基本情報

写真b

後藤 祐児

GOTOU Yuuji


キーワード

生物物理,生物化学, 蛋白質科学

URL

http://www.protein.osaka-u.ac.jp/physical/yoeki.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月01日 ~ 2020年03月31日,蛋白質研究所,教授,専任

  • 2020年04月01日 ~ 継続中,国際医工情報センター,特任教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 生物学科 卒業 1977年03月
大阪大学 理学研究科 生物化学専攻 修了 理学修士 1979年03月
大阪大学 理学研究科 生物化学専攻 修了 理学博士 1982年03月

職歴 【 表示 / 非表示

徳島大学・助手 1982年04月 ~ 1984年03月
大阪大学・助手 1984年04月 ~ 1989年03月
カリフォルニア大学・博士研究員 1986年10月 ~ 1988年09月
大阪大学・助教授 1989年04月 ~ 1998年03月
大阪大学・教授 1998年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 蛋白質の構造と安定性,フォールディング反応,アミロイド線維形成

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本蛋白質科学会

  • Protein Soceity

  • 日本生物物理学会

  • 日本生化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Parkinson's disease is a type of amyloidosis featuring accumulation of amyloid fibrils of alpha-synuclein.,Araki, K, Yagi, N, Aoyama, K, Choong, C, Hayakawa H, Fujimura, H, Nagai, Y, Goto, Y, Mochizuki, H,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,116(36) 17963-17969,2019年08月,学術論文

  • Possible mechanisms of polyphosphate-induced amyloid fibril formation of β2-microglobulin.,Zhang, C., Yamaguchi1, Y., So, M., Sasahara, K., Ito, T., Yamamoto, S., Narita, I., Kardos, J., Naiki, H., and Goto, Y.,Proc. Natl. Acad. Sci. USA,116 (26), 12833-12838,2019年06月,学術論文

  • 分子夾雑のタンパク質物理化学-蛋白質凝集研究の進展とこれから,茶谷絵理、後藤祐児,現代化学,2019-5, 26-30,2019年05月,解説・総説

  • Ultrasonication-based rapid amplification of α-synuclein aggregates in cerebrospinal fluid.,Kakuda K, Ikenaka K, Araki K, So M, Aguirre C, Kajiyama Y, Konaka K, Noi K, Baba K, Tsuda H, Nagano S, Ohmichi T, Nagai Y, Tokuda T, El-Agnaf OMA, Ogi H, Goto Y, Mochizuki H,Scientific reports,9(1) 6001-6001,2019年04月,その他

  • フォールディングからミスフォールディングへ,後藤祐児,医学のあゆみ,267 (13), 927- 934,2018年12月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,アート&テクノロジー知術研究プロジェクト2006-2008知デリbook001-5つの知の対話集,藤田一郎, 石黒浩他,大阪大学,2011年03月

  • 専門著書,タンパク質科学 構造・物性・機能、第3章 超分子構造アセンブリーとタンパク質ネットワーク、2「タンパク質-タンパク質相互作用」,今田勝巳 他,化学同人,2005年10月

  • 教科書,タンパク質科学,中村春木,化学同人,ISBN,4-7598-1047-1,2005年10月

  • 専門著書,タンパク質の分子設計, 第1章1-7, 生体に学ぶ高親和性抗体の設計,古川功治, 中村春木, 後藤祐児他,共立出版,2001年02月

  • 専門著書,「タンパク質ものがたり」第10章 タンパク質はからだをまもる,後藤祐児、新延道夫,化学同人,1998年11月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 生化学会奨励賞 ,後藤 祐児,,1992年

報道 【 表示 / 非表示

  • 蓄積たんぱく質検出、パーキンソン病早期診断へ道…阪大など,読売新聞,2019年04月

  • パーキンソン病、脳にたまる物質検出 阪大チームが成功,朝日新聞,2019年04月

  • アルツハイマーの原因物質 超音波使い急速作製,朝日新聞社,2016年02月

  • 蛋白質、生命をかたちづくるものー第1部7,読売新聞,2003年05月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学リサーチクラウドカフェ,「蛋白質の凝集と病気」,2016年10月

  • 第9回「高校生のための特別公開講座」 蛋白質-生命を担うこの身近で不思議な物質,「蛋白質の凝集と病気」,2016年08月