaoka T, Itoi-Ochi S, Hirayasu K, Arase H, Fujimoto M, Katayama I,The Journal of dermatology,2020年02月,学術論文

  • Antigen-driven selection of antibodies against SSA, SSB and the centromere 'complex', including a novel antigen, MIS12 complex, in human salivary glands.,Takeshita M, Suzuki K, Kaneda Y, Yamane H, Ikeura K, Sato H, Kato S, Tsunoda K, Arase H, Takeuchi T,Annals of the rheumatic diseases,79(1) 150-158,2020年01月,学術論文

  • Case of epidermolytic ichthyosis with impairment of pulmonary function and exacerbated skin manifestations in a late middle-aged adult.,Maekawa A, Arase N, Tamai K, Nomura T, Kiyohara E, Wataya-Kaneda M, Arase H, Katayama I, Fujimoto M,The Journal of dermatology,46(12) e480-e482,2019年12月,その他

  • Autoantibodies detected in patients with vitiligo vulgaris but not in those with rhododendrol-induced leukoderma.,Arase N, Tanemura A, Jin H, Nishioka M, Aoyama Y, Oiso N, Matsunaga K, Suzuki T, Nishigori C, Kawamura T, Shimizu T, Ito A, Fukai K, Abe Y, Yang L, Tsuruta D, Takeoka K, Iwatani Y, Hidaka Y, Nishida M, Yamauchi-Takihara K, Arase H, Fujimoto M, Katayama I,Journal of dermatological science,95(2) 80-83,2019年08月,学術論文

  • FcγRIIIA-mediated activation of NK cells by IgG heavy chain complexed with MHC class II molecules.,Shimizu Y, Kohyama M, Yorifuji H, Jin H, Arase N, Suenaga T, Arase H,International immunology,31(5) 303-314,2019年04月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,熱帯熱マラリア原虫による免疫逃避機構,齋藤史路、平安恒幸、荒瀬 尚,科学評論社,ISSN,2188-9430,2018年09月

  • 専門著書,MHCクラス II の再発見ーネオ・セルフ:ミスフォールドタンパク質/MHCクラスⅡ分子複合体による新たな自己免疫疾患発症機構ー,辻 英輝、荒瀬 尚,メディカルレビュー社,ISBN,978-4-7792-1992-4,2017年12月

  • 専門著書,自己抗体の新たな標的分子:ネオ・セルフ,末永忠広、 荒瀬 尚,科学評論社,ISSN,0915-227X,2017年09月

  • 専門著書,病原微生物の抗体免疫逃避と生体防御,平安恒幸、荒瀬 尚,医薬の門社,ISSN,0387-1010,2017年07月

  • 専門著書,ネオ・セルフMHCクラス II 分子による新たな自己免疫疾患発症機構,末永忠広、 荒瀬 尚,科学評論社,2016年09月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成25年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 研究部門,荒瀬 尚,文部科学省,2013年04月

  • 第14回 日本免疫学会賞,荒瀬 尚(微生物病研究所),日本免疫学会,2011年11月

  • 大阪大学教育・研究功績賞,荒瀬尚,大阪大学,2009年02月

報道 【 表示 / 非表示

  • 病原体繁殖の手口解く,日本経済新聞,2019年01月

  • 自己免疫疾患原因狙い撃ち,日本経済新聞,2018年12月

  • マラリア原虫、免疫抑制 阪大、重症化の仕組み解明,日本経済新聞電子版,2017年12月

  • Discovery of key molecules involved in severe malaria,Herb Approach,2017年12月

  • Discovery of Key Molecules Involved in Severe Malaria,Health Mediine Network,2017年12月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 単純ヘルペスウイルス感染阻害剤および感染阻害の確認方法

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 免疫ふしぎ未来2018,マラリアと免疫,2018年08月

  • 免疫サマースクール2013,MHCクラスⅡ分子と自己抗体,2013年07月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,あわじしま感染症・免疫フォーラム,大会長,2019年09月