基本情報

写真b

後藤 邦仁

GOTO Kunihito


キーワード

消化器外科

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-3251

FAX番号

06-6879-3259

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月01日 ~ 2003年12月31日,医学系研究科 内科系臨床医学専攻,助手,専任

  • 2004年01月01日 ~ 2005年03月31日,医学系研究科,助手,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2006年09月30日,医学系研究科 生体生理医学専攻,助手,専任

  • 2015年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部 医学科 卒業 1997年03月

職歴 【 表示 / 非表示

労働福祉事業団 関西労災病院 外科 1998年06月 ~ 2002年05月
大阪大学大学院医学系研究科情報伝達医学専攻機能形態学講座A1 助手 2003年04月 ~ 2006年09月
大阪府立成人病センター 外科 2006年10月 ~ 2015年03月
大阪大学大学院医学系研究科 外科学講座 消化器外科学 2015年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 肝再生

  • 肝虚血再灌流傷害

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Epithelial-mesenchymal transition via transforming growth factor beta in pancreatic cancer is potentiated by the inflammatory glycoprotein leucine-rich alpha-2 glycoprotein.,Otsuru T, Kobayashi S, Wada H, Takahashi T, Gotoh K, Iwagami Y, Yamada D, Noda T, Asaoka T, Serada S, Fujimoto M, Eguchi H, Mori M, Doki Y, Naka T,Cancer science,110(3) 985-996,2019年03月,学術論文

  • Exosomal miR-155 Derived from Hepatocellular Carcinoma Cells Under Hypoxia Promotes Angiogenesis in Endothelial Cells.,Matsuura Y, Wada H, Eguchi H, Gotoh K, Kobayashi S, Kinoshita M, Kubo M, Hayashi K, Iwagami Y, Yamada D, Asaoka T, Noda T, Kawamoto K, Takeda Y, Tanemura M, Umeshita K, Doki Y, Mori M,Digestive diseases and sciences,64(3) 792-802,2019年03月,学術論文

  • Poly(ethylene glycol)-poly(lysine) block copolymer-ubenimex conjugate targets aminopeptidase N and exerts an antitumor effect in hepatocellular carcinoma stem cells.,Toshiyama R, Konno M, Eguchi H, Takemoto H, Noda T, Asai A, Koseki J, Haraguchi N, Ueda Y, Matsushita K, Asukai K, Ohashi T, Iwagami Y, Yamada D, Sakai D, Asaoka T, Kudo T, Kawamoto K, Gotoh K, Kobayashi S, Satoh T, Doki Y, Nishiyama N, Mori M, Ishii H,Oncogene,38(2) 244-260,2019年01月,学術論文

  • Hypoxia-Induced PLOD2 is a Key Regulator in Epithelial-Mesenchymal Transition and Chemoresistance in Biliary Tract Cancer.,Okumura Y, Noda T, Eguchi H, Sakamoto T, Iwagami Y, Yamada D, Asaoka T, Wada H, Kawamoto K, Gotoh K, Kobayashi S, Takeda Y, Tanemura M, Umeshita K, Doki Y, Mori M,Annals of surgical oncology,25(12) 3728-3737,2018年11月,学術論文

  • Short- and long-term outcomes of choledochojejunostomy during pancreaticoduodenectomy and total pancreatectomy: interrupted suture versus continuous suture.,Tatsuguchi T, Takahashi H, Akita H, Kobayashi S, Tomokuni A, Gotoh K, Eguchi H, Ohigashi H, Yanagimoto Y, Miyoshi N, Sugimura K, Moon JH, Omori T, Yasui M, Miyata H, Ohue M, Fujiwara Y, Yano M, Sakon M, Ishikawa O,Langenbeck's archives of surgery,2018年11月,その他

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,癌の副病巣検出剤、癌の副病巣検出用組成物及び癌の副病巣検出装置,石川 治, 山田 晃正, 後藤 邦仁, 三輪 光春, 鹿山 貴弘,特許第5598719号(登録),2009年05月,2014年08月

  • 日本,データ収集方法,石川 治, 山田 晃正, 後藤 邦仁, 三輪 光春, 鹿山 貴弘,WO2009-139466(公開),2009年05月

  • 日本,Method for detecting cancer using ICG fluorescence method,後藤 邦仁,特願US Patent 8,956,591(出願),1900年04月

  • 日本,Method for detecting cancer using ICG fluorescence method,後藤 邦仁,特願US Patent 9,717,806(出願),1900年04月